Blu-ray Disc

最後の決闘裁判 ブルーレイ+DVDセット

基本情報

ジャンル
:
カタログNo
:
VWBS07311
組み枚数
:
2
:
日本
フォーマット
:
Blu-ray Disc
その他
:
DVD付き

内容詳細

『最後の決闘裁判』

生死を賭けた<真実>が裁かれる――

◆名匠リドリー・スコット監督が、ジョディ・カマー、マット・デイモン、
アダム・ドライバー、ベン・アフレックほか豪華キャストを迎え、圧巻の演出と
スケールで挑む、史実として真相不明なままの
フランス<最後の決闘裁判>の真相に迫る歴史スペクタクル。
●本当に裁かれるべきは一体誰だったのかー?600年以上経った今も注目を集めるフランス<最後の決闘裁判>。
目撃者なし、史実として真相不明なままの闘いの真相に名匠リドリー・スコットが挑み、圧巻の演出とスケールで魅せる。 

◆マット・デイモンとベン・アフレックがアカデミー賞®受賞以来のタッグ。
●『グッド・ウィル・ハンティング/旅立ち』で、第70回アカデミー賞®脚本賞を受賞して以来の再タッグ。
マット・デイモンとベン・アフレックが脚本を執筆し、さらに再共演も果たす。ちなみに、マット・デイモンが
“カルージュ”、ベン・アフレックが“ル・グリ”、そして『おとなの恋には嘘がある』のニコール・ホロフセナーが
“マルグリット”パートの脚本を担当。

◆新星ジョディ・カマーが“真実”のため権力に抗った勇敢なヒロインを熱演。
●男女不平等の時代に、反旗を翻し、裁判で闘うことを決断した気高き女性マルグリットをジョディ・カマーが演じる。
マット・デイモン、アダム・ドライバー、ベン・アフレックたち演技派俳優陣たちとの演技合戦に胸が高鳴る。
劇中での駆け引き、クライマックスの決闘シーンは必見。

◆『羅生門』を彷彿とさせる3部構成で真相に迫る。
●物語を黒澤明監督の『羅生門』を彷彿とさせる3部構成に。少しずつ異なる3人の視点、見れば見るほど引き込まれ、
深まる謎。

<ブルーレイ+DVDセット仕様>
製作国(製作年度):アメリカ(2021年)
収録時間:/約153分
記録方式/画面サイズ:
【ブルーレイ】2層/MPEG-4 AVC/16x9 (2.39:1)
【DVD】片面2層/MPEG-2/16x9シネスコ (2.39:1)
音声:
【ブルーレイ】
1.英語 DTS-HDマスター・オーディオ(ロスレス) 7.1ch
2.日本語 DTS-HDハイ・レゾリューション・オーディオ 7.1ch
【DVD】
1.英語 ドルビーデジタル 5.1ch
2.日本語 ドルビーデジタル 5.1ch
字幕:1.日本語字幕 2.英語字幕 3.日本語吹替用字幕

<ボーナス・コンテンツ>(ブルーレイのみ収録)
●撮影の裏側
●劇場予告編

※デザイン・仕様・特典等は、予告なく変更になる場合がございます。

<スタッフ>
監督:リドリー・スコット
脚本:ニコール・ホロフセナー、マット・デイモン、ベン・アフレック
原作:エリック・ジェイガ―

<キャスト>(日本語吹替)
ジョディ・カマー
マット・デイモン
アダム・ドライバー
ベン・アフレック

<ストーリー>
リドリー・スコット監督が、ジョディ・カマー、マット・デイモン、アダム・ドライバー、ベン・アフレックほか豪華キャストを迎え、圧巻の演出とスケール演出で挑む、史実として真相不明なままのフランス<最後の決闘裁判>の真相に迫る歴史スペクタクル。
中世フランス──騎士の妻マルグリットが、夫の旧友に乱暴されたと訴えるが、彼は無実を主張し、目撃者もいない。真実の行方は、夫と被告による生死を賭けた“決闘裁判”に委ねられる。それは、神による絶対的な裁き──。勝者は正義と栄光を手に入れ、敗者はたとえ決闘で命拾いしても罪人として死罪になる。そして、もしも夫が負ければ、マルグリットまでもが偽証の罪で火あぶりの刑を受けるのだ。果たして、裁かれるべきは誰なのか?あなたが、この裁判の証人となる。

劇場公開:2021年10月15日(PG12)

© 2021 20th Century Studios.

名匠リドリー・スコット監督が、ジョディ・カマーやマット・デイモン、アダム・ドライバー、ベン・アフレックら豪華キャストで放った歴史スペクタクル。フランス最後の決闘裁判の真相を、圧巻の演出で描いていく。(CDジャーナル データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

スタッフ・キャスト 関連するトピックス

洋画 に関連する商品情報

おすすめの商品

HMV&BOOKS onlineレコメンド

この商品が登録されてる公開中の欲しい物リスト

  • 作成者:masatoさん