Tchaikovsky / Rachmaninov

Tchaikovsky / Rachmaninov

Tchaikovsky / Rachmaninov | CD、DVD、ブルーレイ(BD)、ゲーム、グッズなどを取り扱う【HMV&BOOKS online】では、コンビニ受け取り送料無料!国内最大級のECサイトです!いずれも、Pontaポイント利用可能!お得なキャンペーンや限定特典アイテムも多数!支払い方法、配送方法もいろいろ選べ、非常に便利です!

商品ユーザーレビュー

104件

すべてのユーザーレビューを見る(104件)

  • 辻井と佐渡との共演ディスクは2008年のラフマニノフ・...

    投稿日:2011/05/03

    辻井と佐渡との共演ディスクは2008年のラフマニノフ・ピアノ協奏曲以来ですね。佐渡がバックをつとめての協奏曲演奏は2002年ラムルーOとの共演からスタートし二人の深い信頼関係は演奏上の阿吽呼吸を双方心得たものとなってはおりますが彼らの登場以来思っていることは辻井の能力・努力の大きさと佐渡の包み込む様なアプローの素晴らしさです。さて、本盤は昨年、2010年佐渡(49歳頃)がBBCPOを振っての名曲チャイコフスキー・ピアノ協奏曲でその前年国際ピアノコンクールで優勝した辻井は22歳・・・若いですね。演奏タイムとしては@20’17A6’59B7’06とタイム上は目立った特徴は各楽章ありません。第1楽章出だしはそうクセ無くスタートしましたがしばらく経ての箇所でもう少し明確さというか意志・主張が欲しいとは思いました。やがてピアノ・ソロ部分は聴き覚えにしても大したものですね・・・。バックの弦が少し波つけてからの沈静後、そのおさまりを長くゆっくり目にした処では表情の単調化具合が好みの別れる点でしょう。しばらく(曲で)大人しかった演奏は後半スピードアップし情的にも元気になりますが決して土俗性にはおちずあくまでマイルド。カデンツァを聴いて私は又先ほどの感心が再びもたげてきました・・・スゴイ!。最後フィナーレはゆったり堂々と終わります。第2楽章細やかなニュアンスを大切に・・・ただ生ぬるさを感じる方もおられるでしょう、シーン替わった展開部も穏やかです。最終楽章、初めは少し速めで素直な進め方、表情にもう一ひねり欲しい処もありますが次第に最後の方に向かって盛り上げて行きます。そして一呼吸置いて〆で踏みしめる様に堂々たるクロージングです。全体素直な感じでの演奏であります。一方ラフマニノフの方は先述の国際コンクール優勝受賞の約1年前2008年5月に収録されたコンクール演奏曲目であります。バックは佐渡/オーケストラDSOBであり演奏タイムは@11’11A11’20B11’58であります。辻井の独特の細やかな神経の行き渡った音色と佐渡のそれを包み込むようなサポートが聴きものですね。彼らは大きく呼吸をとってこの曲の「音の洪水」に埋没する事なく展開して行き新鮮な息吹をこのポピュラーなラフマニノフ第2ピアノコンツェルトに加えたようです。佐渡はTV番組「題名のない音楽界」で親しみのある関西訛りのホストぶりを発揮しており辻井とは随分以前から共演などをして分け隔てのない人柄や私の地元で2002年から兵庫県芸術文化協会の芸術監督を受け持つなど身近な指揮者です。フルートを吹く佐渡はやはり吹奏楽に一連の収録も多く彼の熱っぽい馬力ある演奏はしばしばそれだけに終わってしまうケースもあるにはあるのですが最近は違った切り口も垣間見せるように聴こえる時もありとにかく頑張って欲しい演奏家の一人です。国際コンクール優勝の折の辻井の記者会見の時の見事な凛とした受け答えも印象に残り今後も心と技を磨いていって欲しいものです。なお、他の収録曲「パピヨン」(タイム12’42)等は聴いておりません。(タイムについては盤により多少異なる場合があります。)

    一人のクラシックオールドファン さん

    0
  • 素晴らしい演奏!素晴らしい音質!そして、あり得ない...

