CD 輸入盤

Emergence / Solitaire

Neil Sedaka (ニール セダカ)

基本情報

ジャンル
:
カタログNo
:
BGOCD840
組み枚数
:
1
レーベル
:
フォーマット
:
CD
その他
:
コレクション,輸入盤

商品説明

2008 digitally remastered two CD set containing Neil Sedaka's two early '70s comeback albums. From being a '50s and '60s teen star, Sedaka began to concentrate on songwriting as the '60s wore on. His songs have been recorded by artists from Abba to Elvis Presley. In 1971 he was persuaded back in the studio for Emergence. 1972's Solitaire followed, which was recorded in England with 10cc as the back-up band. This proved to be stepping stone that resurrected his career. 25 tracks. BGO.

収録曲   

  • 01. I M A Song (Sing Me)
  • 02. Gone With The Morning
  • 03. Superbird
  • 04. Silent Movies
  • 05. Little Song
  • 06. Prelude
  • 07. Cardboard California
  • 08. One More Mountain To Climb
  • 09. God Bless Joanna
  • 10. Is Anybody Gonna Miss You
  • 11. What Have They Done To The Moon
  • 12. Rosemary Blue
  • 13. Wish I Was A Carousel
  • 14. Reprise: I M A Song (Sing Me)
  • 15. That S When The Music Takes Me
  • 16. Beautiful You
  • 17. Express Yourself
  • 18. Anywhere You Re Gonna Be (Leba S S
  • 19. Home
  • 20. Adventures Of A Boy Child Wonder
  • 21. Better Days Are Coming
  • 22. Dimbo Man
  • 23. Trying To Say Goodbye
  • 24. Solitaire
  • 25. Don't Let It Mess Your Mind

ユーザーレビュー

総合評価

★
★
★
★
★

5.0

★
★
★
★
★
 
1
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0
★
★
★
★
★
”Emergence”はLP発売時「ニールセダカ・...

投稿日:2010/11/07 (日)

”Emergence”はLP発売時「ニールセダカ・ナウ」という日本語タイトルであったと思う。 M-3[Super Bird] は当時(1971頃)のヒットチャートを賑わせたものだ。 当時は洋楽のチャートには良質のポップソングが目白押しで毎週「オールジャパンポップ20(文化放送系列)」を聴くのが楽しみであった。 今のチャートはどうだろう。 まったく興味がないので分からないが見る影もないのではないか? 80年代以前と以後で音楽が変わったといわれているが、実感させるものだ。 このアルバムには奇跡のような珠玉のメロディーがいっぱい詰まっている。 Sedaka/GreenfieldのコンビはBacharach/David,Lennon/McCartnoy,Elton/Bernie,Goffin/Kingにも勝るとも劣らないと言って良いだろう。 特にA面(M1〜M7)は強力で繰り返し聴いたものだ。 アレンジも秀逸で今聴いても十分満足できるもので、 この人の認知度は一般的にはオールディーズ時代(恋の片道切符、オーキャロル等)の方が強いだろうが、真価はこのアルバムにあると言っても過言で はなかろう。 ”Solitaire”の方はタイトル曲はカーペンターズで有名であるが、ポップロック調でバラード主体の前作とは全く異なる印象だ。 ただしバックを務めるリズムセクションにはのちの10ccの中核メンバーであるKevin Godley,Lol Creme,Graham Gouldman,Eric Stewartらがクレジットされているのは 注目すべき点である。

独居人 さん | 東京都 | 不明

1

おすすめの商品