CD 輸入盤

Someday My Prince Will Come

Miles Davis (マイルス・デイヴィス)

基本情報

ジャンル
:
カタログNo
:
C65919
組み枚数
:
1
レーベル
:
オリジナル盤発売年
:
1961
フォーマット
:
CD
その他
:
リマスター,輸入盤

ユーザーレビュー

総合評価

★
★
★
★
★

5.0

★
★
★
★
★
 
3
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0
★
★
★
★
★
ジャズを最近聴き始めた初心者です。マイル...

投稿日:2015/06/24 (水)

ジャズを最近聴き始めた初心者です。マイルス・デイビスは何枚か聴きましたが、やたら固くて真面目過ぎる印象があり、ピンと来ない感じでした。しかしこの盤は楽しいだけでなく、深みを感じてすは゛らしいと思います。

Nowhere Man さん | 石川県 | 不明

0
★
★
★
★
★
Jazz初心者には、これを!ほとんどのJazzの...

投稿日:2007/03/03 (土)

Jazz初心者には、これを!ほとんどのJazzの曲調が入ってます。このアルバムより、テオのテープ加工は始まったらしいですが…そのテオの名をとった曲がすばらしい。捨て曲なしの名盤

4
★
★
★
★
★
すばらしい!、モブレイも。コルトレーンと...

投稿日:2005/02/24 (木)

すばらしい!、モブレイも。コルトレーンと比較してけなすのは無意味。モブレイはコルトレーンみたいには吹きたくなくて、自分のやり方で吹いている(と、思う)。モブレイにしか、コルトレーンにしか、マイルスにしか出せ無かった音達の結晶がこれ。先入観を捨てて聞いてね。

マツタケ さん | 長野県 | 不明

4

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

Miles Davis

 Miles Dewey Davis Vは、1926年5月26日、イリノイ州アルトンに生まれている。歯科医の父と音楽教師の母の元、生後移住したセントルイスの黒人中流階級の家庭でマイルスは育っていった。 高校卒業後、すぐに当時のビバップ俊英たちが集まっていたセントルイスの名門バンド、Billy Eckstine's big bandに加入、。ここでCharlie parker とDizzy Gill

プロフィール詳細へ

Miles Davisに関連するトピックス

モダンジャズ に関連する商品情報

おすすめの商品