    投稿日:2010/02/21

    素晴らしい演奏!素晴らしい音質!そして、あり得ない録音ポジション!この3点に尽きます。左にヴァイオリン、右にチェロ、後ろからピアノが聞こえ、まるでトリオの真ん中にいる感覚にとらわれます。でも、これってあり得ないですよね。後半はボーナストラックとして、同じ演奏が録音ポジションを次々変えて(Moving Real Surround Soundと表示しています)収録されています。室内楽のサラウンド録音は、ライヴを除きどうしても収録が無人の場所であることを意識せざるを得ないものが多いので、それを嫌ってこのようなマイク配置での録音となったのでしょうか。このマイク配置(TACETのサラウンド録音はすべてこの様な、演奏者に囲まれる配置)を、肯定的に取るか、否定的に取るかで評価が大きく変わるでしょう。私は、大変面白く思いましたが。

    THUD さん |50代

    0
  • 本盤には、リヒテルによるラフマニノフのピアノ協奏曲...

    投稿日:2011/06/20

    本盤には、リヒテルによるラフマニノフのピアノ協奏曲第2番とチャイコフスキーのピアノ協奏曲第1番がおさめられている。このうち、ラフマニノフについては、初CD化の際には、プロコフィエフのピアノ協奏曲第3番とのカプリングであったと記憶している。というのも、バックが同じヴィスロツキ&ワルシャワ・フィルであるからであり、協奏曲の演奏はピアニストだけでなく、指揮者やオーケストラがあってこそ成り立つことに鑑みれば、いくら人気曲どうしのカプリングとは言え、本盤のようなカプリングについては若干の疑問を感じざるを得ないことを冒頭に付記しておきたい。演奏については、何と言ってもラフマニノフがダントツの超名演だ。今から50年以上も前の録音ではあるが、現在でも同曲演奏史上最高峰の名演の地位を譲っていないのは驚異的ですらある。本演奏では、とにかくリヒテルのピアノが素晴らしい。同曲はロシア風のメランコリックな抒情に満ち溢れた名旋律に彩られた楽曲であるが、リヒテルは豊かな情感を湛えつつ、いささかも哀嘆調には陥らず常に格調の高い演奏を繰り広げていると言える。超絶的な技量は当然のことであるが、強靭な打鍵から繊細なピアニッシモに至るまで表現力の幅は桁外れに広い。スケールも極めて雄大であり、その巨木のような雄渾さはあたかも悠久の大地ロシアを思わせるほどだ。ヴィスロツキ&ワルシャワ・フィルの演奏も、いささかも華美に走らない飾り気のない演奏を展開しているが、その質実剛健とも言うべき名演奏は、リヒテルの素晴らしいピアノを引き立てるのに大きく貢献しているのを忘れてはならない。他方、チャイコフスキーについては、ラフマニノフのように同曲演奏史上最高の名演とまでは言い難いが、それでも名演との評価をするのにいささかの躊躇をするものではない。指揮はカラヤンであり、オーケストラはウィーン交響楽団。ベルリン・フィルではないのは残念であるが、これは契約の関係で致し方がなかったのかもしれない。いずれにしても、これは典型的な競争曲になっていると言える。リヒテルとカラヤンというとてつもない大物芸術家どうしが火花を散らし合う演奏。絢爛豪華なチャイコフスキーのピアノ協奏曲第1番だけに、実にスリリングで面白く聴くことが可能であると言える。カラヤンは、本盤のリヒテルのほか、ワイセンベルク、ベルマン、キーシンとともに同曲を録音しているが、ピアニストと対等な立場でいわゆる協奏曲の醍醐味とも評価し得る競争的な演奏を繰り広げたのは本演奏だけであったと言えるだろう。録音は、従来盤ではチャイコフスキーは比較的満足できる音質であったが、ラフマニノフはやや不満が残る音質であった。その後、SHM−CD盤が発売された際には、ラフマニノフもかなり音質改善がなされ、比較的満足できる音質になった。しかしながら、現在ではSHM−CD盤は入手難である。とりわけ、ラフマニノフについては同曲演奏史上最高の名演であり、今後SHM−CD盤の再発売、更には、シングルレイヤーによるSACD&SHM−CD盤での発売など、更なる高音質化を大いに望みたいと考える。

    つよしくん さん |40代

    5

既に投票済みです

ありがとうございました

チケット情報

現在、Tchaikovsky / Rachmaninovのチケットはありません。
お気に入り登録
することで最新情報をお届します。

%%message%%