CD 輸入盤(国内盤仕様)

Live At Webster Hall, New York 2004

Prince (プリンス)

基本情報

ジャンル
:
カタログNo
:
VSCD4180
組み枚数
:
1
レーベル
:
:
Japan (国内盤仕様)
フォーマット
:
CD
その他
:
輸入盤

商品説明

デビュー以来長らく在籍したワーナーと決別し、自身のレーベルNPGに軸足を置くようになってから久々の大ヒットとなったアルバム『Musicology』(2004年)の発売日に、お披露目的に行ったショウケース・ライヴ!

ニューヨークの比較的小ぶりなホールで、お客さんとの距離も極めて近く、演奏時間は短いながらも、非常にフレンドリーな空気の中、リラックスしたステージとなった。2004年はプリンス史上最も多くのライヴが行われた年で、カヴァー曲なども多く取り入れながらという珍しいセットリストは、このライヴにも反映されており、特に、プリンス1人でのアコギの弾き語りのパートは評判になった。また、サックスにはメイシオ・パーカーとキャンディ・ダルファーが参加。これまでのショーアップされたプリンスとはまた違った姿が楽しめる。

2000年代のプリンスといえば、2002年の”One Nite Alone…”でのシックでジャジーな姿が思い出されるが、2004年もまたこのスタイルを踏襲。99年頃から参加する女性ベーシストのロンダ・スミスを筆頭に、ジョン・ブラックウェル(ds)、レナート・ネイト(keys)、グレッグ・ボイヤー(tp)といったメンバーを中心に、これまではゲスト的な扱いだったメイシオ・パーカーとキャンディ・ダルファーというサックスのスター・プレイヤーがレギュラー・メンバーとして定着。『Musicology』のレコーディングは演奏もプリンスが1人で行っているが、この時のライヴ・メンバーも一部の曲に参加。また、アルバムリリース前の2月24日にはさらに小規模の新曲お披露目演奏を行なっており、このショウケースはそれに続くもので、プリンスの『Musicology』への思い入れが窺える。ホーンズをフィーチャーした新曲のほか、代表曲の「Kiss」もジャズ・ファンクなスタイルでプレイ。ルーファス&チャカ・カーンの名曲「Sweet Thing」をお客さんに歌わせてみたり、アイク&ティナ・ターナーの「Proud Mary」をジョークのように弾き出したりと、かつてないほどサービス精神旺盛なプリンスの姿は貴重だ。

(メーカー・インフォメーションより)

内容詳細

2004年のアルバム『ミュージコロジー』の発売日にお披露目的に行なわれたショウケース・ライヴを収録。小ぶりなホールでの、非常にフレンドリーな空気感のリラックスしたステージが印象的。特にプリンス一人でのアコギ弾き語りのパートは聴きものだ。(CDジャーナル データベースより)

収録曲   

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

Prince

80年代から音楽の歴史をことごとく覆してきた孤高の天才、プリンス。全ての楽器を自分で演奏し、アレンジ、プロデュースまでこなすマルチ・アーティストの先駆けとしても知られる。

プロフィール詳細へ

Princeに関連するトピックス

ソウル/ファンク に関連する商品情報

おすすめの商品