【全曲解説】 メトロノーム『確率論≠paradox』

2020年01月06日 (月) 19:45

|

HMV&BOOKS online - ジャパニーズポップス

全曲解説テキスト by シャラク(Vo) フクスケ(Gt) リウ(Ba)


1. ニイチ点時空論

醍醐味カルチベートツアーでもお世話になったSE曲ですね。
フクスケの打ち込みはクラブの文法なのですごく毎回勉強になるしこういう曲を作れるようになりたいなーって思いながらライブに臨んでいます。(シャラク)


いつもより(当社比)BPMを早めてノリを重視しライブの時に会場の温度が上がる様に考えました。
後半の声のサンプリングがキモです。(フクスケ)


ライブでもお馴染みのSE。SEはツアー毎に変わるのでアルバムに収録されるのは嬉しいですね!(リウ)


2. テンションゲーム

とにかくライブで上がる感じの曲を作ろうと意図して制作しました。
こういったギターロックが好きなので得意ジャンルになるんですかね。ライブでも実際いい感じのノリになってくれて嬉しいです。
歌詞は無理して明るく振舞ってる人の悲哀というか。(シャラク)


イントロのフレーズ弾いているとコーラスができないのがアレですが弾いていて気持ちの良い1曲。
オートワウの設定で苦労しましたが良い感じのかかり具合になったと思います。(フクスケ)


コーラスも盛り沢山で会場が一気に明るく盛り上がる曲です!全編にわたってベースもハイテンションです。 そう言えばまわりでこういう曲やってる人達全然いないけど、ある意味一番メトロノームらしい曲なんじゃないかなと。(リウ)


3. Catch me if you can?


コロコロ情景が変わる曲が好きなんですけど、これでも静かなパートがいい感じに狙い通りに落ちパートになったなって。
楽器をやってる人とかが聴いても面白い曲になったんじゃないかなって思います。
歌詞は理想の自分に中々届かないもどかしさというか。苦悩というかね。そんな感じです。(シャラク)


Aメロの単音フレーズがお気に入りで3小節目のドラムとの掛け合いを勝手に毎回楽しんでおります。
今回のアルバムに多い情熱的ソロの代表例(当社比)。 (フクスケ)


最近はライブの一番最後やアンコールセッションで演奏するバンドを代表する楽曲。何回聞いてもベースソロ→ギターソロの流れが格好良いですね!(リウ)


4. とある事象


いつもはあまり歌唱指示とかは無いんですが今回ニュアンス出し気味でといった指定が一応あったので、 普段メトロノームではしない様な感じでニュアンス色濃くという歌い方を意識しました。
歌詞としては自分は自分としての責任を果たせているんだろうかという悩みというか。足を引っ張る事の恐怖というか。(シャラク)


ソロというか間奏で2回出てくるフレーズをコンパクトエフェクターのギターシンセで鳴らしています。
打ち込みのオケの鳴る中負けじと飛び込んでくる音がよくできました。(フクスケ)


今回のアルバムのリード曲。MVも格好良いし衣装のコンセプトとサウンドががっちりハマった感じですね!次々と襲いかかってくるシンセのアレンジが最高です。アルバム全般そうなんですがベースは自由に弾きまくってて、オーバードライブ+ワーミーのスラップソロは最近のお気に入りです。(リウ)


5. 脳内消去

今回の曲の中で一番おしゃれというか90年代シティポップな空気の曲ですね。ツアーを経た今だからって事もあるんですが、この曲が一番成長というか曲がいい感じに変化したかなって思っています。
ライブでの歌回しは個人的には必見と言っても過言では無いかなと。(シャラク)]


主張はせずに曲に溶け込む1曲。
途中トリップし「あれ?どこ弾いてんだ?」となれば正解。集中と幻覚の狭間で。(フクスケ)


選曲会でリーダーがお洒落なテクノポップな曲が2曲くらいアルバムに欲しいんだよね〜って言ったので、「そしたらフクスケ君もお洒落なの1曲追加で作ってきてよ」って話になって最後にできあがった素敵な楽曲。これはある意味お願いした俺のファインプレイじゃないでしょうか(笑)!?(リウ)


6. 戻れぬ世界で

イントロのメロディはメガドライブとCommodore 64のコンボ。ゲーム音とロックの融合でエモいソロを合わせるとは子供の頃の自分に教えてあげたい事案。(フクスケ)

7. 憂国の空

これぞリウ節といった感じの曲なんじゃないでしょうか。しっとりしたメロディとキー高めの声の相性がなかなか絶妙かなと。
ライブでは打って変わってテンポが早いのもあってノリやすい曲になっていて、アルバムのイメージでライブに参加するとまた違った印象を受けるのかもしれないですね。(シャラク)


優しさの果てにサイレントギターで優しさ割増。P.U.とMIC.のブレンドに悩まされましたが最終的には優しさ割増で着陸。(フクスケ)


こういう曲が1曲あるかないかでアルバムの印象が違うと自分は考えてて、とにかくメロが綺麗な曲を作りたいと思ってできた楽曲です。間奏で流れるシンセのフレーズとエンディングの歌メロが同じワンフレーズで最後押しきって行くアレンジが気に入ってます。(リウ)


