無人島 〜俺の10枚〜 【mouse on the keys 編】

2018年05月23日 (水) 18:00

|

HMV&BOOKS online - ジャパニーズポップス

日本のオルタナティブシーンの第一人者 mouse on the keys が待望のサード・アルバム『tres』を発表する。

2017年に敢行した初のアメリカ・ツアーでは、ロサンゼルス、シアトル、フィラデルフィアの公演をソールドアウトさせ、2018年に入り開催された「SonarHong Kong 2018」ではメインステージに出演(トリはスクエアプッシャー!)。今作は、いよいよ世界を席巻しようとしている mouse on the keys のまさに待望作と言える。

そんな mouse on the keys の川崎昭(ドラム)と新留大介(ピアノ、キーボード)が「無人島 〜俺の10枚〜」に参加してくれた。オルタナティブ・ミュージックの風景を今まさに激変させようとしている彼らが "今" 選ぶ10枚の作品とは?

無人島 〜俺の10枚〜 【mouse on the keys 編】

無人島では時間がやたらとあるというイメージなので、私は書籍中心にチョイス。何なら原書と辞書を持って行くかな。
川崎昭(ドラム)

クロード・レヴィ=ストロース 『悲しき熱帯〈1〉〜〈2〉』

無人島でレヴィ=ストロースの世界に浸りたい。
川崎昭(ドラム)選



リチャード・ローティ 『偶然性・アイロニー・連帯 リベラル・ユートピアの可能性』

単純にまだ読み終わってないのと、コンティンジェンシーって言葉に惹かれる。
川崎昭(ドラム)選



マルセル・プルースト 『抄訳版 失われた時を求めて〈1〉〜〈3〉』

何度もじっくり読むのに適してる。寝れない時にも良い。
川崎昭(ドラム)選



自然美には勝てないかもしれないが、人為の加わった作品も恋しくなるだろうから。
この(下記)三冊は最近定期的に眺めたくなるので。
川崎昭(ドラム)

John Chamberlain 『CATALOGUE RAISONNE OF THE SCULPTURE 1954-1985』



De Kooning 『A Retrospective』



植松永次 『水の中は森の深さ』



藤子不二雄A 『まんが道』

マイ・バイブル
川崎昭(ドラム)選

The Last Poets 『Delights of the Garden』

1977年作。全曲イントロがかかるだけであがる。アルバムの名義にも名前が入っているように、ラスト・ポエッツのパフォーマンスをぐいぐい引っ張るバーナード・パーディのドラムが凄まじくかっこいい。もちろんラスト・ポエッツの面々もラップともポエトリー・リーディングともヴォイス・パーカッションとも言い表せないリズムと熱量で激しくメッセージを吐き続ける。元祖HipHopというより、もっとトータルなブラック・ミュージックのファンクネスみたいなものが声からも楽器からも渦巻いていて、ひたすら熱い。
新留大介(ピアノ、キーボード)選

James Rhodes 『Inside Tracks: The Mix Tape』

少し前に、たまたまBSでマニュエル・ルグリのコンテンポラリー・バレエの演技を観てしまい、深夜に何度も繰り返し観て一人咽び泣いた事があったのですが 笑、その演目で演奏されていた曲がピアノ曲「ブゾーニ編曲によるバッハのトッカータ、アダージョとフーガ ハ長調 BWV564」のアダージョのパート。それ以来この曲を弾く様々なピアニストの演奏を聴き比べていて見つけたのがこの作品。弾いているJames Rhodesは元精神病患者だったピアニストで、自分が過ごしていた病院で演奏したり自伝も出している人。繊細かつとても人間的なピアノが沁みます。
新留大介(ピアノ、キーボード)選



Bobby McFerrin 『Vocabularies』

小学生の時にライブ盤「Voices」を聴いて、人間の、しかもたった一人の声だけでこんな多彩な表現が出来るのかと衝撃を受け、その後彼が一躍有名になった「Don't worry, be happy」で三冠を取った時のグラミー授賞式でのステージパフォーマンスをテレビで観てまたもや衝撃を受け、死ぬ前に生で観てみたいと思い続けてる人。どれも崇高な名作揃いだけど、このアルバムは最近の作品の中でも一番好きな作品。
新留大介(ピアノ、キーボード)選



無人島 〜俺の10枚〜 とは

音楽好きには、超定番の企画「無人島 〜俺の10枚〜」。なんとも潔いタイトルで、内容もそのまんま、無人島に持って行きたいCDを10枚チョイスしてもらい、それぞれの作品に込められた思い入れを思いっきり語ってもらう。ミュージシャンとしてルーツとなるもの、人生を変えた一枚、甘い記憶がよみがえる一枚、チョイスの理由にはそれぞれのアーティストごとに千差万別だ。

「無人島 〜俺の10枚〜」過去のアーカイブはこちら



mouse on the keys アルバム『tres』詳細


2018年5月23日(水)発売

<収録曲>
01. Clarity (feat.M'ANAM)
02. One Hundred Twenty
03. Stars Down (feat.Dominique Fils-Aime)
04. Time (feat.Mario Camarena of CHON)
05. Phases
06. Pulse (feat.Dominique Fils-Aime)
07. Golconda
08. The Prophecy (tres version)
09. Dark Lights (tres version)
10. Shapeless Man (feat.Jordan Dreyer of La Dispute)

ご購入はこちら

tres

CD

tres

mouse on the keys

価格(税込) : ¥2,750

会員価格(税込) : ¥2,530

まとめ買い価格(税込) : ¥2,337

発売日: 2018年05月23日

%%message%%

最新情報を受け取る

無人島 〜俺の10枚〜へ戻る

mouse on the keysに関連するニュース

HMV&BOOKS online最新ニュース

最新ニュース一覧を見る