ファニーフィンガーズ ラファティ・ベスト・コレクション 2 ハヤカワ文庫SF

R・a・ラファティ

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784150123499
ISBN 10 : 4150123497
フォーマット
出版社
発行年月
2021年12月
日本
共著・訳者・掲載人物など
:
追加情報
:
544p;16

内容詳細

鉄からなんでも生み出す少女、オーリャド・ファニーフィンガーズ。やがて彼女にボーイフレンドができるが…。愛らしくもせつない「ファニーフィンガーズ」、“ベンガル・タイガー団”を率いる少女カーナディンが殺人事件で驚くべき推理を披露する「恐るべき子供たち」、笛を吹くと舞い降りてくる奇妙な月で遊んだ遠い日々を想う「昔には帰れない」など、キュートで謎めいた物語全20篇を収めたベスト・オブ・ベスト第二弾。

【著者紹介】
R・A・ラファティ : 1914年米国アイオワ州の生まれ。電気技師を経て、1959年、44歳の時にデビュー。ユーモアと幻想の入り混じった不思議な短篇で注目を集める。1968年にはじめて長篇を、それも立て続けに3冊発表。1972年には短篇「素顔のユリーマ」でヒューゴー賞を受賞した。2002年死去

牧眞司 : 1959年生、東京理科大学卒、SF研究家・文芸評論家(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • ネコベス さん

    シュールで奇想天外な短編二十篇を収録したラファティ傑作選二作目。著者独特の風変わりなホラ話の数々が摩訶不思議な世界観とユニークなキャラクターによって訳の分からない魅力を放っている。「超絶の虎」「七日間の恐怖」「浜辺にて」「一期一宴」が良かった。

  • ふりや さん

    牧眞司さん編纂のベストコレクション第二弾。テーマは「カワイイ篇」魅力的で個性的なキャラクターたちが活躍するキュートで奇想天外でドタバタな物語を20篇収録。鉄からなんでも生み出す少女、間の抜けた天才発明家、ひと晩のうちに億万長者とホームレスを経験する男などなど、クセのある登場人物たちが実に愛らしい。浅倉久志さんや伊藤典夫さんの訳文も素晴らしいです。印象に残ったのは、『ファニーフィンガーズ』『恐るべき子供たち』『公明にして正大』『昔には帰れない』『スロー・チューズデー・ナイト』『九百人のお祖母さん』など。

  • スターライト さん

    ラファティ・ベスト・コレクション第2巻は、表題作など計20篇収録。ラファティの作品は、突拍子もない冒頭に始まり、予想のつかない展開、人を喰ったようなエピソードをはらみつつ、結末へと収束していく印象がある。さりげなく散りばめられた言葉には、ユーモラスなストーリイに一見そぐわないラファティ自身の関心の深さ、知識の奥深さを感じてしまうのは僕だけではあるまい。お気に入りは「せまい谷」「うちの町内」「一期一宴」あたりか。

  • ふみふみ さん

    ラファティの饒舌でタガの外れたホラ話スタイルは読みやすいのですが(翻訳者に依る部分も大)、地域性、民族、宗教・神話などのコノテーションに疎遠な私にはかなり異質、シュールで結局なんだかよく分からないという印象に終わることも多いです。表題作などはその典型例でしょうか。よって個人的な好みとしては奇想天外なアイデアとクレイジーさが秀逸な「日のあたるジニー」「せまい谷」、次が「公明にして正大」「みにくい海」「浜辺にて」になります。

  • garth さん

    「人間は、一度にたった一日の人生を生きるべきなのだ」あらためて「九百人のお祖母ちゃん」の語り口の上手さに舌を巻いた。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

文芸 に関連する商品情報

おすすめの商品