CD 輸入盤

My Favorite Things

John Coltrane (ジョン・コルトレーン)

基本情報

ジャンル
:
カタログNo
:
TCM170052
組み枚数
:
1
レーベル
:
:
Europe
フォーマット
:
CD
その他
:
6ボーナストラック,輸入盤

商品説明

オリジナルは1957年録音のブルーノート盤「Blue Train」(Blue Note BST-1577)より。ボーナスアルバムとしてプレステッジ盤の「Lush Life」 (Prestige 7188) の5曲が追加収録されている。リー・モーガン、ドナルド・バード、ケニー・ドリュー等、新進気鋭の若手ミュージシャンの溌剌としたプレイが印象的である。

John Coltrane / Blue Train +5 Bonus Tracks
1 Blue Train
2 Moment’s Notice
3 Locomotion
4 I’m Old Fashioned
5 Lazy Bird
6 Like Someone in Love*
7 I Love You*
8 Trane’s Slow Blues*
9 Lush Life*
10 I Hear a Rhapsody*

メンバー:John Coltrane, tenor saxophone; Lee Morgan, trumpet; Curtis Fuller, trombone;
Kenny Drew, piano; Paul Chambers, bass; Philly Joe Jones, drums
Hackensack, New Jersey, September 15, 1957.

*Bonus Album: Lush Life
On 6-8: John Coltrane, tenor sax; Earl May, bass; Arthur Taylor, drums.
On 9-10: John Coltrane, tenor sax; Donald Byrd, trumpet; Red Garland, piano; Paul Chambers, bass; Paul Chambers, drums.
Hackensack, New Jersey, 1957-58.

(メーカー・インフォメーションより)

収録曲   

  • 01. Blue Train
  • 02. Moment's Notice
  • 03. Locomotion
  • 04. I'm Old Fashioned
  • 05. Lazy Bird
  • 06. Like Someone in Love
  • 07. I Love You
  • 08. Trane’s Slow Blues
  • 09. Lush Life
  • 10. I Hear a Rhapsody

総合評価

★
★
★
★
★

5.0

★
★
★
★
★
 
9
★
★
★
★
☆
 
1
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0
★
★
★
★
★
これぞ、音楽の醍醐味。音楽って、楽しい時...

投稿日:2016/02/21 (日)

これぞ、音楽の醍醐味。音楽って、楽しい時に聴くのが一番ベストですが、苦しいこと、悲しい事がある時 力になつてくれる音楽が、あるのですね。同情や慰みでなく、勇気や希望を考えさせてくれる。 自分の人生をぶっつけて聴いています。

ケントアパート さん | 山口県 | 不明

1
★
★
★
★
★
Everytime We Say Goodbye は数あるコルト...

投稿日:2010/01/18 (月)

Everytime We Say Goodbye は数あるコルトレーンの名曲の中で、最も好きな曲です。

teke さん | 福岡県 | 不明

0
★
★
★
★
★
1960年10月21,24,26日録音。...

投稿日:2009/10/12 (月)

1960年10月21,24,26日録音。ジャイアント・ステップスを経て完全にモダナイザー、コルトレーンとして脱皮したサウンドは、新しい皮袋を必要とした。新しい皮袋とは、エルヴィン、タイナーの二人である。モダンな演奏、今までと違ったスピード感。マイルスのバンドとも異なるこの演奏を機にJazzは新たな次元に突入した。

ngttshr さん | 熊本県 | 不明

2

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

John Coltrane

 1926年9月23日に生まれたジョン・コルトレーンは、1950年代初頭Dizzy Gillespieのバンドから本格的なジャズ活動を開始、1955年、心機一転を狙ったMiles Davis Quintetに入団、初めのころの非難轟々の時期を乗り切って、1956年の「マラソン・セッション」のころには個性を確立しつつあった。 この歴史に残る4枚の作品に参加しえたことが、ジャズファンにとってはコルトレ

プロフィール詳細へ

John Coltraneに関連するトピックス

モダンジャズ に関連する商品情報

おすすめの商品