DVD

くれなずめ【DVD】

基本情報

ジャンル
:
カタログNo
:
BIBJ3488
組み枚数
:
1
:
日本
フォーマット
:
DVD
脚本
:
監督
:

内容詳細

泣きたいのに笑えて、笑いたいのに泣ける。“狭間”の時間に起こる奇跡――

<イントロダクション>
松居大悟監督による、成田凌ほか実力派俳優を迎えて贈る最高傑作!
ある日突然、友人が死んだ。僕らはそれを認めなかった。

★成田凌、高良健吾、若葉竜也、浜野謙太、藤原季節、目次立樹...注目の俳優6人が共鳴し、刺激しあう、6人の見事なコラボレーション!
★『バイプレイヤーズ』『アズミ・ハルコは行方不明』の松居大悟監督作!監督自身の実体験を基にオリジナル舞台劇を映画化!
★主題歌はウルフルズの5年ぶりの書き下ろし! 挿入歌に全編を彩る大ヒット作「それが答えだ!」
★城田優、前田敦子、滝藤賢一、岩松了、飯豊まりえ ら出演!豪華キャストが脇を固める!
★大人は身近に、同世代は友情に、全ての人が共感できる、笑って泣ける人間ドラマ!

【解説】
友人の結婚式で余興を披露するために久々に集まった高校時代の帰宅部仲間6人が過ごす、【結婚式の披露宴から二次会までの狭間】を描いた物語。しょうもないことで笑っていたあの頃があるから、今の自分があることを思い出させてくれる。誰もが経験したことのある、あの太陽が沈みそうで沈まない、えも言われぬ「くれなずむ」瞬間に名前をつけてくれるような、愛おしい作品が誕生。松居監督ならではの、観る人の予想を超える「仕掛け」も必見!

<DVD仕様>
2021年日本/16:9LBスコープサイズ/カラー/96分/片面1層/2枚組/
音声:
1.日本語 ドルビーデジタル 5.1chサラウンド
2.日本語 ドルビーデジタル 2.0chステレオ(オーディオコメンタリー)

<特典>
【仕様・封入特典】
・アウタースリーブケース
・フォトブックレット

【映像・音声特典】
[本編ディスク]
・オーディオコメンタリー(成田 凌/高良健吾/若葉竜也/浜野謙太/目次立樹/松居大悟監督)
・予告集

[特典ディスク]
・メイキング オブ くれなずめ
・イベント映像集(完成披露舞台挨拶、トークイベント、公開記念舞台挨拶、バックステージトーク)
・主題歌「ゾウはネズミ色」(ウルフルズ) ミュージックビデオ

※オーディオコメンタリーは劇場公開時、副音声として上映したものと同じです
※仕様・特典等は予告なく変更になる場合がございます。あらかじめご了承下さい。

<スタッフ>
監督・脚本:松居大悟
主題歌:ウルフルズ「ゾウはネズミ色」(Getting Better /Victor Entertainment)

<キャスト>
成田 凌
若葉竜也
浜野謙太
藤原季節
目次立樹
高良健吾

<ストーリー>
優柔不断だが心優しい吉尾(成田凌)、劇団を主宰する欽一(高良健吾)と役者の明石(若葉竜也)、既婚者となったソース(浜野謙太)、会社員で後輩気質の大成(藤原季節)、唯一地元に残ってネジ工場で働くネジ(目次立樹)、高校時代の帰宅部仲間がアラサーを迎えた今、久しぶりに友人の結婚式で再会した! 満を辞して用意した余興はかつて文化祭で披露した赤フンダンス。赤いフンドシ一丁で踊る。恥ずかしい。でも新郎新婦のために一世一代のダンスを踊ってみせよう!!
そして迎えた披露宴。...終わった...だだスベりで終わった。こんな気持ちのまま、二次会までは3時間。長い、長すぎる。そして誰からともなく、学生時代に思いをはせる。でも思い出すのは、しょーもないことばかり。
「それにしても吉尾、お前ほんとに変わってねーよな。なんでそんなに変わらねーんだ?まいっか、どうでも。」
そう、僕らは認めなかった、ある日突然、友人が死んだことを──。

劇場公開:2021年5月12日(G)

発売元:株式会社ハピネットファントム・スタジオ
販売元:株式会社ハピネット・メディアマーケティング
©2020「くれなずめ」製作委員会

松居大悟監督が自らの体験を基に描いたオリジナル舞台劇を、成田凌主演で映画化。友人の結婚式で集まった高校時代の仲間6人が過ごす“披露宴から2次会までの間”を、笑いとやせ我慢、切なさを散りばめて描き出す。(CDジャーナル データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

スタッフ・キャスト 関連するトピックス

邦画 に関連する商品情報

おすすめの商品

HMV&BOOKS onlineレコメンド