CD

Memory Almost Full: 追憶の彼方に

Paul McCartney (ポール・マッカートニー)

基本情報

ジャンル
:
カタログNo
:
UCCO3001
組み枚数
:
1
:
日本
フォーマット
:
CD
追加情報
:
日本盤ボーナス・トラック収録

商品説明

大々的に報じられたPaul McCartneyの電撃的なレーベル移籍。なんと移籍先は世界的なコーヒー・チェーンである「Starbucks」が世界最大手の巨大インディペンデント・レーベルの「Concord Music Group」と共同で設立した新レーベル「Hear Music」!Paul McCartneyは同レーベルの記念すべき第1弾契約アーティストとして、通算21作目となるニュー・アルバム『Memory Almost Full』を発表します。アルバムのプロデューサーには、前作『Chaos And Creation In The Backyard』を除く2000年以降のPaul McCartneyの全作品=『Driving Rain』(2001年)、『Back In The Us - Live 2002』(2002年)、『Back In The World』(2003年) を手掛けたDavid Kahneが迎えられました。全曲Paul McCartneyによる書き下ろしでBeatles〜Wings時代を思い起こさせるポップ・ロック・ナンバーが満載とのこと。アルバムからのリード・シングルは“Dance Tonight”(シンプルかつカジュアルな中にもジェントルな深みを感じさせるオーガニックなサウンドだとか)なる楽曲が予定されており、そのヴィデオ・クリップは、BjorkやRolling Stones、Radiohead、White Stripesなどの作品を手掛けるMichel Gondry(ミシェル・ゴンドリー)が監督を務め、ハリウッド女優のNatalie Portman(ナタリー・ポートマン)が出演するそうです。

内容詳細

内省的な前作から一転、音の作り込みを果敢に行なった通算21作目。収録曲のうち、6曲は2003年に録られていたもの。スターバックスが設立した HEAR MUSICへの移籍が話題だが、彼のマジカルなポップ魂はまったく普遍。緻密ながらも清々しさを感じる快作だ。(結)(CDジャーナル データベースより)

収録曲   

Bonus Track

  • 01. ダンス・トゥナイト
  • 02. エヴァー・プレゼント・パスト
  • 03. シー・ユア・サンシャイン
  • 04. オンリー・ママ・ノウズ
  • 05. ユー・テル・ミー
  • 06. ミスター・ベラミー
  • 07. グラティチュード
  • 08. ヴィンテージ・クローズ
  • 09. ザット・ワズ・ミー
  • 10. フィート・イン・ザ・クラウズ
  • 11. ハウス・オブ・ワックス
  • 12. ジ・エンド・オブ・ジ・エンド
  • 13. ノド・ユア・ヘッド
  • 14. ホワイ・ソー・ブルー(日本盤ボーナス・トラック)

総合評価

★
★
★
★
★

4.5

★
★
★
★
★
 
31
★
★
★
★
☆
 
7
★
★
★
☆
☆
 
7
★
★
☆
☆
☆
 
3
★
☆
☆
☆
☆
 
1
★
★
★
★
★
フラワー〜以来の御大が、突然繰り出した会...

投稿日:2013/11/25 (月)

フラワー〜以来の御大が、突然繰り出した会心の一撃です。

だいはや さん | 神奈川県 | 不明

0
★
★
★
★
★
第一に「余裕」を感じます。たまたま店で紹...

投稿日:2008/12/04 (木)

第一に「余裕」を感じます。たまたま店で紹介されたマンドリンでシングルを1曲作ってみましたなんてシャレてるじゃあないですか。アルバム全体からもあせりのようなものは全く感じません。(Off The Groundの時はちょっと感じましたが) それはそうと困るのはボーナストラックと変形ジャケ集です。ボーナス曲のどれもひとっつもいいと思わないし、角がおり曲がったジャケがいったい何?なのにLPやアナログシングルを含め全種類買ってしまいましたよ。こんな自分ってなんて弱くてまぬけなんだろと思います。Paul様、今後は、楽曲だけで勝負してネ。

Shinzy さん | 信州の館 | 不明

0
★
★
★
★
☆
メロディが枯れてない。まだ彼の頭には人を...

投稿日:2008/04/24 (木)

メロディが枯れてない。まだ彼の頭には人を魅了するメロディが鳴り続けてるらしい。そろそろ次の作品も完成するかな?

epitaph さん | 東京 | 不明

0

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

Paul McCartney

ポール・マッカートニーを形容する言葉としてぴったりくるものは何だろう?元ビートルズ。親しみ易く普遍的なスタンダード・ナンバーを幾つも作った稀代のメロディ・メイカー。あるいは無類のロックンロール好き。英国出身のミュージシャン中でも最高峰のセレブリティ(サーの称号すら持つ)…いやいずれも当たりではあるのだが、どこか物足りない気がする…

プロフィール詳細へ

Paul McCartneyに関連するトピックス

おすすめの商品