RCサクセション

RCサクセション レビュー一覧 4ページ目

RCサクセション | レビュー一覧 | CD、DVD、ブルーレイ(BD)、ゲーム、グッズなどを取り扱う【HMV&BOOKS online】では、コンビニ受け取り送料無料!国内最大級のECサイトです!いずれも、Pontaポイント利用可能!お得なキャンペーンや限定特典アイテムも多数!支払い方法、配送方法もいろいろ選べ、非常に便利です!

商品ユーザーレビュー

277件
並べ替え: 新着順| 共感数の多い順| 評価の高い順
  • スローバラードはじめ、秋から冬を感じさせる名曲が印...

    投稿日:2021/05/01

    スローバラードはじめ、秋から冬を感じさせる名曲が印象的です。フォーク、ロック、プログレ、パンクなどまで清志郎の幅広い音楽性を飲み込む力が感じられます。プロデューサーの星勝とともに作り上げた名作です。

    watatak さん

    0
  • LPで所持していたが名盤の完全版としてネイキッドが発...

    投稿日:2021/04/28

    LPで所持していたが名盤の完全版としてネイキッドが発売ということで購入。そうこうしてたらデラックスエディションだと!?

    UG さん

    0
  • 「トランジスタ・ラジオ」にボーナス・トラックの「雨あ...

    投稿日:2021/04/28

    「トランジスタ・ラジオ」にボーナス・トラックの「雨あがりの夜空に」が追加。最強でしょ! オリジナル・アルバムの流れは崩してしまうが...

    UG さん

    0
  • このアルバムが自分にとってはRCで一番。 「Johnny Bl...

    投稿日:2021/04/28

    このアルバムが自分にとってはRCで一番。 「Johnny Blue」「あの娘のレター」がお気に入り。

    UG さん

    0
  • 言うまでもなく、RCの活動休止直前期の映像だけあり...

    投稿日:2021/03/20

    言うまでもなく、RCの活動休止直前期の映像だけあり、80年代初頭の映像に比べると圧倒的に綺麗。5〜7曲目に72年の映像が混じることはライナーにも書かれており、一つの見どころになっている。その他、「スローバラード」の曲前の語りと「雨あがりの夜空に」では80年代の映像が2種類以上混じっており、RCの変遷がそれらを通して垣間見える。80年代初頭に比べると全体的に落ち着いてしまっている感は否めないが、「ぼくの自転車のうしろに乗りなよ」や「シュー」といった初期の曲の演奏は素晴らしい。また、ライブ終了後の映像に出てくる20代位のファン達は、30年を経た今どうしているのだろうかと、ふと思った。RC、清志郎関連が最高の映像作品とは言えないものの、一見の価値のある良作映像作品。

    iron3K さん |40代

    0
  • オリジナルの変形ジャケットとステッカーが再現されて...

    投稿日:2020/11/28

    オリジナルの変形ジャケットとステッカーが再現されてます

    sky2011 さん |50代

    0
  • マリコが入ってない…

    投稿日:2020/01/28

    マリコが入ってない…

    facestones さん

    3
  • 歌詞は非常に過激ではあるものの、RCサクセション本来...

    投稿日:2018/03/18

    歌詞は非常に過激ではあるものの、RCサクセション本来のロックンロールを十分に楽しめる作品といえるだろう。歌詞も、忌野清志郎氏の、心の叫びを訴えているかのように、現実味があって、感情移入してしまう。それは、攻撃的なようでいて、人に対する思いやりも感じられる。時代は昭和から、平成、おそらくは来年から年号が変わるだろうが、時代がたとえ変わっても、日本の本来あるべき姿、ロックンロールをぶれないでくれと、歌詞にぶつけていると思える。 歌詞だけでなく、一曲一曲を、大事に聴きたい作品だといえる。つまり、この作品は、世に出るべき作品だったのだろう。本当のロックを、このアルバムで感じていただきたい。

    侍 さん

    1
  • 新しく出てもベスト盤ばかりなのでこういうのを待って...

    投稿日:2016/10/13

    新しく出てもベスト盤ばかりなのでこういうのを待っていました。3人時代のRCも大好きだしYouTubeではない良い音で聴けるのが嬉しい!ワクワクします。音のサンプルはないようですが早く聴きたいです。

    ラーラーラララ さん

    3
  • ダメなのは小鐡徹のカッティングである。名匠といわれ...

    投稿日:2016/01/19

    ダメなのは小鐡徹のカッティングである。名匠といわれる小鐡徹も年をとり耳が衰えて高音が聞え難くなったのか、高音部がキツ過ぎるのである。小生が所有している小鐡徹カッティングのアナログ盤では、EMIのブルーノートシリーズ、最近では山下達郎のメロディーズ、BIG WAVE等、全て高音部がキツ過ぎて聴き辛いのである。高校時代に買ったこのLPのほうが比べ物にならないほど音質的によい。以前のLPを持っていてリマスタリングに魅かれてこのアルバムを購入するなら個人的にはあまりお勧めできない。※当たり前の事だがアルバムとしては五つ星であるが、音質的には星一つである。

    ゆーほりっく さん

    0

既に投票済みです

ありがとうございました

%%message%%