George Harrison

George Harrison (ジョージ・ハリスン) レビュー一覧 2ページ目

George Harrison | レビュー一覧 | CD、DVD、ブルーレイ(BD)、ゲーム、グッズなどを取り扱う【HMV&BOOKS online】では、コンビニ受け取り送料無料!国内最大級のECサイトです!いずれも、Pontaポイント利用可能!お得なキャンペーンや限定特典アイテムも多数!支払い方法、配送方法もいろいろ選べ、非常に便利です!

商品ユーザーレビュー

456件
並べ替え: 新着順| 共感数の多い順| 評価の高い順
  • 2010年発売の日本盤を購入。高音質、かつ、耳が疲れな...

    投稿日:2015/05/02

    2010年発売の日本盤を購入。高音質、かつ、耳が疲れないマスタリングは、この作品の持つ良さを、存分に引き出せていると思います。ギターの弦の響きが、耳に心地良いです。11曲目の「ヒア・カムズ・ザ・ムーン (デモ・ヴァージョン) 」ですが、イメージ的には「ヒア・カムズ・ザ・ムーン (リプライズ) 」のようにも捉えることができ、ボーナストラックでありながら、アルバムの流れを損なっていないと感じました。

    激麺 さん

    0
  • 1991年12月14日、東京ドームでライヴ・イン・ジャパン...

    投稿日:2015/04/04

    1991年12月14日、東京ドームでライヴ・イン・ジャパン を観た者として、SACDは非常に嬉しい。1976-1992年のこの全集は感涙モノ。ソロでの最高傑作のクラウド・ナイン以外のアルバムでも佳曲が多いし、何よりもジョージの声に癒される。ジョージ節の癒しに気づいたのは、自分も歳をとった証拠か。約1万円で安価な2015年輸入限定盤を入手でき、本当にラッキー。

    燕の巣 さん

    3
  •  今回、アナログ時代のモノクロ・ジャケットに戻って...

    投稿日:2015/01/27

     今回、アナログ時代のモノクロ・ジャケットに戻って、本来の落ち着きを取り戻した感のある超大作ですが、その楽曲の質の高さは、半世紀近くたっても十分に味わうことができます。  緩やかに始まるオープニングに続く秀作「My Sweet Load」は、サラサラとそよぐ涼風のように流れる生ギターと琴線に触れる泣きのEギターのコラボレーションが絶妙で、ゴスペル風にグイグイと引っ張って昇っていくコーラスとの相性もぴったりの佳曲です。シングル盤のクリップ・サイドを飾っていた「Isn’t It A Pity(Version One)」は、全ての苦悩を引き受けてくれているような重厚長大でスピリチュアルな大作です。  しかし、アルバムは決して一本調子ではなく、鉛色の雲に覆われた陰鬱な風景の向こうには牧歌的で穏やかな日常が静かに描かれていたり、哀しみに苦悩する日々の終わりには眩しい陽ざしに包まれた微笑ましい情景が用意されているなど、陰と陽の表情を持つ楽曲がバランスよく配置されています。1970年の George Harrison は、時に優しく、時に激しく、同情し、奮い立たせ、愛し、癒し、落ち着かせながら、起伏に富んだワインディング・ロードを至福のゴールへと誘ってくれるのです。  LP盤でいう3枚目は必要だったのか…。  その答えは、齧られたリンゴが最後にはジャムになってしまうストーリーと一体となって、George 渾身の作品群として鑑賞すべきアルバムだから…、ということにしておきましょう。

    ねずみ さん

    2
  • LPがリリースされたのは小六の時で「マイスイートロー...

    投稿日:2014/09/07

    LPがリリースされたのは小六の時で「マイスイートロード」のシングルを買ってB面が「Isn’t It a Pity (Version One)」でした。7分を超える曲でしたがA面以上に好きになり聴き込んでいました。アルバムは3枚組で手が出ませんでしたが、20年くらい経って大人になってCDにはVersion Twoも収録されていたのは何か嬉しかった。ジョージの追悼コンサートでクラプトンが彼の最高傑作と曲の紹介して Isn’t It a Pity を演奏しました。若い時はZEPやプログレばかり聴いていましたが、このアルバムはジョージの最高傑作と言うだけではなくROCKの屈指のアルバムだと思う。

    トム さん

    7
  • ジョージの最高傑作とも評価される一枚。 この頃ジョ...

