Pat Metheny

Pat Metheny (パット・メセニー) レビュー一覧

Pat Metheny | レビュー一覧 | CD、DVD、ブルーレイ(BD)、ゲーム、グッズなどを取り扱う【HMV&BOOKS online】では、コンビニ受け取り送料無料!国内最大級のECサイトです!いずれも、Pontaポイント利用可能!お得なキャンペーンや限定特典アイテムも多数!支払い方法、配送方法もいろいろ選べ、非常に便利です!

商品ユーザーレビュー

259件
並べ替え: 新着順| 共感数の多い順| 評価の高い順
  • 期待するメセニーが帰ってきた。 近年では一番の快作...

    投稿日:2021/09/16

    期待するメセニーが帰ってきた。 近年では一番の快作!

    ホーペ さん

    0
  • 私が福岡でパットメセニーグループのライブを観たのは...

    投稿日:2021/07/31

    私が福岡でパットメセニーグループのライブを観たのはその4年後くらいだったか。ペドロアズナール加入後でした。その時と同じフェイズダンスから始まるステージであり、当時を思い出します。同曲でのライルメイズのピアノソロが軽快かつメロディアスで素晴らしい。若きパットメセニーの勢いのあるライブでよいです。音質もこもり気味ではあるが満足できるレベル。

    30ラロッカ さん

    0
  • 元々ジャズ、フィージョン系自体それほど好きではなく...

    投稿日:2021/07/26

    元々ジャズ、フィージョン系自体それほど好きではなく、パット・メセニーも今まで聴かずにいたんですが、正直びっくりです。こんなにも凄いのかと本気で驚きました。寄せ集めのベスト盤でも衝撃なんだからちゃんとアルバムを追って聴いたらマジでショックを受けそう。

    マルモ さん

    0
  • パットメセニーが自動演奏装置「オーケストリオン」と...

    投稿日:2021/07/25

    パットメセニーが自動演奏装置「オーケストリオン」とともに演奏するスタジオ・ライヴ、収録は2010年11月にニューヨーク・ブルックリンの教会で行われた。 アルバム「オーケストリオン」ももちろん聴いたんだけど、ピンと来なくて。 このライブアルバム映像みて驚いた、パットメセニーがギターを弾くバックで、たくさんの楽器(ピアノ、ギター、ドラム、マリンバ、ヴィヴラフォン、、パーカッション多数、何十本もの空き瓶)を自動で演奏している。 このライブアルバムの方が、パット・メセニー・グループ時代の曲も収録してる分楽しめました。 好きな方は同タイトル映像作品をぜひ

    3rdwind さん

    0
  • 本当にひとりだけの「ソロ・プロジェクト」として、エ...

    投稿日:2021/07/25

    本当にひとりだけの「ソロ・プロジェクト」として、エンジニア達と数ヶ月にわたり仕掛けた「新時代のオーケストリオン」※。 ※オーケストリオン(Orchestrion) とは「19世紀末から20世紀初頭に実在した、オーケストラの複数の楽器を同時に演奏させることができる大掛かりな機械のこと(wmg.jpのサイトから転載)」だそうです。 なんならヒトをかけてプレイしたらと買った当時は思いましたが、後にスタジオライブ「The Orchestrion Project 」の映像みてびっくり。 たくさんの楽器に囲まれてひとりギター弾くパットメセニー。 このアルバムは全5曲、やや落ち着いたムードの中ギターを弾きまくっているパットメセニーを想像したアルバム。

    3rdwind さん

    0
  • きれいな景色のジャケットのアルバム、ECM時代とはテ...

    投稿日:2021/07/25

    きれいな景色のジャケットのアルバム、ECM時代とはテイストは違うけど。 もともと、シガニー・ウィバー、 ジュリアン・ムーア出演の映画 『A Map of The World』 にパット・メセニーがインスパイアされた音楽だそうです。 (シークレットストーリーにも参加した)ギル・ゴールドスタインが指揮するオーケストラにあわせてパットメセニーのギターやピアノが響く。 映画音楽らしく、FAMILY / 家族、HOME / 家、MEMORY / 記憶、ALONE / 孤独というタイトルの短めの曲が並びますから。一曲ごとではなくてトータルで聴いてくださいね

    3rdwind さん

    0
  • パット・メセニー初の全曲カヴァー・アルバム。 200...

    投稿日:2021/07/23

    パット・メセニー初の全曲カヴァー・アルバム。 2003年バリトンギターだけで作り上げた「One Quiet Night」以来の本格アコースティックアルバム。 オープニングはピカソギターの独特な音色で奏でるサイモン&ガーファンクル「サウンド・オブ・サイレンス」、ベンチャーズ「パイプライン」など馴染みの曲をピックアップしてます。ラストのビートルズ「アンド・アイ・ラヴ・ハー」、素直なアレンジなのに心に響く、なぜだろう。 オーバーダビングも施していないギターソロと言うのも驚きです。 第54回グラミー賞最優秀ニューエイジ・アルバム

    3rdwind さん

    0
  • Pat Methenyがバリトンギター(Linda Manzer製作)一...

    投稿日:2021/07/23

    Pat Methenyがバリトンギター(Linda Manzer製作)一本で自宅で録音したソロアルバムです。 3曲を除いてオリジナル曲。 カバーは、「ドント・ノー・ホワイ」(ノラ・ジョーンズがグラミー賞で8冠を制覇したジェシ・ハリスの曲)やキース・ジャレット初期の名曲「マイ・ソング」など。 プロデューサーはパット・メセニーと息のあったスティーヴ・ロドビー。だからかソロアルバムなのに独りぼっち感がないなぁと思う。 2004年にベストニューエイジアルバムのグラミー賞を受賞、ジャズのグラミー賞以外も獲得した。

    3rdwind さん

    0
  • パットメセニーに関しては振り幅が大きいから好きなア...

    投稿日:2021/07/22

    パットメセニーに関しては振り幅が大きいから好きなアルバムや年代が違うと思う。 わりとはじめの頃のパットメセニーグループを聴いて過ごした僕は、大好きな「80/81」の前後の、あの頃を彷彿させるアルバム。 (グループではなく)ユニティ・バンドと言うだけあって、バンド感がしっかり。 パット・メセニー(g)の他、クリス・ポッター(ts)、ベン・ウィリアムス(b)、アントニオ・サンチェス(ds)の四人。 力強いアルバムジャケット通りの引き締まったアルバム。

    3rdwind さん

    0
  • 「ユニティ・バンド」のメンバーを中心に行われたツア...

    投稿日:2021/07/22

    「ユニティ・バンド」のメンバーを中心に行われたツアーの内容をスタジオ・ライヴという形で再現したアルバム。 Pat Methenyに、Chris Potter、Ben Williams、Antonio Sanchez、そしてキーボードとしてGiulio Carmassi が参加。 やはりChris Potter のグイグイがいい感じです。 あと(渡辺貞夫さんとも演奏している)Ben Williamsもなんだかいいですよねー、やはり。 曲は「ユニティ・バンド」と『KIN(←→)』のレパートリーを中心ですが、「ソングX」のPolice Peopleや「80/81」のTwo Folk Songsの過去曲も生まれ変わって、またひとつの楽しみとなっているアルバムです。

    3rdwind さん

    0

既に投票済みです

ありがとうございました

%%message%%