この商品の関連特集

Blu-ray Disc

遊星からの物体X<日本語吹替完全版> 4K Ultra HD+ブルーレイ

基本情報

ジャンル
:
カタログNo
:
GNXF2651
組み枚数
:
2
:
日本
フォーマット
:
Blu-ray Disc
シリーズ
:

内容詳細

ジョン・カーペンター監督×カート・ラッセル主演の傑作ホラーを、史上最高の新フォーマットで!

フジテレビ『ゴールデン洋画劇場』(1985年11月30日放送)版日本語吹替音声収録!
劇場公開時の映画チラシを使用した日本オリジナルデザインアウターケース仕様
'●劇場公開時の映画チラシを使用した日本オリジナルデザインアウターケース仕様
●近代映画社刊「スクリーン」の劇場公開時掲載記事等を凝縮したオリジナルブックレット(8P)封入(アウターケースサイズ)
●フジテレビ『ゴールデン洋画劇場』(1985年11月30日放送)版日本語吹替音声収録!
※TV放送版の日本語吹替音声は、TV放送吹替を主に、吹替が存在しない部分は英語音声+字幕になります。

<4K Ultra HD+ブルーレイ仕様>
製作年・製作国  1982 アメリカ
収録時間  109分
DVDレイヤー  片面3層2枚組
カラー  カラー
パッケージサイズ  BD用トール
画面サイズ  スコープ・サイズ
画面アスペクト  16:9
リージョン  AL
商品仕様(字幕)  1:英 2:日
音声  1: 英 DTS:X 2: 日 7.1ch DTS-HD Master Audio

※仕様・特典等は予告なく変更になる場合がございます。あらかじめご了承下さい。

<スタッフ>
監督:ジョン・カーペンター
製作:デヴィッド・フォスター、ローレンス・ターマン、ラリー・フランコ/原作: ジョン・W・キャンベル・Jr

<キャスト>
フレディ … カート・ラッセル(津嘉山正種)
ブレア … A・ウィルフォード・ブリムリー(富田耕生)
フックス … ジョン・ポリス(納谷悟朗)
ウィンドウズ … トーマス・G・ウェイツ(池田秀一)
ドクター・コッパー … リチャード・ダイサート(宮川洋一)
ギャリー … ドナルド・モファット(柳生博)
※日本語吹替(TV放送版)

<ストーリー>
その恐怖は一匹の犬から始まった。見渡す限り氷に囲まれた白銀の大雪原をヘリコプターに追われて逃げる犬は、アメリカの南極観測基地へと辿りつく。ヘリコプターを操縦するノルウエー隊員が銃を乱射したため、アメリカ隊員はやむおえず彼を撃ち殺すが、やがて、ノルウエー隊員が異状に錯乱していた理由が明らかになる。なんと犬の正体は10万年前に地球に飛来したエイリアンだったのだ!接触するものを体内に取り込むエイリアンは、巧みに人間の姿に変身、吹雪に閉ざされた基地内で、隊員たちは互いに疑心暗鬼になっていく。そんな中、彼らは挙動不審なマクレディ(カート・ラッセル)をエイリアンではないかと疑うが…。

劇場公開:1982年11月13日(R-15)

発売・販売元:NBCユニバーサル・エンターテイメント
©1982 Universal Studios. All Rights Reserved.

ユーザーレビュー

総合評価

★
★
★
★
★

5.0

★
★
★
★
★
 
3
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0
★
★
★
★
★
癖になるくらい何度も見たくなるグロテスク...

投稿日:2021/06/30 (水)

癖になるくらい何度も見たくなるグロテスクシーンの数々。 クリーチャーシーンが非常にグロテスクですが、CGではなく人の手で作った特撮技術が非常に素晴らしくリアルで生々しい描写が何十年経った今でも記憶に焼き付いています。 心臓マッサージのシーンや血液検査シーンなど思い出のシーンがたくさんあります。いろんな意味を込めて私にとって大切な作品です。

じゅるりん さん | 群馬県 | 不明

0
★
★
★
★
★
エイリアン、エイリアン2と並ぶクリーチャ...

投稿日:2013/08/23 (金)

エイリアン、エイリアン2と並ぶクリーチャーものの傑作です。特殊撮影の技法やクリーチャーのデザインは、後世のバイオハザードなど様々な作品で模倣され、SFファン必見です。ブルーレイ化によって、雪景色や暗い場面が多い本作品の恐さ、不気味さが増しています。

まさ037 さん | 東京都 | 不明

0
★
★
★
★
★
後れ馳せながら今年ブルーレイ・デビューし...

投稿日:2013/01/29 (火)

後れ馳せながら今年ブルーレイ・デビューしまして、最初に購入したのがこれでした。既にDVDでも何度も観賞した映画なのですが、そのDVDがレターボックス収録だったりしてややストレス感じていたのが解消され、サウンドも迫力あるものになって大満足。内容については今さら言及する必要もない大傑作である事は間違いないと言えます。かつて劇場で観た時はそのSFXの凄さにひっくり返りましたが、さすがに初見の時の衝撃は薄れたものの、今でも古びた感じがしないのが素晴らしい。ロブ・ボッティンという人はやはり天才だったんですね。とにかくこの作品は『エイリアン』と並ぶSF+ホラー映画の最高峰と言えるでしょう。

HAL さん | 兵庫県 | 不明

1

スタッフ・キャスト 関連するトピックス

洋画 に関連する商品情報

おすすめの商品