トピックス

  • ブランディーヌ・ヴェルレ/フィリップス録音全集(14CD)

    来年(2022年)生誕80周年となる、フランスのチェンバロ奏者ブランディーヌ・ヴェルレが、フィリップスに行ったすべての録音が初めてまとめられ、デッカ・フランスよりCD14枚組ボックスで登場。

    クラシック|4日前

  • フレッド・トーマス、他/Three Or One〜バッハ編曲集

    ピアニストのフレッド・トーマスが18歳の時にロンドンの王立音楽院で出会ったヴァイオリニストのアイシャ・オラズバエヴァ、チェリストのルーシー・レイルトンとともに、バッハ音楽を自身の編曲で演奏したアルバムです。

    クラシック|4日前

  • ヴァーレク&チェコ・アンサンブル・バロック/トゥーマ:レクィエム

    フランツ・クサヴァー・リヒターの作品の録音でも知られるチェコ・アンサンブル・バロックの最新盤は、チェコの作曲家でフックスの愛弟子の一人フランティシェク・イグナーツ・アントニン・トゥーマの『レクィエム』と『ミゼレーレ』を収録。

    クラシック|4日前

  • ピエール・ロベール:グラン・モテと雅歌

    フランス17世紀の教会音楽を牽引した重要人物でありながら、めったに体系的録音が現れない大家ピエール・ロベール(c.1622-1699)の作品集が、満を持してヴェルサイユ・バロック音楽センターの俊才たちによって制作されました。録音場所はヴェル...

    クラシック|5日前

  • ガエタン・ジャリ/ヘンデル:オルガン協奏曲集、他

    オルガンの名手であり、アンサンブル・マルグリット・ルイーズを率いてのフランス・バロック声楽作品演奏の数々で高く評価されるガエタン・ジャリが、ヴェルサイユ宮殿の礼拝堂でヘンデルのオルガン協奏曲を演奏したアルバムが登場。

    クラシック|5日前

  • パオロ・ギドーニ/バッハ:無伴奏ヴァイオリン・ソナタ&パルティー...

    現在のイタリアのヴァイオリン界における重鎮であるパオロ・ギドーニ[1964-]が2012年5月に録音を行い、配信のみでリリースされていたバッハ:無伴奏ヴァイオリン・ソナタ&パルティータ全集が、ダ・ヴィンチ・クラシックスからCD2枚組で登場。

    クラシック|5日前

  • ヤコブ・リンドベルイ/ラウヴォルフ・リュートで弾くバッハ

    SACDハイブリッド盤。リュート奏者ヤコブ・リンドベルイが約30年ぶりにオール・バッハ・プログラムに挑戦。今回はリンドベルイの編曲を中心に無伴奏ヴァイオリン・ソナタ第1番、無伴奏チェロ組曲第1番そして『シャコンヌ』と充実の選曲となっておりま...

    クラシック|5日前

  • 田尻洋一/バッハ:ゴルトベルク変奏曲

    2020年、ピアノ独奏によるベートーヴェン:交響曲第7番をリリースして衝撃のCDデビューを飾った田尻洋一の最新盤。2020年7月、兵庫県立文化センターで無観客ライヴの形で行われたバッハ:ゴルトベルク変奏曲の録音が登場。

    クラシック|5日前

  • 【発売】グールド/1958年バンクーバー・ライヴの『ゴルトベルク変奏...

    ALTUSレーベルの「グレン・グールド 若き日の記録」シリーズの第5集は、1958年バンクーバー音楽祭でのバッハ:ゴルトベルク変奏曲のライヴ録音です。ブックレットには各録音を比べながら詳細に検証された演奏論を掲載。

    クラシック|2021年09月19日 (日) 08:30

  • 諏訪内晶子/バッハ:無伴奏ヴァイオリン・ソナタ&パルティータ全曲

    現代を代表するヴァイオリン界の逸材、諏訪内晶子が、アルバム・デビューから25周年を迎える今年、満を持して待望のバッハの無伴奏ヴァイオリン・ソナタ&パルティータ全曲を録音。使用楽器は1732年製のグァルネリ・デル・ジェズ「チャールズ・リード」...

    クラシック|2021年09月17日 (金) 10:00

  • ジュベール=カイエ/マレ:ヴィオール曲集第4巻(4CD)

    ベルギーの古楽レーベル「Ricercar」が満を持してスタートさせた、マラン・マレのヴィオール作品全曲録音という壮大な企画もいよいよ佳境へ。全5巻の曲集のうち、今回はルイ14世が亡くなって間もなくの1717年に刊行された第4巻を収録。

    クラシック|2021年09月16日 (木) 15:30

  • SWR声楽アンサンブル/プレトリウス:クリスマス合唱曲集

    マーカス・クリード&SWRシュトゥットガルト声楽アンサンブルの最新盤は、16世紀から17世紀にかけてドイツで活躍した作曲家ミヒャエル・プレトリウスのクリスマスの讃美歌集です。

    クラシック|2021年09月16日 (木) 15:30

  • クリスティ/シャルパンティエ:『病は気から』(2CD)

    クリスティの名盤シャルパンティエ:『病は気から』が再登場。対話部分も収録された完全版による録音で、しかも今回はボーナス・トラックとして、2013年に録音された『無理強いの結婚』の新しい幕間曲(間奏曲)も収録しています。

