Traincha (Trijntje Oosterhuis)
新商品あり

Traincha (Trijntje Oosterhuis) (トラインチェ オースターハウス) レビュー一覧

Traincha (Trijntje Oosterhuis) | レビュー一覧 | CD、DVD、ブルーレイ(BD)、ゲーム、グッズなどを取り扱う【HMV&BOOKS online】では、コンビニ受け取り送料無料!国内最大級のECサイトです!いずれも、Pontaポイント利用可能!お得なキャンペーンや限定特典アイテムも多数!支払い方法、配送方法もいろいろ選べ、非常に便利です!

商品ユーザーレビュー

11件
並べ替え: 新着順| 共感数の多い順| 評価の高い順
  • トラインチャ、いいですね。 歌、音、メロディー共に...

    投稿日:2013/03/24

    トラインチャ、いいですね。 歌、音、メロディー共に申し分なしですね。 日曜日の休日に聞くのは本当最適です。

    のぶちゃん さん

    0
  • ジャズシンガーですが、時にスウィンギンに時にしっと...

    投稿日:2012/01/07

    ジャズシンガーですが、時にスウィンギンに時にしっとりと決してジャズにとどまらず、そのソウルフルな歌声で哀愁さえ感じさせる全方向型シンガー!実力者で歌唱力や、アルバムの完成度は申し分なし、ただなぜかこの手の作品は日本ではあまり売れない。もったいない!もっと聴かれるべき作品

    太陽の塔 さん |30代

    0
  • マイケルの楽曲特有の高い声域と甘めの抑揚は女性VOが...

    投稿日:2011/06/09

    マイケルの楽曲特有の高い声域と甘めの抑揚は女性VOが意外によく合う。gとのデュオでここまで原曲の雰囲気を出したアレンジが凄いし、とにかく聴いて心地よい。カバーしても壊れない楽曲の「強さ」はマイケルの持ち歌がいかに優れていたか、そしてそんな楽曲を提供されたマイケルの凄さがわかる。また機材の進化は宅録で高品質のCDを生む。時間の制約なくとてもリラックスした、表現の限りを尽くした演奏がCDを通して聴ける現代の音楽事情は悪いことばかりじゃないと思えます。いやいやとにかく聴いて気持ちよくなってください。

    かめ さん

    2
  • ジャージーなストリングスにのせたAlfieがすばらしい...

    投稿日:2011/02/14

    ジャージーなストリングスにのせたAlfieがすばらしい。 その他もクラシック好きの人にもお勧めできる編曲も 相まって、夜静かにきけるアルバムになっています。

    tatsu さん

    1
  • トラインチェ オースターハウスの歌声とギターの響き...

    投稿日:2010/12/13

    トラインチェ オースターハウスの歌声とギターの響きが大変心地よく、クリアーな録音です。自分としては4曲目からが好みです。

    YOKOHAMA SARAHFAN さん

    0
  •  まず、黙ってLを聴いて下さい。こんな心に沁みる「...

    投稿日:2010/03/21

     まず、黙ってLを聴いて下さい。こんな心に沁みる「雨に濡れても」はありません。ほかの曲も最高。星5つ!

    tom さん

    0
  • バート・バカッラックのカヴァーに続くトレンチャの新...

    投稿日:2010/01/31

    バート・バカッラックのカヴァーに続くトレンチャの新作は、 2009年9月に突然亡くなったマイケル・ジャクソンのカヴァー。 Trainchaがお気に入りのマイケルジャクソンの曲を、 プライベートレコーディングしただけのアルバム。 バカラック同様、タイムリーなアーティストの楽曲を採り上げている。 しかし、単なるカヴァーアルバムではない。 Trainchaは、ティーンの頃にマイケルとの結婚を夢み、 12年前に憧れのマイケルとステージを共にし、 マイケルの2009年ロンドン公演のチケットも手に入れていたのだ。 そんな、想いや経験を持つTrainchaが歌うのだから、 多くのカヴァー・アルバム以上の輝きを放っている。 ほぼ全曲を通して、guitarのLeonardo Amuedoとのディオ。 ギターとヴォーカルの非常にシンプルな録音。 一部、SaxophoneでCan Dulferが参加。 最小限の演奏により、マイケルへ想いや感謝の気持ちが、 より強調され伝わる。 いつもながら、選曲には本当に感心させられる。 この選曲はマイケルが本当に好きでないと出来ないし、 同じシンガーであるからこそ、曲が持つ繊細な部分が理解できている。 彼女のヴォーカルの特徴は、心の底まで響くセンチメンタル感だと思う。 このアルバムの前半は、さらりと洗練された感じで歌っている。 トレンチャは、洗練された歌い方になってきたのかなと思ったが、 M6は、感情が込み揚がるのか、いつものTrainchaでした。 後半は、しっとりとした曲を情熱と愛情溢れる歌と演奏で聞かせている。 このアルバムを聞いて感じたことは、 『マイケルの曲というのは、世代を越えて歌い継がれていく。 これから生まれてくる人たちも、また彼の歌を聴いて歌っていくんだろう・・・。』 そんなことを、彼女の歌で実感させられた。

    シモーニャ さん |40代

    8
  • バカラックファンには、嬉しい企画である。バカラック...

    投稿日:2008/05/12

    バカラックファンには、嬉しい企画である。バカラックの名曲が、ずらりと並ぶ。しかし、トレインチャがジャズ歌手として登るには、やや力不足か?ワーウィックには、やはり、一歩譲る出来ばえである。バカラックを歌いこなすのは、想像以上に難しい気がする。

    わがままヨーダ さん

    0
  • バカラックフャンにはとても嬉しい企画でる。バカラッ...

    投稿日:2008/05/11

    バカラックフャンにはとても嬉しい企画でる。バカラックの名曲がずらりと並ぶ。ただトレインチャには、バカラックという大きな山を登るには、ジャズ歌手としては、やや実力不足か? ポップス歌手ではあるが、やはりディオンヌ・ワーウィクには、一歩譲る感が否めない。 繰り返し聞くたびに、バカラックの曲のすばらしさを再認識するが、トレインチャの歌はもう一歩言う感が強くなってしまう。

    わがままヨーダ さん

    0
  • バカラックが選んだ曲が2曲、それではバカラック自身...

    投稿日:2007/08/15

    バカラックが選んだ曲が2曲、それではバカラック自身がピアノも弾いている。その2曲、バカラックが側に居るからかトレインチャのボーカルにもより磨きがかかる。

    トレインチャン さん

    0

既に投票済みです

ありがとうございました

%%message%%