町かどの穴 ラファティ・ベスト・コレクション 1 ハヤカワ文庫SF

R・a・ラファティ

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784150123420
ISBN 10 : 415012342X
フォーマット
出版社
発行年月
2021年10月
日本
共著・訳者・掲載人物など
:
追加情報
:
549p;16

内容詳細

町かどにあいた大きな穴のせいでもうひとりの自分が多数発生してしまう事件の顛末を描く「町かどの穴」、惑星調査隊が直面したあらゆるものを盗む天才エイリアン“どろぼう熊”をめぐる悪夢「どろぼう熊の惑星」、考古学者たちがいつも“つづく”で終わる奇妙な絵文字が刻まれた石の謎に取り憑かれる「つぎの岩につづく」など、伝説の作家ラファティによる不思議で奇妙な物語全19篇を精選したベスト・オブ・ベスト第一弾。

【著者紹介】
R・A・ラファティ : 1914年米国アイオワ州の生まれ。電気技師を経て、1959年、44歳の時にデビュー。ユーモアと幻想の入り混じった不思議な短篇で注目を集める。1968年にはじめて長篇を、それも立て続けに3冊発表。1972年には短篇「素顔のユリーマ」でヒューゴー賞を受賞した。2002年死去

牧眞司 : 1959年生、東京理科大学卒、SF研究家・文芸評論家(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • ふみふみ さん

    冒頭の「町角の穴」から「世界の蝶番はうめく」までのクレイジー度が飛び抜けてます。一体どこからこんな発想が出てくるのでしょうか、全くもって想像できません。他、「つぎの岩につづく」も強烈でした。編者あとがきでブラックリアリズムとの共通点が指摘されてますが、私も同様の印象を持ちました。SFという分野でカテゴライズされる作家ではないですね、R.A.ラファティ。

  • ふりや さん

    牧眞司さん編纂のベストコレクション第一弾。テーマは「アヤシイ篇」奇想天外で摩訶不思議、ユーモアからシリアス、ホラーまで、なんでもアリのラファテイ節を浅倉久志さんや伊藤典夫さんの名訳で堪能できます。2〜30ページの作品が19篇収録されており、空いた時間や寝る前に少しずつ読むのにも良さそうです。第二弾「カワイイ篇」も刊行予定とのことで、そちらも楽しみです。印象に残ったのは、『町かどの穴』『どろぼう熊の惑星』『秘密の鰐について』『その町の名は?』『われらかくシャルルマーニュを悩ませり』『つぎの岩につづく』など。

  • イツキ さん

    軽快な語り口とユニークで時々グロテスクな描写が印象的で読みやすい文章とは裏腹に世界観はなかなかに難解でしたが、そのギャップが魅力の一つにも感じました。時間も世界も不変的なものではなくいつ壊れてもおかしくないのだと思わされる物語が多いのも印象的でした。

  • garth さん

    「もしこれらの疑問を一つにまとめることができたなら、彼は連結式の天才だ」「それとも偏屈型の道化師かな」「《偉大な日》明ける」の絶望について考えてしまう。「世界形成者(デミウルゴス)テイヤールの聖なる姿が祭壇に下っていた。右手にはマクルーハン、左手にはマッゴニガルを従えている」

  • クロノ さん

    表題作の町かどの穴のインパクトがすごかった。他はどろぼう熊の惑星、山上の蛙、今年の新人、いなかった男、その町の名は?、われらかくシャルルマーニュを悩ませり、<偉大な日>明ける、が面白かった。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

文芸 に関連する商品情報

おすすめの商品