すぐに使える!税務の英文メール

Sam Reeves

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784502234118
ISBN 10 : 4502234117
フォーマット
出版社
発行年月
2017年11月
日本
共著・訳者・掲載人物など
:
追加情報
:
280p;21

内容詳細

かつては、税務に関する業務で英語を日常的に使うのは、一部の国際的な事務所や、外資系企業、グローバル企業に限られていました。しかし、今やボーダレス化。自分の会社やクライアントが海外進出したり、会社が海外企業に買収され、一夜にして外資系企業になったりすることも頻繁にあります。それに伴い、税務担当者が英語でコミュニケーションをとらなければならない場面も非常に増えています。本書では、「税務関連の英文メールを書かなければいけないけど、うまく書くことができない…」という方のために、英文メールの基本的な例文や留意点から、税務に関するさまざまな場面で使う英文例まで紹介しています。英語での法人税法・条文番号の書き方や、税額計算表の作成例、申告書の英訳例や税務特有の単語、さらにクライアントへの請求書や見積書のサンプルなど、実務で役立つ付録も満載です。

目次 : 第1章 税務+英語の必要性/ 第2章 英文メールの基本/ 第3章 海外親法人等とのやりとり/ 第4章 海外子法人等とのやりとり/ 第5章 消費税に関するやりとり/ 第6章 移転価格税制に関するやりとり/ 第7章 日本居住外国人の税務に関するやりとり

【著者紹介】
サム」・リーブス : デロイトトーマツ税理士法人ディレクター。タックスマネジメント・IT関連のサービスに15年以上、そのうちほぼ半分を日本とシンガポールにて従事。UK出身、UKノッティンガム大学コンピューターサイエンス学部卒業。UKのcertified tax practitioner及びproject management試験合格者

中島礼子 : 税理士。1998年〜2015年デロイトトーマツ税理士法人に勤務(当時は勝島敏明税理士事務所、税理法人トーマツ)。この間、M&A、グループ内組織再編成を中心とする総合税務サービスに従事

小林誠 : デロイトトーマツ税理士法人税理士。2006年慶応義塾大学総合政策学部卒業。2010年税理士登録。外資系証券会社での勤務を経て、2009年デロイトトーマツ税理士法人へ入所。2017年6月よりDeloitte Tax LLP.ニューヨークオフィスへ出向中(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

ビジネス・経済 に関連する商品情報

おすすめの商品