    クラシック|2021年09月16日 (木) 15:00

  • 『王侯のレクィエム』(5CD)

    死者を見送るミサのための音楽=レクィエムやそれに類する葬送音楽には、有名曲に限らず驚くべき傑作がなぜか多く、隠れた名品に出会える可能性が高いのですが、今回のボックスにはその最高の実例ともいうべき秘曲が凝縮されています。

    クラシック|2021年09月16日 (木) 13:00

  • マリー=アンドレ・ジョエルジェ/『バッハと鏡』

    アコーディオン奏者マリー=アンドレ・ジョエルジェのアルバムで、バッハの平均律クラヴィーア曲と、バロックから現代(バルバトル[1724-1799]、モーツァルト、シューマン、レーガー、エスケシュ[1965-])の前奏曲とフーガを交互に演奏。

    クラシック|2021年09月16日 (木) 10:00

  • ライナー・ツィパーリング/『天使と悪魔〜マレ&フォルクレ:ヴィオ...

    SACDハイブリッド盤。18世紀オーケストラのメンバー、カメラータ・ケルンの創設メンバーでもあるオランダの名ヴィオラ・ダ・ガンバ奏者ライナー・ツィパーリングの最新盤は、「天使のようなマレ」「悪魔のようなフォルクレ」と比較されたフランス・バロ...

    クラシック|2021年09月15日 (水) 17:00

  • ファン・ダール、他/ヤジェンプスキ:カンツォーナとコンチェルト集

    ブリュッヘンと共同で18世紀オーケストラを創設するなど古楽界の発展に寄与したバロック・ヴァイオリニスト、ルーシー・ファン・ダールの1993年の貴重な録音が登場。ポーランド初期バロックの作曲家アダム・ヤジェンプスキのカンツォーナとコンチェルト...

    クラシック|2021年09月15日 (水) 16:30

  • アウラータ・フォンテ/ストロッツィ、ボノンチーニ

    ソプラノ歌手の神谷美穂が参加するアンサンブル『アウラータ・フォンテ』の新譜が2タイトル登場。バルバラ・ストロッツィの『サクリ・ムジカーリ・アフェッティ』と、ジョヴァンニ・ボノンチーニのカンタータ&ソナタ集。どちらも世界初録音です。

    クラシック|2021年09月15日 (水) 16:00

  • ラ・フォンテヴェルデ/モンテヴェルディ:マドリガーレ集第8巻(2CD...

    鈴木美登里を中心に結成された本格派声楽アンサンブル、ラ・フォンテヴェルデ。当アルバムはモンテヴェルディのマドリガーレ全曲録音の『第8巻』です。

    クラシック|2021年09月14日 (火) 18:00

  • 【発売】豪華ゲストも参加!ベルリン古楽アカデミー/バッハ:ブラン...

    2021年3月、5月録音。名人集団ベルリン古楽アカデミーの最新盤は、バッハ:ブランデンブルク協奏曲全曲の再録音。しかも、なんと今回はイザベル・ファウストとアントワン・タメスティがゲスト参加しているという超豪華注目盤です。

    クラシック|2021年09月14日 (火) 17:00

  • スウェーリンク:声楽作品全集(17CD)

    古楽大国オランダが誇るスペシャリスト、ハリー・ファン・デル・カンプとジェズアルド・コンソート・アムステルダムが2000年代に「Glossa」とともに成し遂げた偉業、ヤン・ピーテルスゾーン・スウェーリンクの声楽作品全曲録音がCD17枚組ボック...

    クラシック|2021年09月10日 (金) 16:00

  • 【発売】パパヴラミ/バッハ:無伴奏ヴァイオリン・ソナタ&パルティ...

    2020年10月録音。鬼才ヴァイオリニスト、テディ・パパヴラミがバッハ:無伴奏ソナタ&パルティータを再録音!今回は徹底的にヴィブラートを抑え、音の造形を改めて考え抜いたアプローチで、驚くほど丹精で自然な演奏は何度も聴き深めたくなる充実度です...

    クラシック|2021年09月10日 (金) 08:15

  • ピエール・アンタイ/『ヘンデル&スカルラッティ』

    ピエール・アンタイの最新盤は、ヘンデルとドメニコ・スカルラッティ。2人の名手の作品を雄弁かつ華麗に演奏しています。アンタイの実力にあらためて驚かされる1枚です。

    クラシック|2021年09月09日 (木) 18:30

  • 【LP】オランダのピアニスト、ガイル・ベ1stアルバム

    スタイリッシュな『ゴルトベルク変奏曲』が、超高品質限定プレスLP2枚組セットとなって登場。

    クラシック|2021年09月05日 (日) 13:10

  • ケンブリッジ・キングズ・カレッジ合唱団/『アーリー・イングリッシ...

