CD 輸入盤

Somewhere Before

Keith Jarrett (キース・ジャレット)

基本情報

ジャンル
:
カタログNo
:
7567.81455
組み枚数
:
1
レーベル
:
:
Europe
オリジナル盤発売年
:
1969
フォーマット
:
CD

商品説明

キースのルーツ的なものを感じさせる演奏。この作品に収められた、ある意味でフォーキーな持ち味によってキースはこの時代のほかのピアノストたちと差別化され個性を確立していき、チャールス・ロイド、マイルス・デイヴィスといた著名なボスたちの下で働くことによって、自分の時代を創出する地歩を固めていった。初期キースの傑作。

収録曲   

  • 01. My Back Pages (05:32)
  • 02. Pretty Ballad (03:30)
  • 03. Moving Soon (04:24)
  • 04. Somewhere Before (06:52)
  • 05. New Rag (05:45)
  • 06. Moment of Tears, A (03:07)
  • 07. Pouts' Over (And the Day's Not Through) (04:35)
  • 08. Dedicated to You (04:59)
  • 09. Old Rag (02:34)

総合評価

★
★
★
★
★

5.0

★
★
★
★
★
 
6
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0
★
★
★
★
★
ライブ録音故にやや音質や音の抜けは悪いが...

投稿日:2021/09/16 (木)

ライブ録音故にやや音質や音の抜けは悪いが、かえってそれがレトロな臨場感に浸れます。ビル・エヴァンスのワルツ・フォー・デビーもライブ収録。どちらも名盤ですね。その場でグラスを傾けながらライブ演奏を聞いてみたい衝動に駈られます。 キース・ジャレッドで思いだしました。今は無くなりましたが、廃盤セールがありました。当時東京都で勤務していたので会場は東京タワーだったと思います。私は、スタッフとしてセールの会場準備に立ち会いました。準備終了後は、発売前にスタッフ限定で欲しいCDの販売がありました。スタッフは業界の人間ばかりなので、お宝的なCDは事前にそこで購入されてました。私も、キース・ジャレッドのECM録音BOXをゲットしました。まさに、役得でした。確か廃盤セールは、半額以下で購入出来たと思いますので、BOX物はお買い得感がありました。

k.k さん | 大阪府 | 不明

0
★
★
★
★
★
 『The Koln concert(ザ...

投稿日:2021/02/28 (日)

 『The Koln concert(ザ・ケルン・コンサート)』(ECM)やフリー・ジャズの『Death and the flower(生と死の幻想)』(Impulse)と言ったアルバムの名盤があっても個人的には真っ先にバラード曲「My back pages(マイ・バック・ペイジ)」が収録されたキース・ジャレットのピアノ・トリオの本アルバム1枚をお薦めします。

ようたん さん | 大阪府 | 不明

0
★
★
★
★
★
キース・ジャレットのアルバムは何枚も持っ...

投稿日:2011/07/16 (土)

キース・ジャレットのアルバムは何枚も持っていますが、この初期の頃は荒削りな印象ながら、なにか力強さを感じます。特に”マイバックペイジ”は、気持ちを前向きにさせてくれるような気がして、繰り返して何度も聞いています。

eurostar さん | NETHERLANDS | 不明

1

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

Keith Jarrett

1990年代中盤過ぎ、精神的なプレッシャーから、立ち止まったキースだが、『Melody At Night With You』で見事復活、さらに2000年にはパリでのスタンダード・トリオによるライブ盤『Whisper Not』を発表する。確かに、かつての氷を凍らせるようなハイテンションと、鼓膜を緊張させる美しいピアニズムにはまだ遠いが、キースの持ち味を十分に発揮した演奏は、21世紀に向かって彼の新し

プロフィール詳細へ

Keith Jarrettに関連するトピックス

モダンジャズ に関連する商品情報

おすすめの商品