CD

EMI STUDIO Sessions '64-'65

The Beatles (ザ・ビートルズ)

基本情報

ジャンル
:
カタログNo
:
EGDR0022
組み枚数
:
1
レーベル
:
:
日本
フォーマット
:
CD

商品説明

★ビートルズ、ワンデイ・セッション・シリーズ、1964年・秋〜1965年・春!
★何テイクも録音を試みるビートルズのスタジオ・ワークを聴け!
★「I Feel Fine」、「HELP !」など現存する全テイク収録

1964年、サード・アルバム『ア・ハード・デイズ・ナイト』を発表し、映画とともに、ビッグセールスを記録。大規模な米国ツアーと英国ツアーに臨みながらも、年間2枚のアルバムとシングルと、レコード製作にも追われたビートルズ。好評のEternal Groovesのビートルズ、全セッション音源解明集の第4弾は、次回作『ビートルズ・フォー・セール』に先駆け発売する、シングル「アイ・フィール・ファイン」の1964年・秋のセッションから、1965年リリースのアルバム『ヘルプ!』のためのレコーディング・セッションを収録しています。

全米ツアー後の1964年10月8日にシングルB面「シーズ・ア・ウーマン」を録音(前作EGDR-0021に収録)を録音し、その10日後の10月18日に取り組んだのは「アイ・フィール・ファイン」。ジョンが、この印象的なギターリフを思いついたのが10月6日。偶然起こったギターのフィードバック音をイントロに使うことを思い立ち、テイク1から、フィードバックを人為的に起こして録音を始める様子が聴ける。テイク1から5まではジョンのシングルトラックのボーカルが、まだリバーブ処理もなく驚くほどクリアな音質でとらえられていて圧倒的だ。リズムパターンの参考にしたというレイ・チャールズの「What'd I Say」風のドラムは、テイク7から登場する。

翌1965年になると、まずはシングル「チケット・トゥ・ライド」の録音が始まり、B面用の「イエス・イット・イズ」の2月16日の録音テイクが、たっぷり発掘されている。ジョンがJ-160Eを鳴らしながらの仮歌に、ジョージがヴォリュームペダル奏法でフォロー。ジョンは途中からクラシックギターに持ち替え、この美しい曲がテイクを重ね完成していきます。
そして4月13日の「ヘルプ!」はテイク1からテイク12まで、何度もトライする様子が聴けます。

当時の状況、エピソード、曲目などの日本語ライナーノーツ。

【収録曲】
18th October 1964 - EMI Studio 2, London - 2:30PM-11:30 PM
1. I Feel Fine (take 1)
2. I Feel Fine (take 2)
3. I Feel Fine (take 5)
4. I Feel Fine (take 6)
5. I Feel Fine (take 7 / take 9)

15th February 1965 - EMI Studio 2, London - 2:30PM-5:45 PM
6. Ticket To Ride (take 2/ Long Version)

16th February 1965 - EMI Studio 2, London - 5:30PM-10:00 PM
7. Yes It Is (take 1)
8. Yes It Is (take 2)
9. Yes It Is (take 3-4)
10. Yes It Is (take 5-6)
11. Yes It Is (take 7)
12. Yes It Is (take 8)
13. Yes It Is (take 9)
14. Yes It Is (take 10-11)
15. Yes It Is (take 14)

18th February 1965 - EMI Studio 2, London - 11:00-12:00 noon
16. If You've Got Trouble (outtake)

20th February 1965 - EMI Studio 2, London - 12:00 noon-5:15 PM
17. That Means A Lot (take 1)
18. That Means A Lot (take 2)

30th March 1965 - EMI Studio 2, London - 7:00PM -10:00 PM
19. That Means A Lot (take 20-21)
20. That Means A Lot (take 23)
21. That Means A Lot (take 24)
22. That Means A Lot (test take)
23. That Means A Lot (Original Mono Mix)

13th April 1965 - EMI Studio 2, London – 7:00PM -11:15 PM
24. Help! (take 1)
25. Help! (take 2)
26. Help! (take 3)
27. Help! (take 4 / chat only)
28. Help! (take 5)
29. Help! (take 6)
30. Help! (take 7)
31. Help! (take 8)
32. Help! (take 9)
33. Help! (take 10)
34. Help! (take 11)
35. Help! (take 12)

18th April 1965 - EMI Studio 2, London -10:00AM -0:30 PM
36. Help! (RS2)

内容詳細

ビートルズのセッションをパッケージするシリーズの一枚。アルバム『ヘルプ!』のために行なわれた1964〜65年のレコーディング・セッションを収録。楽曲の制作過程が臨場感たっぷりに収められている。(CDジャーナル データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

The Beatles

「20世紀における最も偉大な(影響力を誇った)音楽家は?」―という問いにビートルズの名を挙げる人は少なくないだろう。実際、ロック史上というよりも、20世紀の音楽史における最も重要な存在とさえ言える彼ら。”単なるロック・ファン”の筆者が書く本稿が”等身大のビートルズ”への入り口になれたら良いと思います。

プロフィール詳細へ

The Beatlesに関連するトピックス

おすすめの商品