    この2枚組アルバムには、伝統あるケンブリッジ・キングズ・カレッジ合唱団の演奏による1500年代前半の作品が収録されており、イートン・クワイアブックに収録された2つの作品の録音は初出音源となります。

    クラシック|2021年09月03日 (金) 14:15

  • 【LP】マイケル・レビンのバッハ、イザイが登場

    <TESTAMENT>から、天才ヴァイオリン奏者マイケル・レビンの神髄を見るアナログ盤が登場。

    クラシック|2021年09月02日 (木) 13:00

  • 【LP】ダニール・トリフォノフ新作

    バッハ最晩年の作品「フーガの技法」をはじめ、バッハの息子たちが書いた作品やアンナ・マグダレーナ・バッハに贈った音楽帳などを選曲。

    クラシック|2021年08月28日 (土) 16:30

  • サビーヌ・ドゥヴィエル/バッハ:ソロ・カンタータ集、ヘンデル:ア...

    今や世界的なソプラノ歌手として活躍するフランスの若手ソプラノ、サビーヌ・ドゥヴィエルの最新盤は、ラファエル・ピション&ピグマリオンとの共演によるバッハ:ソロ・カンタータ集とヘンデル:アリア集です。

    クラシック|2021年08月27日 (金) 18:00

  • コセンコ&レザンバサドゥール/ラモー:『アカントとセフィーズ』(...

    2020年12月セッション録音。ラモーの劇的で色彩豊かな天才であるところが示された作品、歌劇『アカントとセフィーズ』全曲の世界初録音が登場。アレクシス・コセンコ指揮、レザンバサドゥールの演奏で、歌手陣もサビーヌ・ドゥヴィエルをはじめ豪華です...

    クラシック|2021年08月27日 (金) 18:00

  • プルハー&ラルペッジャータ/『アラ・ナポリターナ』

    クリスティーナ・プルハー&ラルペッジャータの最新盤。このアルバムは、17世紀から20世紀の音楽の中で、街の慈悲深い個性を表現し1700年代後半に有名になったいわゆるナポリ楽派のオペラ・スタイルとポピュラー・ソングやダンスを取り入れています。

    クラシック|2021年08月27日 (金) 17:30

  • ハンネス・ミンナール/バッハ:ゴルトベルク変奏曲

    SACDハイブリッド盤。チャレンジ・クラシックス・レーベルの看板ピアニスト、名手ミンナールがバッハ:ゴルトベルク変奏曲を録音。ボーナスディスクには、オランダの作曲家ダーン・マンネケ[1938-]の『バッハを思う』を収録。

    クラシック|2021年08月26日 (木) 18:00

  • カタリナ・リヴィヤニチ&ディアロゴス/『スウィザン!』

    カタリナ・リヴィヤニチ率いるディアロゴスの最新盤は、楽譜として残されたものの中では最古の部類に属する多声音楽の歌集『ウィンチェスター・トロープス集(ウィンチェスター写本)』からの曲をメインしたプログラム。

    クラシック|2021年08月26日 (木) 18:00

  • イェスティン・デイヴィス、フレットワーク/『ラメント(哀歌)』

    イギリスのカウンターテナーのイェスティン・デイヴィスと、森川麻子やリチャード・ブースビーらの名ヴィオラ・ダ・ガンバ奏者達によって創設された「フレットワーク」の共演によるアルバムが登場。シャイト、J.C.バッハ、シャイン、シュッツなどの作品を...

    クラシック|2021年08月26日 (木) 18:00

  • ル・ポエム・アルモニーク/ドラランド:王の晩餐のためのサンフォニ...

    バッハやヘンデルが活躍する前から、ヨーロッパ音楽の一大潮流として影響力を誇ったフランス。そのオーケストラ芸術の原点ともいうべきドラランドの貴重な曲集が、作品成立の場にあたるヴェルサイユ宮殿での、フランス最前線で活躍する名手たちによる録音で登...

    クラシック|2021年08月26日 (木) 17:00

  • 酒井淳、マリオン・マルティノ/サント=コロンブ:2挺のヴィオール...

    パリを拠点に活躍するガンバ奏者、酒井淳の最新盤は、サント=コロンブ:2挺のヴィオールのためのコンセール集で、マリオン・マルティノとの共演です。

    クラシック|2021年08月26日 (木) 17:00

  • ジェズアルド・シックス/『ジョスカンの遺産』

    2014年に設立されたルネサンス・ポリフォニーを専門とするイギリスの若き男声ア・カペラ・アンサンブル「ジェズアルド・シックス」の最新盤は、ジョスカン・デ・プレと同世代の様々な作曲家たちによるモテット。

    クラシック|2021年08月26日 (木) 16:15

  • トリフォノフ/『アート・オヴ・ライフ』〜バッハ:フーガの技法、他

    ロシアの若手ピアニスト、ダニール・トリフォノフの最新盤は、バッハの最晩年の作品『フーガの技法』をはじめ、バッハの息子たちが書いた作品や、『アンナ・マクダレーナ・バッハの音楽帳』からの曲、ブラームス編曲のバッハ:『シャコンヌ』などを収録。

    クラシック|2021年08月25日 (水) 17:45

  • アシュケナージ/バッハ:イギリス組曲第1〜3番、他(2CD)

    2019年にコンサート活動から引退を表明したデッカの伝説的ピアニスト、アシュケナージによる、2019年4月録音のバッハ:イギリス組曲第1〜3番が登場。しかも、1965年録音のバッハ:ピアノ協奏曲第1番のリマスター版をカップリングしています。

    クラシック|2021年08月25日 (水) 17:00

  • ソフィー・イェーツ/バッハ:イギリス組曲(2CD)

    イギリスではルース・ダイソンとロバート・ウーリーに、オランダではボブ・ファン・アスペレンに師事し、ボストン古楽音楽祭での国際コンクール優勝を果たし国際的なキャリアをスタートさせた古楽系鍵盤奏者、ソフィー・イェーツの最新盤は、バッハのイギリス...

