CD

Step Back: ステップ バック ルーツ2

Johnny Winter (ジョニー・ウィンター)

基本情報

ジャンル
:
カタログNo
:
SICP3809
組み枚数
:
1
:
日本
フォーマット
:
CD

商品説明

●1944年生まれ(69歳)。1960年代末、レコード会社争奪戦の末、100万ドルともいわれた破格の契約金で、米コロンビアと契約。デビュー直後にはウッドストック・フェスにも出演。70年代にはマディ・ウォーターズ復活に一役買うなど、現代のブルースの継承者として、今日までコンスタントにリリースを続けている。様々な理由から来日公演は不可能と噂されていたが、2011年に初来日が実現して話題を呼んだ。前作『ルーツ』(2011年)は、デレク・トラックスやサニー・ランドレスらが参加したブルース・カヴァー集。
●本作は前作『ルーツ』に続くブルース・カヴァー集で、あのエリック・クラプトンが参加! 他にも、ドクター・ジョン、マーク・ノップラー、ジョー・ペリー(エアロスミス)、ブライアン・セッツァー、ベン・ハーパーら、前作を上回る豪華なゲスト陣の参加が予定されている。

【主な参加予定アーティスト】
エリック・クラプトン
ジョー・ペリー(エアロスミス)
ビリー・ギボンズ(ZZトップ)
マーク・ノップラー(ダイアー・ストレイツ)
ドクター・ジョン(*オルガン/ピアノ奏者)
レスリー・ウェスト(マウンテン)
ブライアン・セッツァー(ストレイ・キャッツ)
ベン・ハーパー
ジョー・ボナマッサ
ジェイソン・リッチ(*ブルース・ハーモニカ奏者)
デヴィッド・グリスマン(*マンドリン奏者)
ポール・ネルソン

解説歌詞対訳付

(メーカー・インフォメーションより)

内容詳細

2014年7月にツアー先のスイスで亡くなったホワイト・ブルースの雄(享年70歳)の遺作。ブルース+αの名曲を取り上げるとともに、1曲ごとに彼を慕う名士たちが参加している豪華作。一言で語りきれない多大な業績を伝える、好プロダクションがなされた内容といえる。(英)(CDジャーナル データベースより)

収録曲   

ユーザーレビュー

総合評価

★
★
★
★
★

5.0

★
★
★
★
★
 
2
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0
★
★
★
★
★
このアルバムがジョニー・ウィンターの遺作...

投稿日:2014/11/05 (水)

このアルバムがジョニー・ウィンターの遺作となってしまいました。そしてこのアルバムの内容は超豪華!!ベン・ハーバー、エリック・クラプトン、ポール・ニルソン、ブライアン・セッツァー、ビリー・ギボンズ、ジョー・ボナマッサ、などの偉大なるブルースマンが参加していて、様々なブルースギターが堪能できます! 僕はブルースに酔いしれたい時にはこのアルバムが最高にしびれるアルバムになってます!

二へイ さん | 東京都 | 不明

2
★
★
★
★
★
まずは、ジョニー・ウィンターの冥福を祈り...

投稿日:2014/10/30 (木)

まずは、ジョニー・ウィンターの冥福を祈ります。 それにしてもこのアルバムはギターバトルが最高にスリリングでエキサイティングです! 豪華なゲストギタリスト達とのカッコイいギターフレーズの掛け合いがとにかく面白いです! もちろんジョニー・ウィンターの歌もいぶし銀というか、とにかく渋くてしびれました! 僕の中ではビリオンセラー並みの最高のブルースアルバムです! このアルバムが遺作になったので、ジョニー・ウィンターの死は悲しいですが、最後の最後に超傑作を残していったので、流石です! 天国でもブルースギターを弾きまくってくれ、ジョニー・ウィンターよ。

ひ〜ちゃん さん | 東京都 | 不明

2

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

Johnny Winter

白人であり、さらにアルビノというハンデもものともせず、ジョニーのギターにはパワーが漲っている。生半可はブルースマンでは到底、太刀打ちできないだろう。まもなく還暦を迎えようとしてはいるが、現在も現役バリバリにブルースし続けている白人ギタリストの最高峰である。

プロフィール詳細へ

おすすめの商品