この商品の関連特集

Blu-ray Disc

墓地裏の家【Blu-ray】

基本情報

ジャンル
:
カタログNo
:
KIXF987
組み枚数
:
1
レーベル
:
:
日本
フォーマット
:
Blu-ray Disc

内容詳細

没後25年 イタリア残酷映画の帝王ルチオ・フルチの名迷作がブルーレイで甦る!
ルチオ・フルチ残酷ホラーの傑作『墓地裏の家』からエロティック・サスペンス『イノセント・ドール虜』まで中期の代表作4作を国内初ブルーレイ化!

<Blu-ray仕様>
1981年イタリア/収録時間:本編89分/カラー/1080p Hi-Def/1層/
音声:オリジナル英語(ドルビーTRUE HD /モノラル)
字幕:日本語字幕

<特典>
【映像(音声)特典】
未定

※仕様・特典等は予告なく変更になる場合がございます。あらかじめご了承下さい。

監督:ルチオ・フルチ

『墓地裏の家』1981年 イタリア映画
出演:カトリーナ・マッコール パオロ・マルコ
『サンゲリア』など血まみれ3部作に並ぶルチオ・フルチの残酷ホラーの代表作。一軒家に引っ越してきた歴史学者ノーマン。その屋敷は、かつてフロストステイン博士が人体実験を行っていた場所だった。そして惨殺事件が連続して起こる。この屋敷に秘められた恐怖の真実。残酷シーンのオンパレードの名作ホラー。

【ルチオ・フルチ】
『サンゲリア』『地獄の門』『ビヨンド』の血みどろ3部作で、ホラー映画界のアイコンとなった、イタリア・残酷ホラー映画の帝王。1927年6月17日生まれ。国立映画実験センターを卒業後、ライター、脚本家を経て監督業に転身。『真昼の用心棒』(66)でマカロニウェスタン、『女の秘めごと』(69)でジャッロを監督。その後、『幻想殺人』(71)、『マッキラー』(72)など権力を持った階層、集団への批判を込めた風刺的作品を撮り続ける。その後、世界的大ヒットとなったジョージ・A・ロメロ『ゾンビ』に便乗して続編を名乗って作られた『サンゲリア』(79)が世界的大ヒットを記録する。その後、『地獄の門』(80)『ビヨンド』(81)『墓地裏の家』(81)など残酷描写に特化したホラー映画の傑作を連発して残酷ホラー映画の巨匠としてのポジションを得る。元々糖尿病に悩まされていたフルチだが、『ルチオ・フルチのマーダロック』(84)撮影後、肝硬変という大病を患い、それ以降高額な医療費を支払うため、どんな仕事でも受けるようになる。また、80年代後半になるとイタリアのホラー映画ビジネスが崩壊し低予算ホラーの仕事しかなくなり低予算ホラー作品の連発を余儀なくされる。日本では、この時期の作品の多くが「ルチオ・フルチの〜」というタイトルでビデオ発売された。『怒霊界エニグマ』(88)『ルチオ・フルチの新デモンズ』(90)などの多くの低予算ホラー作品を撮った後、主役のホラー映画監督役を自ら演じた『ナイトメア・コンサート』(90)が話題になる。遺作は『ヘルクラッシュ!/地獄の霊柩車』(91)。1996年死去。死因は糖尿病の注射を打ち忘れたためと言われるが、自殺とみる説もある。

発売・販売元:キングレコード

周囲を荒れ果てた墓地に囲まれた一軒家に移住した歴史学者・ノーマン一家。その家ではかつて人体実験が繰り返されていた。続発する奇妙な出来事、相次ぐ失踪者、その恐怖の正体とは……。イタリアン・スプラッターの雄、ルチオ・フルチ監督による衝撃作。(CDジャーナル データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

★
★
★
★
☆

4.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
1
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0
★
★
★
★
☆
元旦に観ていて、途中で気持ち悪くなった唯...

投稿日:2002/12/15 (日)

元旦に観ていて、途中で気持ち悪くなった唯一のホラー映画。この一本で私はルチオ・フルチのファンになりました。

めろこ さん | 不明

0

スタッフ・キャスト 関連するトピックス

洋画 に関連する商品情報

おすすめの商品

HMV&BOOKS onlineレコメンド