Fleetwood Mac
新商品あり

Fleetwood Mac (フリートウッド・マック) レビュー一覧

Fleetwood Mac | レビュー一覧 | CD、DVD、ブルーレイ(BD)、ゲーム、グッズなどを取り扱う【HMV&BOOKS online】では、コンビニ受け取り送料無料!国内最大級のECサイトです!いずれも、Pontaポイント利用可能!お得なキャンペーンや限定特典アイテムも多数!支払い方法、配送方法もいろいろ選べ、非常に便利です!

商品ユーザーレビュー

304件
並べ替え: 新着順| 共感数の多い順| 評価の高い順
  • 大ヒットしたフリートウッド・マックのアルバムです。...

    投稿日:2021/07/14

    大ヒットしたフリートウッド・マックのアルバムです。リマスターされて音質アップしていました。3人のボーカル、リンジー、スティービー、クリスティンが全員しっかり目立つようにバランス良く作られていると思います。私の好みはクリスティンで、彼女の歌うeverywhere、little liesは永遠の名曲だと思います。シングルにならなかった曲の中には民族音楽的な普段余り聞かないようなメロディもあり、ポップさと実験的なサウンドが絶妙なバランスで同居した素晴らしいポップ・ロックアルバムだと思います。

    スカイウォーカー さん

    1
  • 10枚組でこの価格、多くを望みませんがファンは必ず買...

    投稿日:2021/03/15

    10枚組でこの価格、多くを望みませんがファンは必ず買います。この手の編集盤は以前にも5枚組が出ており、重なっている録音もあります。最も気になる時代が、DISC2〜4の1974年から1975年のグループが新しく生まれ変わる移行期。バッキンガム&ニックスがグループに入った時の演奏リストが注目です。グループの主導権はクリスティーン・マクヴィーにあり、ニックスの声は若々しく溌剌しており、成功を手にする前の緊張感がみなぎります。マクヴィーの「Spare Me A Little」や「Why」が新メンバーで聞けるのが私のハイライトです。

    yukidaruma さん

    0
  • フリートウッド・マックと言えばグラミー賞最優秀アル...

    投稿日:2021/03/09

    フリートウッド・マックと言えばグラミー賞最優秀アルバム(78年)に輝き、ビルボード全米チャートで確か31週1位(私の記憶では多分今でも歴代bP)を獲得し、年間アルバムチャートでも勿論年間1位(77年)となった「噂・RUMOURS」なのでしょうが、私の中では何と言いますか円熟味を増し完成された大人のポップを堪能できる今作がベストアルバムです。何度聴いても心が和んで爽やかな気持ちになれます。

    磐央 さん |50代

    1
  • 2003年発表で、メンバーはミック・フリートウッド、ジ...

    投稿日:2021/03/03

    2003年発表で、メンバーはミック・フリートウッド、ジョン・マクヴィー、 スティービー・ニックス、リンジー・バッキンガムの4人です。 奇をてらった曲はなく、Fマックらしさにあふれた曲が18曲。70年代〜 80年代のアルバムの2倍のボリュームがあります。このため、聞いていて 飽きないよう曲順に起伏があり、その分プロデュースを担うリンジーの 負担は大きかったと思います。 1曲目「What’s the World Coming To」は、70年代のアルバムのオープニング を思わせる軽いポップ曲。ですが、スティービーを中心にしたコーラス は練りに練られています。マクヴィーのベースもよく響いています。 2曲目はいきなりのハイライトトラック「Murrow Turning Over in His Grave」。 ファルセットを多用するリンジーのボーカルの後、これまたリンジーらしい 苦悩に満ちあふれるギターソロが堪能できます。 奇をてらっていないとはいえ、守りに入っているわけではありません。リンジー はクリスティン・マクヴィーの穴を埋めるべく、多様なボーカルスタイルを 披露します。6曲目「Red Rover」でアコースティックギターの速弾きと シンクロしたり、9曲目「Come」でのアグレッシブでクレイジーなボーカル などなど、リンジーのボーカリストとしての奥の深さを見せます。 一方でスティービーは「これぞFマック!」というボーカルスタイルと 曲で臨んでいます。10曲目「Smile at You」は複雑なコーラスをバックに 妖艶に歌い上げます。11曲目「Running Through the Garden」はリンジーの エレキギターのサポートを受けて、ロッククイーンらしく歌い飛ばします。 15曲目「Everybody Finds Out」は、サビでリンジーとダブルボーカルで 相性のよさを見せて、これもロックに歌います。 さて、一番盛り上がるのは7〜8曲目だと思います。 7曲目「Say You Willは、スティービーが歌う「Fマックのマジック」 としかいいようがない、素晴らしくポップな曲です。歌詞も愛にあふれて いて、悪女な声のスティービーと、ゲストのシェリル・クロウの優しい ボーカルがこれまた素晴らしく合います。スティービーがここ一番の曲を 出してきたと思います。 8曲目「ピースキーパー」はリンジーがスティービーのバックアップを 受けて、やはり王道のFマックサウンドを展開します。エレキギターの アクセントがとてもよいです。歌詞は、同時多発テロを受けたものになって います。 4人になったFマックですが、過去の名作と遜色ない作品を作り上げました。 さすがとしかいいようがありません。 では、クリスティン・マクヴィー抜きでもいいのか、といえば、これが とても難しいです。よい作品であればあるほど、「ここにクリスティンが 入っていれば、もっとすごくなったのでは」と思わずにはいられません。 14曲目「Bleed to Love Her」はリンジーのやわらかな曲ですが、 クリスティンがコーラスに参加していて、この存在感がすごいです。 ファンというのは、ミュージシャンに自分の好みを押しつける、 そんなことを改めて感じさせる「罪な傑作」です。

