ヘドバン Vol.26[シンコー・ミュージック・ムック]

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784401649112
ISBN 10 : 4401649117
フォーマット
発行年月
2020年03月
日本
共著・訳者・掲載人物など
:
追加情報
:
221p;21

内容詳細

前号では、“メタルよ変われ、時代を変えろ”というテーマの下にメタルに革命を起こしたアルバムやアーティストを取り上げてきましたが、最新号『ヘドバン Vol.26』では、先日パーキンソン病を患っていることを告白した“メタル界最大最強かつ最初で最後のアイコン”とも言えるオジー・オズボーンを、愛とエールを込めて『ヘドバン』なりに大特集!

また、ファンの間ですでに“伝説の二日間”として語られ始めている1月下旬に幕張メッセで行われたBABYMETAL「LEGEND − METAL GALAXY〜METAL GALAXY WORLD TOUR IN JAPAN EXTRA SHOW」を徹底レポート。

そして、LOVEBITESのヴォーカリストであるasamiが生い立ちからLOVEBITESとしての夢までを赤裸々に語りまくった撮り下ろし2万字インタビューも掲載!

他にもニール・パート追悼RUSH特集やVENOM PRISONを筆頭にした新世代デス・メタル特集、2020年最重要メタル・バンドと噂されるCODE ORANGEのインタビューまで、これまでに以上に様々な角度からメタルの魅力を一冊に閉じ込めます!

【CONTENTS】
オジー・オズボーン
CODE ORANGE『Underneath』クロス・レビュー

BABYMETAL
METAL GALAXY WORLD TOUR IN JAPAN EXTRA SHOW
LEGEND – METAL GALAXY 2020.1.25 & 26 幕張メッセ国際展示場
DAY-1 & DAY-2 レポート
DAY-1 単独レポート
DAY-2 単独レポート

LOVEBITES
asami(Vo) 2万字インタビュー

BLARE FEST. 2020
2020.2.1 & 2 ポートメッセなごや レポート

FEVER 333
2020.1.29 マイナビBLITZ赤坂 レポート

コラム〜孤独が道連れ 和嶋慎治(人間椅子)の野営一人旅
コラム〜BOHの神ラーメン一期一会
味のメタル食堂ヤスナリオ メタルめし!〜ヘドバン出前一丁!!〜
新世代オールドスクール・デス・メタル、代表2バンド初登場!

[特集] オジー・オズボーン
『Blizard Of Ozz』×『Ordinary Man』クロス・レビュー

伊藤政則が16000字で語り尽くす
俺とオジー、そして「オジー伝説」の真実

オジー・オズボーン・ディスコグラフィー
オジーのコラボレーション列伝
鈴木研一(人間椅子)が語る、俺とオジー、そして“オジー愛”
掟ポルシェが書き記す、俺とオジー、そして“オジー愛”
冠徹弥(THE冠)が語る、俺とオジー、そして“オジー愛”

CODE ORANGE
ジェイミー・モーガン(Vo, Ds)インタビュー

FIVE FINGER DEATH PUNCH
クリス・ケール(Ba)インタビュー

正しい「デス・メタル」の基礎知識
[序章] デス・メタルとは何か?
[第二章] デス・メタル有識者会議 川嶋未来(SIGH)×関根成年(BUTCHER ABC)
[第三章] 「デス・メタルの基本」14枚
[第四章] VENOM PRISON ラリッサ・ストゥーパー(Vo) インタビュー
[第五章] GATECREEPER チェイス・メイスン(Vo) インタビュー
[第六章] 「新世代デス・メタル」14枚

RUSH
+オリジナル・アルバム&ライヴ・アルバム・レビュー

連載 エクストリーム・メタルの名盤を読む
第11回 MERCYFUL FATE『Mercyful Fate』

コラム〜Mary’s Blood SAKIの悪魔狂信者日記
コラム〜メタリ子生活帳
コラム〜プログレスナイパー
コラム〜教頭先生のはぐれメタル・ハンター
コラム〜神田小川町ファンタスティック映画祭
コラム〜ヘドバン大学 教養学部課題図書
コラム〜ヤバイTシャツ野郎
コラム〜昭和プロレス・レコード大百科
コラム〜めんまと千明のバンギャル地獄変
コラム〜藤木TDCのV☆H☆S LOVER
コラム〜カーカス通信

2020・春のヘドバン的DISC REVIEW

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • Schunag さん

    90年代の日本のメタルメディアがトレースしきれなかったメタル史を補綴して、より現実的な歴史理解をもたらそうというのが『ヘドバン』の重要な試みであり功績だと思っているが、本巻の白眉は90年代の地下シーンに通じる2人による「デス・メタル対談」。90年代初頭の原初デス・メタルの見取り図やAutopsyやBolt Throwerの重要性の指摘など示唆に富む。欧米のメタル・シーンの実像を理解するのにベストな日本語メタルメディアであり、僕のようなオールド・スラッシャーの蒙を啓き、新たな視界をもたらしてくれる。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

アート・エンタメ に関連する商品情報

おすすめの商品