指輪物語 1 評論社文庫 新版

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784566023628
ISBN 10 : 4566023621
フォーマット
出版社
発行年月
1992年07月
日本
追加情報
:
15cm,252p

商品説明

恐ろしい闇の力を秘める黄金の指輪をめぐり、小さいホビット族や魔法使い、妖精族たちの、果てしない冒険と遍歴が始まる。
数々の出会いと別れ、愛と裏切り、哀切な死。
全てを呑み込み、空前の指輪大戦争へ―。
旧版の訳をさらに推敲、より充実して読みやすく美しい、待望の「新版」。

●J.R.R.トールキン【著】 瀬田貞二・田中明子【訳】 サイズ11x15cm  252ページ

ユーザーレビュー

総合評価

★
★
★
★
☆

4.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
1
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0
★
★
★
★
☆
映画を見た後に原作を知り、読み始めた。描...

投稿日:2021/06/30 (水)

映画を見た後に原作を知り、読み始めた。描写が細かくて、自分もいつのまにか中つ国に吸い込まれるような気持ちになる。映画では出てこないキャラクターや場面が意外と多かった。トムボンバディルがすき。

えびまよ さん | 東京都 | 不明

0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • ヴェネツィア さん

    しばらくぶりに『指輪物語』を再読することに。「すべてを統べる指輪」は、言うまでもなく北欧ゲルマン神話の、あの指輪である。ワーグナーの『ニーベルンゲンの歌』によれば、アルベリッヒが、全ての欲望を捨てて、ラインの黄金から鍛え上げたものである。そして、それは究極的にはジークフリートの死を招き、神々をも滅亡に至らしめるのである。もつとも、本編はホビットの村にもたらされた指輪を巡る、いわば外伝である。しかも、指輪を返還するという逆のベクトルのそれである。さて、この壮大な物語の第一歩を再び踏み出すことにしようか。

  • Die-Go さん

    何度目かの再読。久し振りの中つ国。ハイファンタジーの金字塔、原点。悪の枢軸サウロンが渇望する力の指輪を破棄するための旅に、小さな人ホビットが命をかけて出かける。今巻はその序章に過ぎないのだが、既に我々を魅了する何かを持っている。★★★★★

  • ひろき@巨人の肩 さん

    「ホビットの冒険」の後日談がとても面白い。先に読んでいて良かった。ビルボ・バギンズの後世、金の指輪の起源、ゴクリの生い立ちと重要な伏線回収がてんこ盛り。著者が行った重要な改訂を、ビルボの自伝の改訂として語るところが芸が細かい。続編以降のフロドの冒険にも期待が高まる。

  • MICK KICHI さん

    <マンスリー・指輪物語 > ほぼホビットとガンダルフだけの序章。 やたらビール🍺と食事が美味しそうな感じ。茸が特に。 ゴラムはゴクリと表記、慣れないなぁ。

  • ちび\\\\٩( 'ω' )و //// さん

    伊達政宗あと3巻残ってますが手を出してしまいました(笑)色々やることが出来てなかなか読書量が、、(笑)この映画は何回も見たなぁ。大好きな映画。3部作全てが良かった。全てが良い映画って言うのはなかなか無いですよー。作者の世界観への作り込みやこだわりを凄く感じる。静観は死、進むも死、ならば行ったろうやんか!呪いの指輪を唯一滅ぼせると言うあの山に!フロドの従者、庭師のサムが良い。彼こそ勇者。小さき者ホビット族の勇気ある大冒険。生命を賭けるから本気の仲間が集まって来る。その友情が良い。そこに王も民も種族もない。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

文芸 に関連する商品情報

おすすめの商品