CD

Unyielding

Eternity's End (エタニティーズ・エンド)

基本情報

ジャンル
:
カタログNo
:
MICP11448
組み枚数
:
1
レーベル
:
:
日本
フォーマット
:
CD

商品説明

指に障害を持ちながらも当代随一とも言える超絶技巧を持つドイツ人ギタリスト「クリスティアン・ミュンツナー」率いるパワー・メタル・バンド「エタニティーズ・エンド」の2ndアルバム。

●多くのバンドで活動をしていたテクニカル系ギタリスト「クリスティアン・ミュンツナー」が、自身のルーツでもあるネオクラシカル要素を持つパワー・メタルを追求したバンド。往年の様式美ヘヴィ・メタルやメロディック・パワー・メタルなど、ドラマティックな要素を多く含んだアルバム「ザ・ファイア・ウィズイン」で2016年にデビュー。

●ヴォーカリストには元「ヒブリア」の「ユーリ・サンソン」が加入。日本でも人気な上にシーン屈指のハイ・トーン・ヴォーカリストだけに前作以上の訴求力を持つ。ベーシストには「シンフォニーX」の「マイク・レポンド」も加入。ドラマーの「ハネス・グロスマン」と超絶技巧を駆使したテクニカルなリズムが楽しめる。

●「レーサーX」や「カコフォニー」といった80年代のアメリカの超絶技巧バンド、「ハロウィン」や「ガンマ・レイ」といったジャーマン・メタル・バンド、さらに日本のパワー・メタルやゲーム・ミュージック的要素まで加味したアルバムと本作を表現。いずれも日本でも人気の高いジャンルなだけに大きなポテンシャルを秘めている。

●本作では前作以上に2本のギターとキーボード、ハイ・トーン・ヴォーカル、そしてテクニカルなリズムが絡み合う、ネオクラシカル・パワー・メタルを体現。すべての要素が前作を遥かに上回る完成度を誇る作品に仕上がっている。

●エンジニアには「アイアン・セイヴィアー」の「ピート・シールク」を起用。前作以上に力強い、このジャンルの理想的なサウンドを作り上げている。


(メーカーインフォメーションより)

内容詳細

テクニカル・ギタリスト、クリスティアン・ミュンツナー率いるスピード・メタル・バンドの2作目。ギター・プレイはネオ・クラシカル系だが、ヒブリアで活躍したユーリ・サンソンがシンガーとして新たに加わり、熱さと高揚感を増強。ギター・アルバムに埋没しないメタル作品になった。(幸)(CDジャーナル データベースより)

収録曲   

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

Eternity's Endに関連するトピックス

ヘヴィーメタル に関連する商品情報

おすすめの商品