MR.BIG

MR.BIG (ミスター・ビッグ) レビュー一覧

MR.BIG | レビュー一覧 | CD、DVD、ブルーレイ(BD)、ゲーム、グッズなどを取り扱う【HMV&BOOKS online】では、コンビニ受け取り送料無料!国内最大級のECサイトです!いずれも、Pontaポイント利用可能!お得なキャンペーンや限定特典アイテムも多数!支払い方法、配送方法もいろいろ選べ、非常に便利です!

商品ユーザーレビュー

268件
並べ替え: 新着順| 共感数の多い順| 評価の高い順
  • 同時期にレコードストアデイで発売予定だったアナログ...

    投稿日:2021/07/17

    同時期にレコードストアデイで発売予定だったアナログと聴き比べようと思っていたが、発売延期になってしまった。 そこそこの再生環境で、SACD部を再生したところ、To Be With Youのアコースティックギターの響きが秀逸だと思いました。

    yasu さん

    1
  • Mr.bigの2010年以降のベストアルバムです。2010年以降...

    投稿日:2021/07/10

    Mr.bigの2010年以降のベストアルバムです。2010年以降のオリジナルアルバムは3枚ですが、what if 以外は地味な渋い楽曲が多いので、このベスト盤で久しぶりに聴いた曲もありましが、地味な曲たちも印象が変わりました。Mr.bigは素晴らしい曲しか無いです。自分も少し大人になって、曲の良さに気付いたって感じです。お勧めします。

    スカイウォーカー さん

    0
  • 10代の頃から30年あまり大好きなバンドです。本作リリ...

    投稿日:2021/07/09

    10代の頃から30年あまり大好きなバンドです。本作リリース当時のパットの病気、またその後の訃報も知っています。その上であえて書くと…本作にはキラーチューンと呼べるものは無い気がします。でもファンだからリリース時に購入しました。

    ロックロック さん

    0
  • MR.BIG再結成アルバム第一弾。大好きなバンドだけに再...

    投稿日:2021/07/09

    MR.BIG再結成アルバム第一弾。大好きなバンドだけに再結成してくれて、驚くと共に、非常に嬉しかったです。また楽曲も非常に充実しています。一つ残念な点はギターサウンドかな。生々しいサウンド作りが持ち味のプロデューサーの意向かも知れませんが。

    ロックロック さん

    0
  • 日本でのライヴ盤が多いmr.bigですが、久しぶりの海外...

    投稿日:2021/06/20

    日本でのライヴ盤が多いmr.bigですが、久しぶりの海外公演のライヴ盤です。日本のツアーと同様に盛り上がった熱いライヴです。現状、パット・トーピーの勇姿を観れる最後の作品と考えると悲しい気持ちになります。この作品で問題に感じるのは下から見上げるような映像が多く、観ていて疲れる事です。でも演奏が素晴らしいので☆5にします。

    スカイウォーカー さん

    0
  • 今のところ最後の日本ツアーとなるかもしれない2017年...

    投稿日:2021/06/18

    今のところ最後の日本ツアーとなるかもしれない2017年のツアー9公演を収録したボックスセットです。オフィシャルブートレッグというだけあって、音は公演日によってバラツキがあります。ファンだし、貴重な音源なんでありがたく聞きましたが、初心者には厳しいかもしれません。☆マイナス1は、肝心な東京公演が1992の途中までしか収録していないから。

    スカイウォーカー さん |50代

    0
  • 悪い点/ いくらこの4人がベストメンバーだからって...

    投稿日:2021/03/05

    悪い点/ いくらこの4人がベストメンバーだからって、 リッチー時代をオミットしてしまうのには、 大変違和感を覚えます。 彼がいたからこそバンドが維持できたわけだし、 それはエリック・マーティンもインタビューで言っていたぞ! ならばこのバンドの危機を救った功労者として、 収めるべきではないのか? リッチー時代も含めてMR.BIGの歴史だろうに? アーカイブの意味を勘違いしている気が…。 せっかくデモの貴重な音源を蔵出しできた (よく言えば”世に出せた”、あざとく言えば”金になった”)のだから、 リッチー時代もオミットしないで欲しかった。 あとPhotoBookもリッチー時代を入れて欲しかった。 ポール・ギルバードが「入れるな」と言うとは、 なかなか思えないし、 (彼もリッチーは評価していたはずだし) これは作り手側の『自主規制』ってやつではないか? ならばファンの気持ちを分かっていない、 と言わざるを得ない。 残念。 PS:第2弾でリッチー時代を売る気なら、 それはそれで「商売上手!」とも言えるが、 多分ニーズはそんなに多くないと思う。 良い点/ 1週間かけてすべてのディスクを視聴! ライブCDだけでAddicted To That Rushは6バーションもあり、 1〜2Takeにしてまとめられないのか? と思い、どのTakeがベストかすべて並べてみて聴き直してみたが、 これができず! どれもちょっとずつ違い、どれを選べと言われても選べないのだ。 編集した側はこれがやりたかった事なんだな!と再認識した。 「そりゃ選べないなら、全部入れちまえ!  ファンよ、自分で選びたまえ」 とファンに丸投げしたのが、この企画版の主旨なのだ。 よってファンなら忍耐が必要なボリュームのCD20枚である。 でも ファンにとってお宝なのは、 未発表曲が約20曲も入っている事! これを抜き出してCD1枚にすれば、 未発表曲集のアルバムの出来上がりだ! この作業もまた楽しい(これも忍耐がいるが)。 まったくファンのネガティブな心理までも逆手に取った すごい企画盤である。 本当にうなされます。

    hiro さん

    0
  • 聞きやすいですね

    投稿日:2014/12/13

    聞きやすいですね

    まーさん さん

    0
  • 懐かしく 聞きやすい

    投稿日:2014/12/13

    懐かしく 聞きやすい

    まーさん さん

    0
  • このアルバムは、ポール・ギルバートの難聴、パット・...

    投稿日:2014/11/08

    このアルバムは、ポール・ギルバートの難聴、パット・トーピーのパーキンソン病を乗り越え、苦境の中完成された、オリジナルメンバー最後といわれるアルバムです!とてもそんな逆境の中で作られたとは思えない、完成度の高いアルバムに仕上がっていて、この4人は凄いミュージシャン達だ! と驚嘆させられます。オリジナルメンバーというのも、一時期ポール・ギルバートが抜けて、リッチー・コッツェンがギターを担当していた時期もありましたが、オリジナルメンバーに戻って2枚目でラストのアルバムになるといわれることになるとは、ファン全員残念で悲しいことだと思います。しかしこの4人のサウンドに散々楽しませてもらったファンの心の中で、永遠に伝説のバンドどなって後世まで語りつがれるでしょう!!

    二へイ さん

    1

既に投票済みです

ありがとうございました

%%message%%