CD 輸入盤

Revolver

The Beatles (ザ・ビートルズ)

基本情報

ジャンル
:
カタログNo
:
3824172
組み枚数
:
1
レーベル
:
:
Europe
フォーマット
:
CD
コピーライト
:
(C) Apple Corps Ltd.
その他
:
リマスター,輸入盤

商品説明

The classic original Beatles studio albums have been re-mastered by a dedicated team of engineers at Abbey Road Studios in London over a four year period utilizing state of the art recording technology alongside vintage studio equipment, carefully maintaining the authenticity and integrity of the original analogue recordings. The result of this painstaking process is the highest fidelity The Beatles catalogue has seen since it's original release.

収録曲   

  • 01. Taxman (02:36)
  • 02. Eleanor Rigby (02:11)
  • 03. I'm Only Sleeping (03:00)
  • 04. Love You To (02:25)
  • 05. Here There And Everywhere (02:40)
  • 06. Yellow Submarine (02:39)
  • 07. She Said She Said (02:08)
  • 08. Good Day Sunshine (02:03)
  • 09. And Your Bird Can Sing (02:30)
  • 10. For No One (02:31)
  • 11. Doctor Robert (03:00)
  • 12. I Want To Tell You
  • 13. Got To Get You Into My Life
  • 14. Tomorrow Never Knows

総合評価

★
★
★
★
★

5.0

★
★
★
★
★
 
109
★
★
★
★
☆
 
9
★
★
★
☆
☆
 
6
★
★
☆
☆
☆
 
2
★
☆
☆
☆
☆
 
1
★
★
★
★
★
ビートルズの7作目のアルバム。 人気も評...

投稿日:2021/07/24 (土)

ビートルズの7作目のアルバム。 人気も評価も高い『サージェント・ペパーズ・ロンリー・ハーツ・クラブ・バンド』の萌芽を感じる、冒険的傑作アルバム。 名曲「Eleanor Rigby」のバイオリン使い、「I’m Only Sleeping」の逆再生ギター、歌詞もサウンドもサイケデリックな「Tomorrow Never Knows」など、力強い曲の揃った作品。 一曲目「Taxman」はじめ、アルバム14曲中でジョージ・ハリスンが3曲も手掛けているのも特徴的。 インドに傾倒していたジョージ・ハリスンがシタールやインドの古典楽器のタブラとタンブラを持ち出して、新しいビートルズのphaseを作っている。 傑作「Here, There And Everywhere」もあるし、今はこのリボルバーが1番好きかも。

3rdwind さん | 東京都 | 不明

1
★
★
★
★
★
最初に聴いのは小学校の頃、当時レコードで...

投稿日:2021/07/19 (月)

最初に聴いのは小学校の頃、当時レコードで買った。少ない小遣いから毎月1枚づつ。どれがいいかなんてわからないから、ドキドキしながら選んでたのを思い出す。このアルバムで、好きだったのはABDFHI。

えっじ さん | 兵庫県 | 不明

0
★
★
★
★
★
定番ながらビートルズで一番好き。本当にビ...

投稿日:2021/03/19 (金)

定番ながらビートルズで一番好き。本当にビートルズって改革者だったんだなー、と。どれを取っても新鮮でかっこいい!このアルバムは、特にバラエティに富んだ曲たちが揃っています。月並みながらTomorrow Never Knowsにはぶっとんだ!オススメはモノラルで〜!

ベルナルドM さん | 不明 | 不明

0

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

The Beatles

「20世紀における最も偉大な(影響力を誇った)音楽家は?」―という問いにビートルズの名を挙げる人は少なくないだろう。実際、ロック史上というよりも、20世紀の音楽史における最も重要な存在とさえ言える彼ら。”単なるロック・ファン”の筆者が書く本稿が”等身大のビートルズ”への入り口になれたら良いと思います。

プロフィール詳細へ

The Beatlesに関連するトピックス

おすすめの商品

HMV&BOOKS onlineレコメンド