ベイエ&リ・インコーニティ/ヴィヴァルディ:様々な楽器のための協奏曲集

2022年07月01日 (金) 18:00 - HMV&BOOKS online - クラシック


ベイエ&リ・インコーニティ
クラリネットも登場の注目のヴィヴァルディ作品集。愉悦の極みの『逆さまの世界』!


フランス古楽界の新時代の担い手、ベイエ率いるリ・インコーニティ(名もなき者たち、の意。2006年結成)。待望の新譜は、ヴィヴァルディによる、もはや「交響曲」ともいえるようなスケールの協奏曲集。ベイエの奏でるヴァイオリンの明るく輝く音色は、生まれ故郷でもある南仏の太陽を思わせるよう。そして奏でる音符やパッセージが微笑んでいるかのよう。そしてクラリネットのユニゾン、リコーダーのトリル、官能的なオーボエの二重奏、燃え上がるようなホルンの響きが加わって、交響曲のようなサウンドながら、親密かつ軽やかなアンサンブルは必聴です。
 ティンパニも登場する『聖ロレンツォの祝日のために』 RV.556は、1720年代中頃に作曲されたと考えられますが、クラリネットが使用されているのも注目ポイントです。クラリネットは、ヴィヴァルディ当時はまだ新しい楽器でしたが(18世紀初めに登場) 、ヴィヴァルディはヴェネツィアにこの楽器が存在していたことに敬意を表してこれを作曲したと思われます(のちに、クラリネットを含まないヴァージョンも作曲)。
 アルバムのタイトルにもなっている『プロテウス、あるいは逆さまの世界』と題されたRV.572は、ヴァイオリンとチェロの二重協奏曲にフルート、オーボエ、チェンバロという編成の作品。入れ替えて演奏可能なヴァイオリンとチェロ双方のソロ・パートに相当な技術が要求される作品です。さらに他の楽器もソロ楽器と同じ旋律をオクターブのユニゾンで演奏するという、ソリストだけでなくメンバーの腕も要求される作品。そこにヴィオラがドローンのように長い音符を奏で、なんともいえない厚みのあるサウンドが生まれる歯ごたえのある作品。ベイエ率いるリ・インコーニティの面々は、パッセージのひとつひとつを愉悦に満ちた表情で奏でています。(輸入元情報)

【収録情報】
ヴィヴァルディ:
1. 協奏曲ニ長調『聖ロレンツォの祝日のために』 RV.562
2. フルート協奏曲ホ短調 RV.432
3. 協奏曲ハ長調『聖ロレンツォの祝日のために』 RV.556
4. 協奏曲ヘ長調 RV.571
5. ヴァイオリンとオーボエのための協奏曲ト短調 RV.576
6. ヴァイオリン協奏曲イ長調 RV.344
7. 2つのオーボエのための協奏曲イ短調 RV.536
8. 協奏曲ヘ長調『プロテウス、あるいは逆さまの世界』 RV.572


 アマンディーヌ・ベイエ(ヴァイオリン、指揮)
 リ・インコーニティ
  トラヴェルソ&リコーダー:エレオノーラ・ビシェビチ、マニュエル・グラナティエロ(ソロ:2)
  オーボエ:ネヴェン・ルサージュ(ソロ:5)、ガブリエル・ピドゥ
  クラリネット:ロベルタ・クリスティ、ルノー・ギィ=ルソー
  ファゴット:アレハンドロ・ペレス=マラン
  ホルン:テオ・スカネク、シリル・ヴィトコク
  ヴァイオリン:川久保洋子、フラヴィオ・ロスコ、ヴァディム・マカレンコ、アルバ・ロカ、カティア・ヴィエル、エレナ・ズマノヴァ
  ヴィオラ:マルタ・マラモ、リカルド・ジル・サンチェス
  チェロ:レベカ・フェリ、カルラ・ロヴィロサ
  ヴィオローネ:バルドメロ・バルシエラ
  テオルボ&バロックギター:フランチェスコ・ロマノ
  チェンバロ&オルガン:アンナ・フォンタナ
  ティンパニ:クレマン・ロスコ

 録音時期:2021年4月
 録音場所:スペイン
 録音方式:ステレオ(デジタル/セッション)
さかさまの世界〜様々な楽器のための協奏曲集 アマンディーヌ・ベイエ、リ・インコーニティ

CD輸入盤

さかさまの世界〜様々な楽器のための協奏曲集 アマンディーヌ・ベイエ、リ・インコーニティ

ヴィヴァルディ(1678-1741)

価格(税込) : ¥3,179

会員価格(税込) : ¥2,456

まとめ買い価格(税込) : ¥1,907

発売日: 2022年08月10日

13件中1-13件を表示
表示順:
※表示のポイント倍率は、ブロンズ・ゴールド・プラチナステージの場合です。

チェックした商品をまとめて

チェックした商品をまとめて