TOKIO 話題ドラマ『わにとかげぎす』(有田哲平・本田翼)に新曲書き下ろし

2017年06月21日 (水) 10:50

|

HMV&BOOKS online - ジャパニーズポップス

有田哲平の連続ドラマ初主演で話題のテッペン!水ドラ!!『わにとかげぎす』(7月19日スタート 毎週水曜深夜23時56分〜24時26分)の主題歌を、TOKIO が担当することがわかった。

TOKIO の53枚目となるニューシングル『クモ』は、ドラマスタッフからオファーを受けた長瀬智也が原作漫画「わにとかげぎす」を読み、不器用ながらも必死に生きる主人公を想い書き下ろした渾身のロックナンバー。切ない中にも力強さ、希望を感じられる名曲だ。

ドラマは、今まで面倒を避け孤独に生きてきた男・富岡(有田哲平)がある夜、突然 "孤独は罪だ!" と気付き、友達を作ろうと星に願う。ところが、あらゆる事件に巻き込まれ、一生懸命もがきながら生きていく・・・というストーリー。

先日、この主題歌を聴いた主演の有田哲平は「曲を聴かせてもらって、この曲がドラマの中でかかることを想像しただけで、すでに今からグッときています!」とコメント。さらに共演の本田翼や賀来賢人も「え!?TOKIOさんですか??」と目を見開いて驚いた後、大興奮。カラオケで TOKIO の楽曲を歌うことがあるという賀来も「ヘビロテして聴いてます」とお気に入りの様子だ。

TOKIO が担当する主題歌「クモ」が流れる『わにとかげぎす』の最新スポットは、21日(水)深夜放送のテッペン!水ドラ!!『3人のパパ』最終回後に初公開。その後、番組公式サイトでも視聴できる。

TOKIO・長瀬智也 コメント

原作を読ませて頂き、主人公・富岡の変わろうとする心、不器用ながらも真面目に生きる姿勢に心打たれました。ドラマの中でこの曲がかかっている時間だけは、そんな富岡がかっこよく見え、彼のきれいな気持ちがドラマチックに伝わると良いな、と思っています。

プロデューサー・峠田浩 コメント

有田哲平さん演じる富岡と本田翼さん演じる羽田の純粋な思いや恋愛を原作で何度も読んでいたとき、TOKIOさんの「LOVE YOU ONLY」が頭の中で自然とリピートしていました。それ以降、富岡と同世代となった長瀬さん、そして TOKIOさんは、この『わにとかげぎす』の世界観をどう表現してくれるかと考えるようになり、これは TOKIOさんしかないとオファーしました。富岡と同世代の長瀬さんは原作をすごく愛してくれていて、とても素晴らしい曲を書き下ろしてくれました。自分を変えたいと必死にあがく富岡がかっこよく見えて、その背中をとにかく押してくれる曲です。

原作「わにとかげぎす」とは?


「わにとかげぎす」は、「行け!稲中卓球部」「ヒミズ」「ヒメアノ〜ル」などで知られる漫画家・古谷実 氏の連載6作目となる作品で、2006年から2007年にかけて講談社「ヤングマガジン」にて連載された。累計発行部数(紙と電子)が80万部の人気作品で、ショボクレ警備員の富岡ゆうじが "没な人生" にお別れするため「友達作り」に奮起するも、次から次へとアクシデントが起き、人生が思わぬ方向へと向かっていくストーリーである。なお、古谷作品が連続ドラマ化されるのは今回が初めて。

番組概要

テッペン!水ドラ!!『わにとかげぎす』
毎週水曜深夜23時56分〜24時26分


原作「わにとかげぎす」古谷実(講談社「ヤングマガジン」刊)

<出演者>
有田哲平(くりぃむしちゅー)
本田翼
賀来賢人
吉村界人
コムアイ(水曜日のカンパネラ)
DOTAMA
福山翔大
ACE

淵上泰史

村上淳
光石研

ご予約はこちら

%%message%%

最新ニュース・情報を受け取る



TOKIOに関連するニュース

HMV&BOOKS online最新ニュース

最新ニュース一覧を見る