LPレコード 輸入盤

Crescent (180グラム重量盤レコード/Acoustic Sounds)

John Coltrane (ジョン・コルトレーン)

基本情報

ジャンル
:
カタログNo
:
3807582
組み枚数
:
1
レーベル
:
:
International
フォーマット
:
LPレコード
その他
:
限定盤,輸入盤

商品説明

マッコイ・タイナー、ジミー・ギャリソン、エルヴィン・ジョーンズらが参加した『Crescent』は、ジョン・コルトレーンの最高傑作のひとつとして広く知られている作品。1964年4月27日、タイナー、ギャリソン、ジョーンズとともに、慣れ親しんだルディ・ヴァン・ゲルダーのイングルウッド・クリフスのスタジオで録音。ジョン・コルトレーンは、リーダーとしてのキャリアの中で、最も少ない時間をレコーディングスタジオで過ごした。クラシック・カルテットの今後を示唆するように、アルバムの第2面ではギャリソンとジョーンズの2人が拡張ソロを披露。
【パーソネル】John Coltrane (tenor sax, soprano sax);
McCoy Tyner (piano); Jimmy Garrison (bass); Elvin Jones (drums)

(メーカーインフォメーションより)

収録曲   

  • 01. Crescent 8’40 (SIDE A)
  • 02. Wise One 9’01 (SIDE A)
  • 03. Bessie’s Blues 3’30 (SIDE A)
  • 04. Lonnie's Lament 11’42 (SIDE B)
  • 05. The Drum Thing 7’20 (SIDE B)

ユーザーレビュー

総合評価

★
★
★
★
★

5.0

★
★
★
★
★
 
2
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0
★
★
★
★
★
大推薦の一枚!黄金のカルテットの名盤の中...

投稿日:2008/05/04 (日)

大推薦の一枚!黄金のカルテットの名盤の中でも、最高作。いつまでも飽きの来ない名盤です。

隣のニャンコ さん | 三重県 | 不明

1
★
★
★
★
★
個人的には、トレーンの最高作の一枚!ジャ...

投稿日:2003/12/19 (金)

個人的には、トレーンの最高作の一枚!ジャケットも中身も文句の付けようがない。感動ものだ!

酔って兼好 さん | 三重県 | 不明

1

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

John Coltrane

 1926年9月23日に生まれたジョン・コルトレーンは、1950年代初頭Dizzy Gillespieのバンドから本格的なジャズ活動を開始、1955年、心機一転を狙ったMiles Davis Quintetに入団、初めのころの非難轟々の時期を乗り切って、1956年の「マラソン・セッション」のころには個性を確立しつつあった。 この歴史に残る4枚の作品に参加しえたことが、ジャズファンにとってはコルトレ

プロフィール詳細へ

John Coltraneに関連するトピックス

モダンジャズ に関連する商品情報

おすすめの商品