CD 輸入盤

Gone Troppo

George Harrison (ジョージ・ハリスン)

基本情報

ジャンル
:
カタログNo
:
940892
組み枚数
:
1
レーベル
:
オリジナル盤発売年
:
1982
フォーマット
:
CD
その他
:
リマスター,輸入盤

商品説明

彼のディスコグラフィーの中で最もアンダーレイテッドされている作品『ゴーン・トロッポ』(1982年発表)。シングル・ヒットが生まれなかったことや、音楽に対する興味自体を失っていたなど諸説あるが、酷評されるほどの駄作ではないだろう。『オール・シングス〜』や『リヴィング・イン・ザ〜』のような傑作アルバムと比べれば当然印象薄だが、作品全体に漂うリラックスしたムードは否定しがたいがある。

その他のバージョン

Gone Troppo のバージョン一覧へ

収録曲   

  • 01. Wake Up My Love
  • 02. That's The Way It Goes
  • 03. I Really Love You
  • 04. Greece
  • 05. Gone Troppo
  • 06. Mystical One
  • 07. Unknown Delight
  • 08. Baby Don't Run Away
  • 09. Dream Away
  • 10. Circles
  • 11. Mystical One (demo)

総合評価

★
★
★
★
★

4.5

★
★
★
★
★
 
6
★
★
★
★
☆
 
4
★
★
★
☆
☆
 
1
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0
★
★
★
★
☆
高校時代友人から借りたのが最初。今聞きな...

投稿日:2008/08/29 (金)

高校時代友人から借りたのが最初。今聞きなおすと、いい曲が多いことに今更ながらに気づく。とりわけMystical Oneのデモバージョンが素晴らしい。この時点では、未だ詩も決まっていなかったらしく、途中鼻唄になったりもするけど、オリジナルよりテンポがゆったりとしていて、本当に美しい。アコースティックギターとジョージの歌声って合うんだよな・・・たぶん。

shon さん | 神奈川県 | 不明

1
★
★
★
★
★
夏になると聴きたくなります。 初期の頃の...

投稿日:2008/08/03 (日)

夏になると聴きたくなります。 初期の頃のメッセージ性はありませんが、肩の力が抜けて、心底音楽を楽しんでるジョージの姿が浮かびます。 こういうアルバムはジョンやポールは作れない!! M5、M6好きだな〜。

STING さん | 千葉 | 不明

1
★
★
★
★
★
最近BEATLESの中で最も好きになりました。...

投稿日:2007/05/31 (木)

最近BEATLESの中で最も好きになりました。年を重ねるごとにジョン→ポール→ジョージと好きなBEATLESが変わってきました。BEATLES解散後はジョージが一番才能が開花して奥の深いサウンドを作り出せてると思います。スター性では2人にはかなわず売上という形では負けていたけど、心に残る曲を数多く作っていたのは、僕の中ではジョージです。人気だけで今まで興味を示さなかった人も一度聞いてほしい。ジョージのアンソロジー物が出ることを望みます。ちなみにこのアルバムはGOOD!

20代後半 さん | 大阪 | 不明

0

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

George Harrison

東洋思想に深い影響を受け、どこかシャイで落ち着いた佇まいを持っていたジョージ・ハリスンは日本のビートルズ・ファンに愛される親しみ易い存在だった。圧倒的な才能だったジョンとポールに次ぐ、ビートルズ第三の男としての地位から、徐々に自分の音楽に磨きをかけ頭角を表わしてきた部分に共感を覚えるファンも少なくないだろう。

プロフィール詳細へ

George Harrisonに関連するトピックス

おすすめの商品