CD

Folklore

Taylor Swift (テイラー・スウィフト)

基本情報

ジャンル
:
カタログNo
:
UICU1321
組み枚数
:
1
:
日本
フォーマット
:
CD
その他
:
通常盤

商品説明

空想と過去、そして記憶の中へ。
あふれ出る思いつき、夢、不安、物思いを紡いだ8枚目のオリジナル・アルバム!


全米・全英チャート1位を獲得した前作『ラヴァー』から1年も待たずにサプライズ・リリースされた最新アルバム。この緊急リリースにテイラーは、“この夏に私が計画していたほとんどの事は、結局のところ実現しなかった。でも、計画していなかった事ができた。それがこの8枚目のスタジオ・アルバム『フォークロア』。今年までは新しい音楽をリリースする完璧なタイミングを考えすぎていたと思う。でも、私たちが生きているこの時代は何も保証されていないんだ、とあらためて思い知らされた今、自分が好きな作品を作り出せたのなら、とにかく世に送り出してしまおうと心の底から思えた”とコメントしている。

プロデューサーにアーロン・デスナー(ザ・ナショナル)、ジャック・アントノフを迎え、ボン・イヴェールもゲスト参加。最新シングル「カーディガン」収録。「カーディガン」のミュージック・ビデオは、医療検査官の指導の下で全員マスク着用、ソーシャル・ディスタンスを守り、テイラー自身も自分でヘアメイク、スタイリングを行って撮影された。


(メーカーインフォメーションより)

内容詳細

全米・英1位を記録した前作より1年足らずでサプライズ・リリースされた通算8作目。アーロン・デスナー(ザ・ナショナル)とジャック・アントノフをプロデューサーに迎え、ボン・イヴェールをフィーチャーした「エグザイル」など17曲を収録している。(CDジャーナル データベースより)

収録曲   

総合評価

★
★
★
★
★

5.0

★
★
★
★
★
 
3
★
★
★
★
☆
 
1
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0
★
★
★
★
★
歌であると同時に語りを聴いているようなア...

投稿日:2021/03/21 (日)

歌であると同時に語りを聴いているようなアルバムです。音は癒し系だなと思って歌詞の対訳を読んでみると様々な苦悩が描かれていて、テイラー・スウィフトぐらい頂点を極めるとそれに対応するだけの「負」を伴うのかなと、先日読んだ「ああ正負の法則」(美輪明宏)に照らし合わせて思いました。 先に書いたように音自体は癒し系で、もちろん音楽として楽しむことが出来ました。

さまざん さん | 埼玉県 | 不明

0
★
★
★
★
☆
素朴なカントリー・フォークシンガーのイメ...

投稿日:2021/03/05 (金)

素朴なカントリー・フォークシンガーのイメージがあったので、静かに聞けそうな第1作から3作目まではCDを買いましたが、それ以降はうるさ目なポップになって年寄りには付いていけないのでファンを脱退しました。 雑誌の評価を見てこのCDを買いましたがなかなか良くできており、久し振りに落ち着いて繰り返し聞く事が出来ました。ただ、明らかに「ボン・イヴェール」、お決まりのDuet、以前聞いたことのあるフレーズが随所で出てくるなど少々引っ掛かるところがあります。 時間をおいて、アフリカや南米の音楽などを研究し、もう少し音楽の幅を広げたら年齢相応のBIGになれるように思います。 保守的な地域で生まれ育ったせいか珍しく政治的な発言をしないアーチストでしたが、最近はようやく意見を言うようになったようでその面でも今後は楽しみです。

yukidaruma さん | 不明 | 不明

1
★
★
★
★
★
創作意欲満々?な彼女が突如発表したアルバ...

投稿日:2021/03/03 (水)

創作意欲満々?な彼女が突如発表したアルバムのひとつです。全体的に癒される落ち着いた曲調のものが多く、疲れが酷い時に聴くと心地良いです。反感を買うのを承知で言ってしまうならば、どこかで聴いたことのあるメロディが散見されるところでしょうか。あるあるなので、深く言及はしませんが。

ネギタマ さん | 広島県 | 不明

1

Taylor Swiftに関連するトピックス

おすすめの商品