    クラシック|2021年08月24日 (火) 12:15

  • カツァリス/バッハ:ピアノ作品集〜未発表録音集(2CD)

    ピアニスト、シプリアン・カツァリスの自主レーベル「Piano21」より、バッハ・ニュー・アルバムが登場。これまでのアルバムには未収録だった1994年と2000年のドイツ・レコーディングから厳選したバッハ作品という衝撃の未発表音源集です。

    クラシック|2021年08月24日 (火) 12:00

  • カフェ・ツィマーマン/『空想のバッハ音楽帳』

    カフェ・ツィマーマンの最新盤。バッハの教会カンタータの器楽合奏曲やアリアを室内楽向けに直した興味深いトラックの数々に加え、フリードリヒ大王の宮廷で活躍するようになった頃に次男が書いた曲、大王のために書かれた『音楽の捧げもの』からの曲などを収...

    クラシック|2021年08月20日 (金) 17:15

  • マリアン・コンソート、イリュリア・コンソート/アドリア海の旅

    ローリー・マクリーリーが率いるヴォーカル・アンサンブル「マリアン・コンソート」と、ボヤン・チチッチが率いるピリオド・アンサンブル「イリュリア・コンソート」。エジンバラを本拠とする初の本格的クラシック・レーベル「デルフィアン」が誇る2つの人気...

    クラシック|2021年08月19日 (木) 07:45

  • カペラ・サヴァリア/テレマン:二重、三重協奏曲集

    ハンガリーを代表するオリジナル楽器のアンサンブル、カペラ・サヴァリアの最新盤は、テレマンの二重&三重協奏曲。テレマンは複数の楽器を独奏させることで聴衆を楽しませる創意工夫をしており、ここに聴く協奏曲でもそれぞれの独奏楽器の個性が光ります。

    クラシック|2021年08月18日 (水) 12:15

  • キングズ・コンソート/パーセル:メアリー女王の誕生日のためのオー...

    英国古楽界の巨匠ロバート・キングとキングズ・コンソートが2013年に立ち上げた自主レーベル「Vivat(ヴィヴァット)」。新たにスタートしたパーセル録音の最新盤が早速登場。今回は、メアリー女王の誕生日のために書かれた3つのオードを収録してい...

    クラシック|2021年08月18日 (水) 12:10

  • ラウテン・カンパニー/『タイムトラベル〜パーセルとザ・ビートルズ...

    古楽作品の他、古楽と近現代音楽とを組み合わせた独創的なクロスオーバーアルバムなどもリリースしているラウテン・カンパニーの最新盤は、なんとビートルズとパーセルの組み合わせ。しかも、サクソフォン奏者アーシャ・ファテーエワとの共演です。

    クラシック|2021年08月17日 (火) 08:00

  • シュメルツァー&グランドラヴォア/『死してなお生きる人、ジョスカ...

    古楽アンサンブル、グランドラヴォアの最新盤は、ベルギーの作曲家、楽譜出版者であったティールマン・スザート[c.1500-c.1562]が、ジョスカンの死後に出版したシャンソン集に収録されたジョスカンの(作と思われる)作品集。

    クラシック|2021年08月17日 (火) 07:30

  • アラルコン/モンテヴェルディ:『オルフェオ』(2CD)

    2020年1月録音。アルゼンチン出身で1997年からヨーロッパで活動し、近年躍進目覚ましいレオナルド・ガルシア・アラルコンと、彼の率いるカペラ・メディテラネアらによるモンテヴェルディ:歌劇『オルフェオ』が登場。

    クラシック|2021年08月13日 (金) 08:00

  • 【映像】クリスティ&レザール・フロリサン/リュリ:『アティス』

    日本語字幕付き。2011年パリ・オペラ=コミック座での上演の映像です。初演当時の様式や衣装、装置を再現した豪華な演出で、古楽界の注目歌手を配し、クリスティが流麗でメリハリの利いたタクトで全体をまとめ上げています。

    クラシック|2021年08月12日 (木) 11:00

  • ヘレヴェッヘ&コレギウム・ヴォカーレ/ジェズアルド:マドリガーレ...

    2013年の『レスポンソリウム集』、2016年の『マドリガーレ集 第6巻』に続き、ヘレヴェッヘ&コレギウム・ヴォカーレ・ヘントの厳選メンバーによる、ジェズアルド晩年の異形の傑作三部作の録音が遂に完結。

    クラシック|2021年08月08日 (日) 10:00

  • ラヘル・リリング/バッハ:6つのヴァイオリン・ソナタ

    ヘルムート・リリングの愛娘ラヘル・リリングが、バッハのヴァイオリン・ソナタを録音。ヴァイオリンとピアノによる演奏で、ピアノはヨハネス・ロロフです。

    クラシック|2021年08月02日 (月) 17:55

  • 【LP】カウンターテナー、オルリンスキ新作

    18世紀の神聖なアリアとモテットによるアルバム『アニマ・エテルナ(永遠の生命)』が数量限定180g重量盤LPで登場。

    クラシック|2021年07月30日 (金) 19:50

  • ヤクブ・オルリンスキ/『アニマ・エテルナ』

    カウンターテナー、ヤクブ・オルリンスキの最新盤は、デビュー盤『アニマ・サクラ』の続編。ゼレンカ、ヘンデル、フックスの他、ジェンナーロ・マンナ、アントニオ・デ・アルメイダ、バルトロメオ・ヌッチといったあまり知られていない作曲家の作品も収録され...

