CD 輸入盤

『ウィーンの物語〜ハープ作品集』 アンネレーン・レナエルツ、ウィーン・フィルのメンバー

基本情報

ジャンル
:
カタログNo
:
9029660797
組み枚数
:
1
レーベル
:
:
Europe
フォーマット
:
CD
その他
:
輸入盤

商品説明


ウィーン・フィルの首席ハーピスト、アンネレーン・レナエルツの
人生を反映させたレパートリー。有名曲のハープ独奏用編曲作品も収録。


ベルギー出身のハープ奏者、アンネレーン・レナエルツは、2010年12月にウィーン・フィルハーモニー管弦楽団の首席奏者に就任。1997年から2009年の間には、ベルギー、フランス、オーストリア、ハンガリー、スペイン、アメリカ、ドイツなどで行われた国際ハープ・コンクールで23にのぼる賞を受賞。その中にはミュンヘン国際音楽コンクールでの優勝及び聴衆賞、リリー・ラスキーヌ国際ハープ・コンクール優勝など世界でもっとも著名なハープ・コンクールも含まれています。ソリストとしてソロ・コンサートだけでなく、数多くのオーケストラとも共演や、音楽祭にも多数出演しています。2018年にはPMFも出演参加しています。また、しばしばエマニュエル・パユと共演もおこなっており、ワーナークラシックスからも共演盤も発売しています。
 このアルバムでは、ウィーン・フィルの首席ハープ奏者として、そして彼女の人生を反映させたレパートリーが選ばれています。有名曲のハープ独奏用に編曲した作品、ハープ教則本や数多くのハープ作品を書いたことでも知られるアルベルト・ハインリヒ・ツァーベルのトランスクリプション。リッカルド・ムーティやアンドリス・ネルソンスとのオーケストラで共演した印象的な思い出としての作品。彼女自身が作曲したハープの本領が発揮された華麗な『ボエーム』の主題による幻想曲。最後の2つのトラックでは、彼女の兄で作曲家でもあるヴァウテル・レナエルツがハープと弦額アンサンブルのために編曲したウィーンらしい作品では、ウィーン・フィルのコンサートマスターのライナー・ホーネックらメンバーが参加。
「オペラとオーケストラの世界は、ウィーンの日常生活に完全に溶け込んでいます。このアルバムで、リスナーをハープと一緒に、素晴らしいオーケストラの旅に連れて行ってもらいたいと思っています」と。レナエルツは語っています。(輸入元情報)

【収録情報】
1. ドヴォルザーク:『ルサルカ』〜月に寄せる歌(アンネレーン・レナエルツ編)
2. スメタナ:『わが祖国』〜『モルダウ』(ハンス・トゥルネチェク編)
3. ワーグナー:『ニュルンベルクのマイスタージンガー』〜朝は薔薇色に輝いて(トゥルネチェク編)
4. ツァーベル:グノーの『ファウスト』の主題による幻想曲 Op.12
5. リスト:前奏曲 S.97(アンネレーン・レナエルツ編)
6. レナエルツ:プッチーニの『ボエーム』の主題による幻想曲
7. ワルターキューネ:チャイコフスキーの『エフゲニ・オネーギン』の主題による幻想曲
8. R.シュトラウス:『ばらの騎士』〜ワルツ(ヴァウテル・レナエルツ編)
9. J.シュトラウス2世:美しく青きドナウ Op.314(ヴァウテル・レナエルツ編)


 アンネレーン・レナエルツ(ハープ)
 ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団のメンバー(8,9)
  ライナー・ホーネック(ヴァイオリン)
  ベンジャミン・モリソン(ヴァイオリン)
  ゲルハルト・マルシュナー(ヴィオラ)
  ラファエル・フリーダー(チェロ)
  ミヒャエル・ブラーデラー(コントラバス)

 録音時期:2021年3月17-20日
 録音場所:ウィーン、カジノ・バウムガルテン
 録音方式:ステレオ(デジタル/セッション)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

器楽曲 に関連する商品情報

おすすめの商品