    WM-102 さん

    0
  • ピーター・グリーン、ジェレミー・スペンサーといった...

    投稿日:2021/03/03

    ピーター・グリーン、ジェレミー・スペンサーといった初期のメンバーが関わる作品も含まれるが、基本的には一番地味なダニー・カーワン、ボブ・ウェルチ主導時期のアルバムBOX。オマケにして一番の目玉であるライブCDのギターはボブ・ウェルチ1人で、彼の達者なギターワークが楽しめる。ピーターのような荒々しいブルースギターでは無いが、少々ジャジーなセンスの良いフレージングは如何にも彼らしい。 このライブの前に発売された「クリスタルの謎」はクリスティン・マクヴィーとボブ・ウェルチの良い所がそれぞれ遺憾なく発揮されておりもっと評価されるべき作品だと思う。

    ニックルボックル さん

    0
  • 31周連続全米1位。全世界で売れた枚数1600万枚...

    投稿日:2021/03/01

    31周連続全米1位。全世界で売れた枚数1600万枚。これだけでもすごいのに、シングルカットされた4曲全て全米トップ10入り。イギリスのバンドなのに。10年程前には、イギリス3大ブルースバンドだったのに、ここまで曲調が変わろうとは。個人的には、ブルースロック時代の方が好みだったので、星3つ。

    たまちゃん さん |40代

    0
  • 発売当時に、LPを、後年CDを購入しました。黄金期のタ...

    投稿日:2021/02/23

    発売当時に、LPを、後年CDを購入しました。黄金期のタスクツアーですから演奏は素晴らしい!。ただ、最新作「タスク」からはたった3曲で、選曲が「ファンタスティック・マック」と「噂」に偏っていたのが残念でした。今回、未発表ライブテイクを追加してリイシューされるということで、とても楽しみです。国内盤が出て欲しい!

    ロンちゃん さん

    2
  • リンジー・バッキンガムが持てる才能と精力を全部投入...

    投稿日:2020/09/25

    リンジー・バッキンガムが持てる才能と精力を全部投入した入魂の一作。”Rumours”のポップさと”Tusk”のアヴァンギャルドさが綯交ぜになりそれが不思議な魅力を持ったアルバムです。 スティーヴィー・ニックスの不調がやや気になるものの、クリスティン・マクヴィーのポップ・センスが前作に続いて開花し、へヴィーなバッキンガム作のナンバーと好対照を成しこのアルバムの魅力を倍増しています。中でも、シングルヒットした”Litte Lies”の煌きは今でも色あせません。クリスティンがこのアルバムで輝いたのも、バッキンガムの好サポートがあったからといえます。おそらく、バッキンガムはこのアルバムで完全燃焼したのだと思います。この作品をリマスターされたサウンドで聴けることの幸福感を噛み締めています。

    yossy-k さん |50代

    1
  • グリーン期のスタジオベストは選曲・音質面で納得出来...

    投稿日:2020/07/19

    グリーン期のスタジオベストは選曲・音質面で納得出来る商品が以外と少ないが、今からお探しの方には本作をお薦めします。本ストアーでは在庫切れの様ですが…。

    ホーペ さん

    0
  • デジパック仕様のジャケ写はオフィシャル顔負けで綺麗...

    投稿日:2020/06/30

    デジパック仕様のジャケ写はオフィシャル顔負けで綺麗な仕上がりだが、音質はブートの域を脱していない…。 演奏内容が素晴らしいだけに、是非ともオフィシャルで本物の高音質で世に出して貰いたいと切に思う。 ラジオ音源のライン録り。

    ホーペ さん

    0

既に投票済みです

ありがとうございました

%%message%%