トップ > 『ラビリンス〜ピアノ小品集』 カティア・ブニアティシヴィリ (2枚組アナログレコード) 

LPレコード 『ラビリンス〜ピアノ小品集』 カティア・ブニアティシヴィリ (2枚組アナログレコード) 

『ラビリンス〜ピアノ小品集』 カティア・ブニアティシヴィリ (2枚組アナログレコード) 

商品ユーザレビュー

レビューを書いてみませんか?

レビューを書く

検索結果:4件中1件から4件まで表示

  • ★★★★★ 

    Ichirokagawa  |  香川県  |  不明  |  2021年09月25日

    “迷宮”とネーミングされたピアノ小品集だが、普通のピアノアルバムではない。ブニアティシヴィリというピアニストが迷い込んだ、彼女自身の内面宇宙を表現したものである。だから、バッハでもブラームスでも、メロディーは作曲家のそれを借りてはいるが、表現されるのは原曲とは全然違うものである。この静かな音世界を味わうのである。ケージの”4分33秒”も、実は様々な音がきこえる。異色のアルバムである。でも、ブニアティシヴィリの”普通”の演奏をもっと聴きたい。

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに 共感する

  • ★★★★☆ 

    paul  |  静岡県  |  不明  |  2021年03月26日

    これは、小品集にとどまりません。ピアニストの個性と相まって1つの大きな作品に仕上がっています。ブニアティシヴィリ恐るべし。ただ、4分33秒が収録されているのは微妙です。

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに 共感する

  • ★★★★★ 

    hyperion  |  京都府  |  不明  |  2021年01月28日

    このピアニストらしい音楽を紡ぎ出していることは事実であり、彼女がやはり今世紀を代表するアーティストの一人となるだろうことを予感させる録音には違いない。

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに 共感する

  • ★★☆☆☆ 

    好事家  |  千葉県  |  不明  |  2020年11月22日

    選曲はユニークで演奏もそこそこ楽しめますが、ブニアティシヴィリのこれまでのCDと比べると完成度が低いと感じます。まず録音が冴えません。音がこもりがちで美しさに欠け、セッションなら当然処理すべきノイズもそのまま収録されています(4分33秒は例外)。演奏者と制作サイドの意図が今一つ伝わってこないまま聴き終えました。

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに 共感する

検索結果:4件中1件から4件まで表示