    クラシック|2021年07月30日 (金) 12:15

  • 【発売】タロー/ラモー:新クラヴサン曲集

    フランスの人気ピアニスト、アレクサンドル・タローの名盤、ラモーの作品集が復活。2001年の録音で、「harmoniamundi」におけるタローの初めての本格的ソロ・アルバム、そして「現代ピアノによるラモー」ということでも話題となりました。

    クラシック|2021年07月29日 (木) 16:45

  • フィリッポ・ゴリーニ/バッハ:フーガの技法

    1995年イタリアに生まれ、アルフレート・ブレンデルに師事し、2015年ボン・ベートーヴェン国際コンクールで第1位と聴衆賞を獲得したピアニスト、フィリッポ・ゴリーニの最新盤は、バッハ:『フーガの技法』です。

    クラシック|2021年07月27日 (火) 10:00

  • パゾッティ/ザカーラ・ダ・テーラモ:作品全集(4CD)

    14世紀末から15世紀にかけての多声音楽の過渡期に活躍した作曲家ザカーラ・ダ・テーラモ(1355-1416)の魅力を、ミケーレ・パゾッティと、声楽&古楽器アンサンブル「ラ・フォンテ・ムジカ」が徹底解剖。

    クラシック|2021年07月27日 (火) 10:00

  • ブルネロ/4弦チェロ・ピッコロによるバッハ:ヴァイオリン・ソナタ...

    4弦チェロ・ピッコロによるバッハ:無伴奏ソナタ&パルティータが大好評だったブルネロが、今度は同じくバッハの『ヴァイオリンとオブリガート・チェンバロのための6つのソナタ』を録音。

    クラシック|2021年07月20日 (火) 18:30

  • ジョスカン・デ・プレ:世俗曲と電子音

    このアルバムは、ジョスカン・デ・プレ作品を大胆で独創的に解釈し、ルネサンス語法と非常に異なる音(オンド・マルトノ、電子ピアノ、ブックラ・シンセサイザー)と組み合わせることで、ポップな感覚され感じさせる世界を創り出しています。

    クラシック|2021年07月19日 (月) 13:00

  • サムエーレ・テラーリ/アコーディオン版バッハ:ゴルトベルク変奏曲

    イタリアのスポレート出身、2019年のYCAT国際オーディションで入賞し、YCATアーティストとして国際的に活躍するアコーディオンの鬼才、サムエーレ・テラーリの演奏による、アコーディオン版バッハ:ゴルトベルク変奏曲が登場。

    クラシック|2021年07月15日 (木) 12:00

  • エンリコ・ガッティ/ARCANAレーベル全録音(13CD)

    イタリア古楽器界の大御所、バロック・ヴァイオリン奏者エンリコ・ガッティの、Arcanaレーベルでの録音をまとめたCD13枚組ボックスが登場。コレッリ:トリオ・ソナタ集、バッハ:『音楽の捧げ物』や、モーツァルト:ヴァイオリン・ソナタ集などを収...

    クラシック|2021年07月14日 (水) 17:00

  • サヴァール、コープマン、他/F.クープラン:リュリ讃、コレッリ讃

    SACDハイブリッド盤。1985年録音の名盤、サヴァールと、コープマン、ハジェット、バンキーニ、ホプキンソン・スミスら豪華メンバーによる『リュリ&コレッリ讃』が復活。

    クラシック|2021年07月14日 (水) 16:30

  • ウィーンの小さき兄弟会修道院の手稿譜からのヴァイオリン・ソナタ集

    ウィーンの小さき兄弟会(=フランシスコ会)修道院が所蔵するヴァイオリン・ソナタの筆写譜から、通し番号で81番から87番までを録音したアルバム。ビーバーやJ.J.ヴァルターの他に作者不詳作品も収録しています。ヴァイオリンはニナ・ポーン。

    クラシック|2021年07月13日 (火) 13:00

  • アルベルト=ヤン・ローロフス/バッハ:ゴルトベルク変奏曲

    2020年8月録音。オランダ出身のチェンバロ奏者アルベルト=ヤン・ローロフスのバッハ:ゴルトベルク変奏曲が登場。ローロフスは、オルガンとチェンバロをグスタフ・レオンハルト、トン・コープマンほかに師事、17〜18世紀の鍵盤音楽を専門としていま...

    クラシック|2021年07月13日 (火) 13:00

  • 10弦ギター・デュオ版バッハ:ゴルトベルク変奏曲

    10弦ギターのデュオによる、バッハ:ゴルトベルク変奏曲が登場。「10弦ギター」はギタリストのナルシソ・イエペスとギター製作者ホセ・ラミレス3世が共同開発した楽器で、一般的な6弦ギターに低音部の弦が4本追加されています。演奏は、デュオ・シナフ...