8. そうだ手紙を書こう

個人的な話なんですが今年TOMOVSKYさんと共演して、シンプルにいい曲を作りたいなって欲求が高まってまして。
その影響で作った曲になるのかなって思います。深く考えず、つい口ずさんでいた、みたいな。
歌詞の内容的にはぽっくり起きない時が来ちゃう前に感謝の気持ちは伝えないとダメだなーっていう。(シャラク)


単純なフレーズでも心跳ねる様な表現をと。タイミング&ベロシティにて踊らせる、同じようだがドラム&ベースとはまた違ったアクセントで。(フクスケ)


ライブでは生ドラムの跳ねてる感じとアップライトベースでより優しく温かい感じに仕上がってます。シャラク君の歌が曲の世界観を素直に表現してる感じが特に出てて良いですね!(リウ)


9. Hello Stranger

再起動前のリウさんの曲っぽいというか。制作過程を聞くとリウさんの根底にある音楽性なのかなって思います。
歌詞の感じもリウさん独特の優しく包み込む感じだなって思います。
みんなで歌う部分、ライブでもみんなで歌えたらなと思います。(シャラク)


青春ロックで突っ走る、得意な刻みフレーズで軽快に。ローの具合に気をつけてバランスよく爽快に。(フクスケ)


みんなでライブの一体感を一緒に歌って楽しみたいなって思って作った曲です。応援してくれてる皆さんへの感謝の気持ちを歌詞に。Hello strangerは「おひさしぶり」ってニュアンスも込めてるので。ひさしぶりにライブに来た人もこの曲で笑顔になってくれたら嬉しいです。(リウ)


10. 忘れん坊

これも再起動前のフクスケの曲っぽいなーって思いました。ギターのリフの感じとか。
なのでメトロノームの根っこにある音楽性ってこういう感じなのかもなーって。
ライブでもかなり熱い感じでヘドバンの嵐になってて楽しいですね。(シャラク)


おどろおどろしくヘヴィに和風に。ライブでは自然に身体の動くフレーズで駆け抜ける……事もできない皮肉にも楽しめる1曲。(フクスケ)


ギターがリフでガンガン押しまくる曲です。そんな中ベースはセクション毎に少しずつフレーズとノリを変えて弾いてます。この曲はライブでの勢いが凄いのでまだの人は是非ライブで一度体感してください。(リウ)


11. まだ見ぬ世界

作り出した時と全く結果が変わったという珍しい曲です。最初はハードコアっぽくしようとしていたので。
そこからシャンプーみたいにしようとして、最終的にこう落ち着きました。まあ結果オーライというか。
歌詞的には自分をひとつも信じれない人間の愚痴みたいな感じですかねえ。(シャラク)


ラストに相応しく物悲しいメロディと哀愁と疾走感。音源では鳴ってないライブでしか聞く事のできない音を是非聞きに来てくれるととても嬉しい。(フクスケ)


音源はシンセベースのみで弾いてないのですが、ライブはアップライトの弓弾きでストリングス気分で倍音の効いた低音出してます。
この曲はシンプルなんだけど、サビのメロが印象的で何回もリピートして聞きたくなりますね!(リウ)


メトロノーム『確率論≠paradox』

GENRE:ELECTRO, LOUDROCK
エレクトロ・ミュージックを軸に各メンバーの持ち味を生かしたニュー・アルバムをドロップ
“三人寄れば文殊の知恵”という言葉そのままに。各メンバーがソロ・ワークスやアナザー・プロジェクトなどを常日頃から抱えていながらにして、彼らがいざメトロノームとして動くときには絶対的な確率でそこにしかありえないものが生まれていくことになる。特に約7年の活動休止期間を経て2016年に再起動を果たしてからの昨今は、以前にも増して3人それぞれの持ち味がヴィヴィッドに作品へ反映されるようになった印象があり、その点は今作においても相当に顕著だ。これはエレクトロ・ミュージックの血統を確実に受け継ぎながらも、ロックはもちろんのこと、曲によってはフォークなどのニュアンスまで噛み砕きながらすべてを呑み込み自らの血肉とする彼らの、希有な真髄と醍醐味が改めて濃く凝縮された1枚なり。
杉江 由紀 【ライター推薦】


確率論≠paradox 【初回限定“メト箱”仕様】(+DVD)

CD

確率論≠paradox 【初回限定“メト箱”仕様】(+DVD)

メトロノーム

価格(税込) : ¥5,500

会員価格(税込) : ¥4,950

まとめ買い価格(税込) : ¥4,510

発売日: 2019年11月20日

確率論≠paradox

CD

確率論≠paradox

メトロノーム

価格(税込) : ¥3,300

会員価格(税込) : ¥3,036

まとめ買い価格(税込) : ¥2,706

発売日: 2019年11月20日


メトロノーム ライブ情報


激ロックxHMV 12月のレコメンド

激ロック×HMV&BOOKS online vol.81

12月は、BRIDEEAR、ゼリ→、メトロノームをクローズアップ。その他、レコメンド全6タイトルのレビューを公開。

HMV&BOOKS online-ジャパニーズポップス|2020年01月06日 (月) 19:45

%%message%%

「お気に入り登録」をして最新情報を受け取る

激ロック x HMV (2016〜)へ戻る

HMV&BOOKS online最新トピックス

最新トピックス一覧を見る