ブラックサマーの殺人 ハヤカワ・ミステリ文庫

M・W・クレイヴン

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784151842528
ISBN 10 : 4151842527
フォーマット
出版社
発行年月
2021年10月
日本
共著・訳者・掲載人物など
:
追加情報
:
624p;16

内容詳細

かつて刑事ポーによって一人の男が刑務所送りにされた―カリスマシェフとして名声を誇ったジャレド・キートン。彼は娘のエリザベスを殺した罪に問われたのだ。だが六年後のいま、その娘が生きて姿を現した!キートンは無実なのか?いらゆる証拠が冤罪を示し、窮地に立たされたポーを助けるべく、分析官のブラッドショーが立ち上がる。強烈な展開が読者を驚倒させる、英国ミステリ・シリーズの第二作。

【著者紹介】
M・W.クレイヴン : イギリス・カンブリア州出身の作家。軍隊、保護観察官の職を経て2015年に作家デビュー。2018年に発表した『ストーンサークルの殺人』で、英国推理作家協会賞最優秀長篇賞ゴールド・ダガーを受賞した(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • nobby さん

    もう序盤からフルスロットル稼働で夢中にさせるのがスゴい!6年前に刑務所送りにしたサイコパスな男が殺したはずの娘が生きていた!念入りに仕組まれた罠なのか冤罪から殺人容疑へと窮地に陥るポー...「死んでいた」のに「生きている」両立するはずのない状態をいかに解明するのか!?科学に言葉にハイテクにローテクに彷徨い行き着く結末は爽快!タイトルの“ブラックサマー”はじめ大胆にも繊細にもばらまかれた事象の結び付けが絶品!追い詰められて尚不敵に笑う相手を一瞬で屈伏させるのも圧巻!そこで彼の登場とは待ちきれないじゃないか!

  • ちょろこ さん

    大満足の一冊。ポーとティリー、第二弾。いきなり衝撃的なポーの境遇から始まる構成といい、真相、からくりを追う過程といい、惹きつけ方がやっぱり巧い。足りない時間、刻一刻と迫る時間に加速する鼓動はもちろん、ちょっとした見過ごしがちなピースが途轍もなく重大な意味を持っていたことを知る瞬間の興奮がたまらない。その傍ら、ポーのために全力捧げるティリーたちの熱いチーム、絆にも魅せられまくり。そして最大の不可能と思われる壁をどう崩すのか…やっと訪れた安堵感、大満足感。そしてこのラスト。早くも鼓動は次へと高鳴ってしまった。

  • みどどどーーーん(みどり虫) さん

    おもしろかった!1作目の『ストーンサークルの殺人』がすごく良かったから、これもかなり期待しちゃってたんだけど、期待悠々超えの満足度だった!冒頭から、次作待望値の上がるラスト1行まで良い!サイコパス出て来ちゃうと何でも有りって感じになっちゃうけど、それでも良い!ポーとティリーの関係は前作よりも更に良い!ティリー登場の場面は嬉しくてかわいくて愛おしくて、脳内で拍手しながら踊っちゃったよ♪フリンやリグも良い!全部良い!好き!!もう既に短編集含む3冊が出ていて、4冊目も来年刊行予定だって。早く翻訳されて欲しい〜!

  • パトラッシュ さん

    ワシントン・ポーは決して名探偵ではない。かといって地道に足で稼ぐ刑事でもなく、人を見る目の確かさと警察官としての正義感が武器だ。周囲も「彼がそう見るのなら」と信頼し、自然と捜査チームを作り事件解決へ突き進む。出世に無関心で政治的に動く連中に忖度しないため、まずい立場に追い込まれても誰もかばってくれない。冤罪をでっち上げたと疑われたポーが、優秀な頭脳のサイコパスと権力志向の上司を敵を抱えた窮地からどう脱するのか。薄皮が一枚ずつはがれるように残酷な真相が明らかになる過程を、読者は息をのんで見守るしかないのだ。

  • のぶ さん

    自分は前作の「ストーンサークルの殺人」を読んでいないせいかもしれないが、先の読めないストーリーで、結末にも面食らった小説だった。物語はカリスマシェフとして名声を誇ったジャレド・キートンの娘、エリザベスを殺した罪に問われ、刑務所送りにされた。その6年後の現在、エリザベスが生きて姿を現した。キートンの処遇はどうなるのか?この作品の形式は、クリフハンガーと言われるらしく、結末を伏せ、次の展開に含みを持たせる手法で、ページをめくるまで、先が分からない。そんな訳で驚きながら物語を楽しみました。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

文芸 に関連する商品情報

おすすめの商品