トップ > 音楽CD・DVD > クラシック > 『ヴィヴァルディ、その先に』 パトリツィア・コパチンスカヤ、ジョヴァンニ・アントニーニ&イル・ジャルディーノ・アルモニコ

CD 『ヴィヴァルディ、その先に』 パトリツィア・コパチンスカヤ、ジョヴァンニ・アントニーニ&イル・ジャルディーノ・アルモニコ

『ヴィヴァルディ、その先に』 パトリツィア・コパチンスカヤ、ジョヴァンニ・アントニーニ&イル・ジャルディーノ・アルモニコ

商品ユーザレビュー

  • ★★★★★ 
    (1 件)
  • ★★★★☆ 
    (0 件)
  • ★★★☆☆ 
    (0 件)
  • ★★☆☆☆ 
    (1 件)
  • ★☆☆☆☆ 
    (0 件)

レビューを書いてみませんか?

レビューを書く

検索結果:2件中1件から2件まで表示

  • ★★★★★ 

    海尾水  |  神奈川県  |  不明  |  2021年03月03日

    クラシック音楽もここまで来たかという、とんでも盤である。その内容は聴くまでのお楽しみ的なもの。ヴィヴァルディの曲の合間に現代の前衛的な作品が続く構成。ブックレット裏のアントニーニがコパチンスカヤの首を絞めている写真は笑えた。

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに 共感する

  • ★★☆☆☆ 

    うーつん  |  東京都  |  不明  |  2020年09月18日

     ヴィヴァルディとイタリアの現代作曲家による作品と聞いて、どんなものかと入手してみた。のっけから刺激と奇想がほとばしるようなテンションで幕を開け、様々な楽器の組み合わせで作品が登場するので先が読めないジェットコースターのようにライヴ感も体感できる。  が、しかし、であるが不思議とあとに感興が残らない。アイディアもテクニックも面白いが、なにか心に残るものが少ないのだ。私の聴き方が稚拙だからかもしれないが、聴き終えると前述のライブ感も薄っぺらく思えてしまう。「ヴィヴァルディ、その先に」あるのは「ライヴは楽しめたがそれはアトラクションとして」みたいな妙な空虚感だった。

    6人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに 共感する

検索結果:2件中1件から2件まで表示