Keith Jarrett / Charlie Haden (キース ジャレット / チャーリー ヘイデン)

Keith Jarrett / Charlie Haden | CD、DVD、ブルーレイ(BD)、ゲーム、グッズなどを取り扱う【HMV&BOOKS online】では、コンビニ受け取り送料無料!国内最大級のECサイトです!いずれも、Pontaポイント利用可能!お得なキャンペーンや限定特典アイテムも多数!支払い方法、配送方法もいろいろ選べ、非常に便利です!

商品ユーザーレビュー

12件

すべてのユーザーレビューを見る(12件)

  • チャーリー・ヘイデンとキースジャレットによるベース...

    投稿日:2021/07/13

    チャーリー・ヘイデンとキースジャレットによるベースとピアノのデュオ作品。ヘイデンは多くのデュオ作品を残したが特にピアノとの作品は多い。その中でも同じセッションのキース・ジャレットとのデュオ作品「ジャスミン」はウルトラ級の名盤だった。それと比べると本作は「ジャスミン」の二番煎じというかアウトテイク集的な感じがして少しテンションが低いように感じる。とはいえ名演には変わりないので胸を張って人にオススメできる。なお、本作はヘイデンの生前最後に彼の名義がはいった作品でありタイトルの「ラストダンス」とは感慨深いものがある。

    青のサボイア さん

    0
  • チャーリー・ヘイデンとキース・ジャレットのベースと...

    投稿日:2021/07/13

    チャーリー・ヘイデンとキース・ジャレットのベースとピアノによるデュオ作品。彼らはキースがソロデビューを飾る際にもトリオとして組んでいたし、そこから派生したアメリカンカルテットでも素晴らしい作品群を残した。二人のデュオはヘイデンの曲ごとに組み合わせの異なるデュオ作品である「クロースネス」で一曲限りで実現していたが、一つの作品としての記録は本作と本作の続編(というかアウトテイク集)の「ラストダンス」のみであるので、特大の巨人同士の組み合わせである。キースはシリアスな展開や余りにも甘美な旋律を志向する傾向があり、気楽に聴ける作品というのは少ないのだが、本作は二人の関係が反映してか、とてもリラックスしたセッションになっている。キースもやればできるじゃん、大人になったな、という感じだ。ブックレットにも本人が書いているが、是非とも自分の大切な人と一緒に聴いて欲しい。私は妻と婚約するときにこのアルバムを送り。静かに二人で聴いて愛を確かめ合った。しかしながらその愛は時を立つにつれ「腐れ縁」に様変わりするとはつゆ知らず笑

    青のサボイア さん

    0

既に投票済みです

ありがとうございました

チケット情報

現在、Keith Jarrett / Charlie Haden (キース ジャレット / チャーリー ヘイデン) のチケットはありません。
お気に入り登録
することで最新情報をお届します。

%%message%%