CD

Live At The Olympia

R.E.M. (アールイーエム)

基本情報

ジャンル
:
カタログNo
:
WPCR13713
組み枚数
:
2
レーベル
:
:
日本
フォーマット
:
CD
その他
:
ライブ盤

内容詳細

前作『アクセラレイト』(2008年)制作前の肩慣らしとして、2007年にダブリンの小さな劇場で行なったライヴを収めた2枚組。初期のナンバーが多く演奏されているのも嬉しいが、何よりもバンドとしての躍動感や現場の臨場感をダイレクトに感じられるのが一番のポイント。ファン必聴の傑作ライヴ。(達)(CDジャーナル データベースより)

収録曲   

ユーザーレビュー

総合評価

★
★
★
★
★

4.5

★
★
★
★
★
 
1
★
★
★
★
☆
 
1
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0
★
★
★
★
★
90年代はメジャー級。00年代は少し難解...

投稿日:2010/02/08 (月)

90年代はメジャー級。00年代は少し難解な方面に行ってましたかねー。そこで前作のAccelerateで原点回帰。このライブもギター全体のシンプル路線でGoodです!

carry on さん | 愛知県 | 不明

2
★
★
★
★
☆
マニア向けですな。IRS時代を知っている私...

投稿日:2010/01/12 (火)

マニア向けですな。IRS時代を知っている私はかなり楽しみました。 去年リリースされた「アクセレイト」は原点に戻ったアルバムであることがよくわかります。 今後の活動が楽しみです。

yossy-k さん | 兵庫県 | 不明

1

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

R.E.M.

売れているもの=かっこ悪いもの、という80年代を経て、90年代のオルタナ・バンド達には意識の変化が生じた。その影で暗躍したのがREMだったということも言えるかもしれない。世界最大のカルト・バンドだったドキュメントまでのREMは、その後メジャーのワーナーと契約し、「転向」を経ることなく(自分達らしいスタイル、アティチュードを崩すことなく)素晴らしい音楽を作り続けている。

プロフィール詳細へ

R.E.M.に関連するトピックス

おすすめの商品