【全曲解説】ALIVES『Code of Alives』

2021年09月24日 (金) 18:00

|

HMV&BOOKS online - ジャパニーズポップス

全曲解説テキスト by TANNY



1. Let's go freedoms

アルバムを1つの作品として見た時にオープニングSE的なモノを最初に付けたかったのとそれをライブの入場曲にしたくて、何かとてつもなくワクワクする感じの四つ打ちに味付けしました。歌詞は一言「さぁ行こう、自由の国の者たちよ」と。


2. Believe

ある日先輩に制作途中の曲達を聴いてもらった所「全体的に暗い」「やりたい事は分かるがそれでは皆悲しんでしまう」という様な意見があり、僕も返す刀で反論しましたがその先輩の勢いに負けて「分かりましたよ、そんなに言うなら3コードのど直球曲作りますよ!」と啖呵を切って作った曲です。出来たら出来たで「やっぱ好っきゃねーん♪」ですはい。


3. Sky dance


この曲はアルバムの中でも1番の古株で、実に3〜4年の歳月を経て主役に抜擢された曲。読んで字の如く空高く舞ってるイメージです。


4. And have some hope

コロナ禍で描いた曲でキャッチーながらもアルバム内で1番パンクな歌詞かも。今は暗く閉ざされた世界でもいつか必ずそれは終わりが来て皆ハッピーになる世界来るって想いを綴りました。


5. Enough

少しエモな曲を作りたくて1人になって初めてボイトレに行き、手にしたファルセットという武器をサビでふんだんに使った曲。


6. Beyond the light

言わずともがな3コードパンクロックイエーッ!!頭空っぽにして聴いて欲しいです。


7. Carry on

スケール感デカ目のバラード曲。弾き語りの経験をバンドサウンドに昇華しました、でっかいホールでガツンと鳴らしたい。


8. Break the wall

不思議なコードとストレートなビートにスペーシーなシンセをまぶした曲。目の前に立ち塞がる壁の向こう側へ行こう。


9. 1 minute blast

1分でぶっ飛ぶ感じ。


10. Let me in

悩んだ時、最後に後押ししてくれたのがこの曲です、今こうしてALIVESがあるのはこの曲のお陰です。ラブソングです。ファンファーレの様なシンセがお気に入りです。


11. ANDROMEDA

寒い冬の夜、誰も居ない公園を散歩するのが好きな僕は1人ベンチに座り途方に暮れる。ふと空を見上げると星が綺麗にキラキラと光っててアンドロメダさんに夜空へ誘われたという曲。

全て大文字なのはアンドロメダ星雲とアンドロメダという女神の複合体を文字で表現した暗号みたいにしたかったからです。


ALIVES『Code of Alives』

GENRE:POP PUNK
ex-GOOD4NOTHINGのフロントマン、TANNYがカムバック
新バンド ALIVESによる1stアルバム『Code of Alives』が完成

ex-GOOD4NOTHINGのフロントマン、TANNYの新バンドによる1stアルバムが完成。先行MV「Sky dance」は打ち込みを用いたダンサブル且つパンキッシュなナンバーで、新境地を切り拓いた1曲と言えるだろう。全体を通して、歌を生かしたスケールの大きな曲調が目立ち、TANNYのメロディメイカーとしての才能を前面に押し出した楽曲は新鮮に響く。特に「ANDROMEDA」は美メロ際立つ滋味豊かなサウンドに仕上がっていて驚いた。もちろん「Believe」、「1 minute blast」とポップ・パンク調の楽曲も用意されているので、G4N時代から応援しているファンはニヤリとするだろう。そうしたバラエティぶりを踏まえ、硬軟自在に乗りこなす奔放な音楽性を見事にパッケージした1枚だ。
荒金 良介 【ライター推薦】


Code of Alives

CD

Code of Alives

Alives

価格(税込) : ¥2,750

発売日: 2021年09月29日

激ロックxHMV 9月のレコメンド

激ロック×HMV vol.98

9月のレコメンド全12タイトルのレビューを公開。

HMV&BOOKS online-ジャパニーズポップス|2021年09月24日 (金) 18:00

%%message%%

「お気に入り登録」をして最新情報を受け取る

激ロック x HMV (2016〜)へ戻る

Alivesに関連するトピックス

HMV&BOOKS online最新トピックス

最新トピックス一覧を見る