    投稿日:2014/06/18

    ジョージの最高傑作とも評価される一枚。 この頃ジョージはレコードのセールスに興味を失っており、まともなプロモーションをほとんど行っていなかったのが残念です。 華やかさでは、クラウドナインが上ですが、このアルバムには溢れる優しさがあります。

    だいはや さん

    0
  • ビートルズが解散した年に発表したこのアルバムは、3...

    投稿日:2013/10/02

    ビートルズが解散した年に発表したこのアルバムは、3枚組(CDは2枚組)というボリュームにも係わらず全米NO1を記録し、ジョージの不滅の金字塔といわれる大傑作だ。ビートルズ時代は自分の曲が2曲しか入れてもらえず、ストックしていた曲をこのアルバムでいっきに発表した。仮に、ビートルズ時代に個人でこれらの曲(素晴らしい名曲ばかりではあるが)を収めたアルバムを発表しても、ビートルズが存在する以上はここまで注目されなかったと思う。そうした意味で、皮肉なことだが、ビートルズが解散したことがジョージを初めて正当に評価することができるようになった。好きな曲はいくつもあるが、とくにお気に入りはWAH-WAH。中学のとき友人とロードショーで「バングラディシュのコンサート」を見にいったとき、オープニングがこの曲でそれ以来ずっと好きです。若いビートルズファンもビートルズだけでなく、解散後の四人のアルバムもぜひ聞いて欲しいです。とくにジョージのこの名作オール・シングス・マスト・パスはお勧めです。すぐに気に入るでしょう。

    johnbach さん |50代

    1
  • ジョージのファンである私は、LPで買いました。2500円...

    投稿日:2013/08/14

    ジョージのファンである私は、LPで買いました。2500円でした。昭和50年代初期でしたから高価です。ダブルジャケットでした。 予想はしていましたが内容にはがっくりきました。ビートルズのジョージを期待していましたから。ウィズイン・ユー・ウィザウト・ユーのできそこないみたいな曲の連発かと思っていましたが、まったくはずれでした。 クラプトンのギターはなんとなくわかる程度だったと思います。 ジョージがプロデュースしたサウウンドトラックとじゅうぶん理解して聞くべき。 ピアノの演奏によるシンギング・オムだけが聞くに堪える曲で今でも頭に残っています。 ジャケットには東洋人と西洋人が左右に描かれ、中央にレンガの壁があります。壁のレンガがひとつだけ抜けて穴が開いています。その穴が東洋と西洋をつなぐ自分(ジョージ)だという意味かなと解釈しています。 あれから35年ほど過ぎ、LPは実家に置いたまま。今聴けば、印象が違うかもしれません。評価の星の数は私が聴きやすいかどうかの指標です。 今思うとピンク・フロイドよりも何年も前に壁(ウォール)を題材にした作品をジョージは作っていたのだな。偉い。

    30ラロッカ さん |50代

    0
  • ジョージファンとしては欲しくなります。私としてはDV...

    投稿日:2013/02/21

    ジョージファンとしては欲しくなります。私としてはDVDは不要なんですが・・・・。前回のポールの日本公演で、ウクレレ一本で「サムシング」を歌ってくれたのが思い出されました。

    だいはや さん

    1
  • NEWCENTURYEDITIONを待って買えば良かった。音が全然...

    投稿日:2012/12/30

    NEWCENTURYEDITIONを待って買えば良かった。音が全然違う。しくじった。高いから再購入は出来ない。宝くじ当ったら買おう。これとリビングインザマテリアルワールドはジョージの傑作だと思うよ。是非、聴いてみてはいかがかな?

    pekopapa さん |50代

    1
  • ジャケットのジョージ(ビートル時代)とは全然後のオ...

    投稿日:2012/11/17

    ジャケットのジョージ(ビートル時代)とは全然後のオールシングパス時代のデモが収録!デモでも弾語りでは無くちゃんとドラム等入った別テイクぽいものばかり。どうせならビートル時代のもvol.2などに入れちゃえ!

    summerPOP さん

    0

既に投票済みです

ありがとうございました

%%message%%