トップ > 音楽CD・DVD > クラシック > ヴィルヘルム・フルトヴェングラー&ストックホルム・フィル、スウェーデン放送全録音集(4CD)

CD ヴィルヘルム・フルトヴェングラー&ストックホルム・フィル、スウェーデン放送全録音集(4CD)

ヴィルヘルム・フルトヴェングラー&ストックホルム・フィル、スウェーデン放送全録音集(4CD)

商品ユーザレビュー

  • ★★★★★ 
    (1 件)
  • ★★★★☆ 
    (0 件)
  • ★★★☆☆ 
    (0 件)
  • ★★☆☆☆ 
    (0 件)
  • ★☆☆☆☆ 
    (0 件)

レビューを書いてみませんか?

レビューを書く

検索結果:1件中1件から1件まで表示

  • ★★★★★ 

    Y.A  |  兵庫県  |  不明  |  2019年10月08日

    このBoxはEMIが1972年に発売したベートーヴェンの8番、レオノーレのリハと本番、ブラームスのドイツレクイエムの他、すっかり馴染みとなった演奏が殆どである。しかしこのBoxには貴重な点がいくつかある。まず@「フルトヴェングラー馴染みのないオーケストラとどのように演奏したか?」という貴重な記録であることだ。レオノーレのリハをあらためて聴いて頂きたい。ここでのフルトヴェングラーは驚くべきことに、全く「基本的テクニック」しか指示してない。「そこはスタッカート」「常にインテンポで」「クレッシェンドは正確に」等々である。我々が抱く「フルトヴェングラーのイメージ」とはまるで違い、楽譜に忠実であることを徹底させている。ところが、有名な「ルツェルンのリハ」と聴き比べると雰囲気がまるで違うのだ。ルツェルンでのリハは、音色や音フレーズに関する指摘が明らかに多い。これは恐らく「フルトヴェングラーはオーケストラのレベルに応じてリハの仕方を変えていた」という貴重な証拠なのだ。質が高いオケには「ニュアンス」を、質が落ちるオケには「基本」を徹底して教え込んでいたのだろう。ベルリン フィルとのリハ録音がいくつか残っているが「素人には全く参考にならない」のはこういう点に起因している。次にA全て既発録音だが、現在「中古市場でも殆ど入手不可能なもの」が含まれている。特にドン ファンの復刻は嬉しい限りだ。 ここに収められた録音は「フルトヴェングラーの最上の演奏」ではない。また録音の質も落ちる。だが他のレーベルに比べ「スクラッチノイズ」は大きいものの、その分「高音がよく聴こえ」るので、聴きやすくなっている(「リハ録音が一番良い音だ」というのが少々皮肉な結果ではある)。 あくまで「コアなフルトヴェングラー ファン向け」であり本来なら「星4つ」だろうが、希少価値を加味し「5つ」とした。

    4人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに 共感する

検索結果:1件中1件から1件まで表示