トップ > 音楽CD・DVD > クラシック > シベリウス(1865-1957) > 交響曲全集、クレルヴォ オスモ・ヴァンスカ&ミネソタ管弦楽団(4SACD)

シベリウス(1865-1957)

SACD 交響曲全集、クレルヴォ オスモ・ヴァンスカ&ミネソタ管弦楽団(4SACD)

交響曲全集、クレルヴォ オスモ・ヴァンスカ&ミネソタ管弦楽団(4SACD)

商品ユーザレビュー

  • ★★★★★ 
    (2 件)
  • ★★★★☆ 
    (0 件)
  • ★★★☆☆ 
    (0 件)
  • ★★☆☆☆ 
    (0 件)
  • ★☆☆☆☆ 
    (0 件)

レビューを書いてみませんか?

レビューを書く

検索結果:2件中1件から2件まで表示

  • ★★★★★ 

    Papachan  |  北海道  |  不明  |  2021年05月04日

    ベルグルンド/ECO盤と双璧の名演奏。もちろん、ラハティとの旧盤を超える名演でしょう。とにかく、明晰さと透明感ではこの盤の右に出るものはないでしょう。3・6・7番を収めた一枚がとりわけすばらしい。3番は室内楽的な緻密さとシンフォニックな豊かな響きを兼ね備えた稀有の名演。ほかのどの演奏でも、この二つをここまで完璧に両立しえたものはないでしょう。6番は冒頭の弦のアンサンブルの透明感が素晴らしい。もちろん、単なる響きの美しさに終わらない、聴かせる演奏です。そして7番も、徹底した読みに裏付けられた説得力のある演奏です。4番も奥行きの深い、聴き手をひきつける力のある実に渋い名演奏です。これといって目新しい解釈はほとんどありません。しかし聴いた後の充実感はすばらしい。1番が旧盤同様、やや落ち着かなくしっくりこないのを除けば、こうでなくては、と納得させられる演奏ばかりです。鍛え抜かれたアンサンブルは、全盛期のセル/クリーヴランドにも匹敵するといえるかもしれません。アメリカのオケだといって敬遠するのは大間違いです(アメリカのオケは派手な音色だということ自体が、ただの思い込みでしかないのですが)。シベリウスの交響曲を愛するものとしては必携のセットでしょう。

    1人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに 共感する

  • ★★★★★ 

    R35sT  |  熊本県  |  不明  |  2021年03月20日

    許光俊さんのエッセーが好きでよくそのお誘いに乗ってしまうのですが、このシベリウスも良かった!元々、日本のシベリウス愛好家にとってヴァンスカさんと言えば、その実演を聴いて目から鱗が落ちた人が多いはず。そんな方の満を持しての交響曲チクルスが悪いはずはないのですが。。。躊躇する理由も明らかにあって、一つにはミネソタ交響楽団がアメリカのオケだということに対する不安。そして、ラハティ交響楽団との全集があるのに更に購入する価値があるのか?という根本的な問題。結論から言うと、シベリウス愛好家なら購入する価値ありです。このアルバムでのヴァンスカさんはその録音の良さもあり、しみじみと浸れるシベリウスの世界を構築。ラハティ交響楽団との全集も素晴らしく美しい世界でしたが、比べてみると呼吸の深さが全然違う。ただあくまで聴き比べをしたらの話であり、シベリウス愛好家以外には恐らくどちらも素敵なアルバム。まぁ、迷った時は、行けばわかるさ!です。 ちなみに、ミネソタ交響楽団はアメリカのオケとはとても思えませんので、為念。

    1人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに 共感する

検索結果:2件中1件から2件まで表示