    クラシック|2021年07月12日 (月) 16:00

  • 【映像】クリスティ&レザール・フロリサン/ラモー:歌劇『プラテー...

    ロバート・カーセン演出、ウィリアム・クリスティ指揮レザール・フロリサンによる、2020年12月にアン・デア・ウィーン劇場で上演されたラモーの歌劇『プラテー』の映像が登場。日本語字幕付き(本編)。

    クラシック|2021年07月12日 (月) 16:00

  • 【在庫特価】リナ・トゥール・ボネ/ビーバー:『ロザリオのソナタ』

    在庫限りの特別価格です。

    クラシック|2021年07月09日 (金) 18:30

  • マイケル・キーナー/バッハ:ゴルトベルク変奏曲(2CD)

    2017年6月録音。1950年生まれのスイスのチェンバロ奏者、マイケル・キーナーのバッハ:ゴルトベルク変奏曲が登場。1730年にN.ブランシェが製作した楽器をモデルに、1978年にパリのウィリアム・ダウドが製作したチェンバロを使用しています...

    クラシック|2021年07月08日 (木) 10:55

  • ルセ&レ・タラン・リリク/リュリ:『ヴィーナスの誕生』

    リュリ作品の普及と録音に心血を注ぐクリストフ・ルセとレ・タラン・リリク。これまでリリースした7篇のオペラはいずれも高い評価を受けましたが、今回宮廷バレエ(バレ・ロワイヤル)作品に初挑戦。1665年初演の『ヴィーナスの誕生』で、世界初録音。

    クラシック|2021年07月05日 (月) 17:00

  • 【発売】サヴァール&エスペリオンXXI/ビクトリア:聖週間の聖務日課...

    SACDハイブリッド盤。サヴァールの最新盤は、エスペリオンXXI、ラ・カペラ・レイアル・デ・カタルーニャとのビクトリア:『聖週間の聖務日課集』。2018年7月、ザルツブルク大学付属教会でのライヴ録音。

    クラシック|2021年07月05日 (月) 15:55

  • スキップ・センペ/『トラディション&トランスクリプション』

    チェンバロ奏者スキップ・センペの最新盤は、「伝統」と「編曲、楽器の移し替え」をキーワードに、恩師レオンハルトが残したバッハの無伴奏ヴァイオリン曲、無伴奏チェロ曲のチェンバロへの編曲版と、そのバッハに影響を与えたバロック期の作品を収めたアルバ...

    クラシック|2021年07月05日 (月) 15:00

  • ヴェロニク・ジャンス/『PASSION〜リュリと17世紀フランスの抒情悲...

    ソプラノ歌手ヴェロニク・ジャンスの最新盤は、カンブラ&アンサンブル・レ・シュルプリーズとの共演で、リュリ作品と、リュリの後継者・ライバルたちの作品を交え、全5幕の抒情悲劇仕立てで「逞しくも恋に翻弄される女」を描きあげたプログラム。

    クラシック|2021年07月05日 (月) 15:00

  • パオロ・ダ・コル/『ジョスキーノ〜イタリアのジョスカン・デ・プレ...

    パレストリーナからモンテヴェルディまで16〜17世紀のポリフォニー作品の解釈で知られるパオロ・ダ・コルの指揮のもと、同国でもとくにルネサンス以前を得意とする4つのアンサンブルが集結し、ジョスカン・デ・プレの作品を録音。

    クラシック|2021年07月05日 (月) 15:00

  • ナドジツキ、カチカ/バッハ:ヴァイオリンとフルートによる協奏曲集

    ヴァイオリンのヤロスラフ・ナドジツキとフルートのクシシュトフ・カチカがバッハのドッペル・コンチェルトを録音しました。通常、ヴァイオリンとオーボエで演奏される協奏曲BWV.1060、そして2つのヴァイオリンで演奏される協奏曲BWV.1043で...

    クラシック|2021年07月01日 (木) 12:00

  • ヒポコンドリア・アンサンブル/ブリクシ:ミサ曲、他

    スプラフォン・レーベルが力を注いで録音を続けている「18世紀のプラハの音楽」。このアルバムではシモン・ブリクシが取り上げられています。ヒポコンドリア・アンサンブル、ハナ・ブラシコヴ(ソプラノ)、ヤロミール・ノセック(バス)による演奏です。

    クラシック|2021年07月01日 (木) 11:50

  • クリスチャン・リ/ヴィヴァルディ:四季、他

    13歳でメルボルン・シンフォニー・オーケストラのメンバーによる室内アンサンブルを弾き振りしたヴァイオリニスト、クリスチャン・リ、衝撃のデビュー・アルバムです。ヴィヴァルディ:四季、マスネ:タイスの瞑想曲、リ・ジリ:漁師の収穫の歌など収録。

    クラシック|2021年07月01日 (木) 07:59

  • Glossa Cabinetシリーズ

    実績豊かなスペインの古楽レーベル、グロッサから名盤を選んだシリーズ。

    クラシック|2021年06月25日 (金) 12:20

  • スコラ・カントルム・バレンシス/バセオ:5声のためのマドリガーレ...

    詳しい生没年や経歴等は判明していないものの16世紀の最後の30年間に活躍し、レッチェ大聖堂を務めていたとされるイタリアの音楽家フランチェスコ・アントニオ・バセオ(16世紀頃)の、『5声のためのマドリガーレ集 第1巻』の世界初録音が登場。演奏...

    クラシック|2021年06月23日 (水) 16:00

  • ジェローム・グランジョン/バッハ:平均律クラヴィーア曲集第1、2巻

    フランス名ピアニスト、ジェローム・グランジョンによるバッハの『平均律クラヴィーア曲集』第1巻と第2巻が登場。ジェローム・グランジョンは若くして国立パリ高等音楽院ピアノ科、室内楽科を一等で卒業し、チッタ・ディ・セニガリア国際ピアノコンクール入...

    クラシック|2021年06月23日 (水) 16:00

  • C.P.E.バッハ・エディション(60CD)

    独ヘンスラー・レーベルが2018年にリリースしたC.P.E.バッハ主要作品集CD54枚組に、新たにCD6枚が追加され60枚組ボックスとなった「C.P.E.バッハ・エディション〜シンフォニア、協奏曲、ソナタ、室内楽曲(完全版)」が登場。

    クラシック|2021年06月18日 (金) 16:00

  • トリオ・クォドリベット/弦楽三重奏版バッハ:ゴルトベルク変奏曲

    イタリアの伝説的ヴィオラ奏者ブルーノ・ジュランナ[1933-]の編曲による、弦楽三重奏版のバッハ:『ゴルトベルク変奏曲』が登場。演奏は、着実に成長を遂げ評価を高めているイタリアの若きアンサンブル「トリオ・クォドリベット」。

    クラシック|2021年06月17日 (木) 14:00

  • バボラーク、ベルリン・バロック・ゾリステン/バッハ

    ヘンスラーより積極的なリリースが続いているベルリン・バロック・ゾリステンの最新盤は、鬼才ホルン奏者ラデク・バボラークを迎えてのバッハ。BWV.1053、1059R、1055Rを、ホルン、弦楽と通奏低音のための協奏曲として演奏したものです。

    クラシック|2021年06月14日 (月) 16:45

  • 【LP】 アーノンクール『ブランデンブルク協奏曲』再発

    2021年アーノンクール没5年として、1981年の二度目の「ブランデンブルク協奏曲」録音が、180g重量盤レコードで数量限定再発売。

    クラシック|2021年06月11日 (金) 15:40

  • ルカ・ピアンカ/イタリア・ルネサンス、リュートの技巧

    リュートの黄金時代と言われるイタリア・ルネサンス。このCDではミケランジェロやモンテヴェルディと並び称され、「悪魔」とまであだ名された天才フランチェスコ・ダ・ミラノと、彼の弟子たちの作品を中心に収録しています。

    クラシック|2021年06月10日 (木) 11:55

  • ペトラ・ミュレヤンス/バッハ:ヴァイオリン・ソナタ集(2CD)

    ゴットフリート・フォン・デア・ゴルツとともにフライブルク・バロック・オーケストラを創設し、30年間に渡り共同音楽監督(兼コンサート・ミストレス)を務めたペトラ・ミュレヤンスによる、バッハ:ヴァイオリン・ソナタ集が登場。2018年録音。

    クラシック|2021年06月10日 (木) 11:00

  • 【発売】ニコラ・ベネデッティ/『バロック』

    ヴァイオリニスト、ニコラ・ベネデッティの最新盤は、ベネデッティがガット弦を含むピリオド・セッティングでリリースする初めてのバロック・アルバム。ヴィヴァルディ:ヴァイオリン協奏曲集と、ジェミニアーニ:合奏協奏曲第12番『ラ・フォリア』を収録。

    クラシック|2021年06月09日 (水) 12:00

  • キット・アームストロング/『The Visionaries of Piano Music』(2C...

    アメリカのピアニスト、キット・アームストロングの最新盤が、ドイツ・グラモフォンから登場。今回取り上げるのは、ウィリアム・バード[c.1540-1623]とジョン・ブル[1562/3-1628]の作品。

    クラシック|2021年06月09日 (水) 12:00

  • 【在庫特価】小糸恵/『ブクステフーデと・・・』(3CD)

    日本が誇るスイス在住のオルガニスト小糸恵による、ブクステフーデと、関連する作曲家たちのオルガン作品集。ヨーロッパの銘器5台のオルガンを使用し、その抜群のセンスから奏でられる唯一無二の演奏です。在庫限りの特別価格。

    クラシック|2021年06月04日 (金) 18:00

  • レザンアッタンデュ/バッハ:フーガの技法

    ヴァイオリン、バス・ヴィオール、アコーディオンによる『フーガの技法』が登場。主にヴァイオリンが上声部、ヴィオールが低声部、アコーディオンが中声部を担当していますが、曲によっては2つの楽器がユニゾンになるなど、思いもよらない響きが生まれていま...

    クラシック|2021年06月02日 (水) 17:00

  • ハーゼルベック、ジョゼフ/ヘンデル:オルガン協奏曲集(2CD)

    マルティン・ハーゼルベック、ジェレミー・ジョゼフ、ウィーン・アカデミー管弦楽団によるヘンデル:オルガン協奏曲集が登場。録音会場と楽器は、ウィーン・フィルのニューイヤー・コンサートでもおなじみの楽友協会大ホールとそのオルガンです。

    クラシック|2021年05月31日 (月) 18:00

  • A・ガベッタ&ヴェルサイユ王室歌劇場管/ヴィヴァルディ:四季

    チェリストのソル・ガベッタの兄でバロック・ヴァイオリンの名手アンドレス・ガベッタを中心に、フランス古楽界の俊才がヴェルサイユ宮殿に集って録音された、ヴィヴァルディとジョヴァンニ・アントニオ・グイード[c.1675-1729]の『四季』。

    クラシック|2021年05月31日 (月) 18:00

  • ウエルガス・アンサンブル/アルビオン〜中世イングランドのポリフォ...

    パウル・ヴァン・ネーヴェル&ウエルガス・アンサンブルの最新盤は、ケンブリッジ、オックスフォード、ダラム、ウスター、ヨーク、ロンドンの図書館に所蔵されている写本から14世紀イングランドの未知なるレパートリーを録音。

    クラシック|2021年05月31日 (月) 17:00

  • ダニエル・ゲーデ/バッハ:ヴァイオリン・ソナタ集(2CD)

    ウィーン・フィルや読売日本交響楽団のコンサート・マスターとして知られ、演奏ボランティア活動を通して日本でも広くファンを持つ1966年生まれの名ヴァイオリニスト、ダニエル・ゲーデによるバッハ:ヴァイオリン・ソナタ集が登場。

    クラシック|2021年05月27日 (木) 18:00

  • グリエルミ/バッハ:平均律クラヴィーア曲集第1巻(2CD)

    ルカ・グリエルミが弾く、バッハの平均律クラヴィーア曲集が登場。楽器は、バルセロナ音楽博物館に所蔵されているクリスティアン・ツェル製作のオリジナル・チェンバロ(1737年ハンブルク)を使用しています。

    クラシック|2021年05月27日 (木) 17:30

  • オノフリ/ペルゴレージ:スターバト・マーテル(イリバレン編曲版)

    オノフリ&セビリア・バロック管によるペルゴレージ:『スターバト・マーテル』が登場。スペイン、マラガ大聖堂のアーカイブに残っている5冊の『スターバト・マーテル』の写本から、フアン・フランセス・デ・イリバレン[1699-1767]が同大聖堂の楽...

    クラシック|2021年05月27日 (木) 17:00

  • ゼフィーロ/フックス:『月桂樹に姿を変えたダフネ』(2CD)

    アルフレード・ベルナルディーニ指揮、ゼフィーロの演奏による、フックス:歌劇『月桂樹に姿を変えたダフネ』全曲盤が登場。ラッファエーレ・ペーやモニカ・ピッチニーニら人気歌手を揃えたキャスト陣も注目です。

    クラシック|2021年05月25日 (火) 11:00

  • サルトル&レゾンブル/デトゥシュ:『セミラミス』(2CD)

    若い頃は司祭とともに現在のタイで布教活動を行い、帰国後には軍隊に所属、その後作曲家となったという経歴を持つ、アンドレ・カルディナル・デトゥシュ(1672-1749)の歌劇『セミラミス』の全曲盤が登場。

    クラシック|2021年05月25日 (火) 11:00

  • ジェイコブ・ヘリングマン/リュートとビウエラによるジョスカン・デ...

    ジョスカン・デ・プレの聖母マリアにちなむモテットとミサ曲を、ジェイコブ・ヘリングマンがリュートまたはビウエラ1台で演奏したアルバム。

    クラシック|2021年05月25日 (火) 10:00

  • アラミレ、フレットワーク/バード:『詩篇、ソネット、悲しみと敬虔...

    ウィリアム・バードの『バード:詩篇、ソネット、悲しみと敬虔の歌曲集』を初めて完全収録したCD2枚組が登場。演奏はデイヴィッド・スキナー率いる合唱団「アラミレ」と、イギリスを代表するヴィオール・アンサンブル「フレットワーク」です。

    クラシック|2021年05月25日 (火) 10:00

  • アレクサンドラ・パパステファノウ/バッハ:ゴルトベルク変奏曲

    ジェルジ・シェボックやアルフレート・ブレンデルにもレッスンを受けたことのあるギリシャ生まれのピアニスト、アレクサンドラ・パパステファノウによる『ゴルトベルク変奏曲』が登場。2020年5月12,21日、アテネ、ディミトリ・ミトロプーロス・ホー...

    クラシック|2021年05月24日 (月) 18:00

  • 【在庫特価】ルカ・ファンフォーニ/バッハ:無伴奏ヴァイオリン・ソ...

    1964年生まれのヴァイオリニスト、ルカ・ファンフォーニによるバッハ:無伴奏ヴァイオリンのためのソナタとパルティータ。2011年5月録音。在庫限りの特別価格です。

    クラシック|2021年05月20日 (木) 18:00

  • ベゲルマン、アレッサンドリーニ/ヴィヴァルディ:ヴァイオリン協奏...

    コンチェルト・イタリアーノの若きリーダー、ボリス・ベゲルマンによるヴィヴァルディのヴァイオリン曲集の登場。アレッサンドリーニとコンチェルト・イタリアーノによるやわらかなエネルギーに満ちたアンサンブルも魅力の演奏です。

    クラシック|2021年05月20日 (木) 12:15

もっと見る +