トップ > 音楽CD・DVD > クラシック > ショスタコーヴィチ(1906-1975) > ショスタコーヴィチ:交響曲第5番『革命』、チャイコフスキー:交響曲第4番 マリス・ヤンソンス&レニングラード・フィル(1986年東京ライヴ)(2CD)

ショスタコーヴィチ(1906-1975)

CD ショスタコーヴィチ:交響曲第5番『革命』、チャイコフスキー:交響曲第4番 マリス・ヤンソンス&レニングラード・フィル(1986年東京ライヴ)(2CD)

ショスタコーヴィチ:交響曲第5番『革命』、チャイコフスキー:交響曲第4番 マリス・ヤンソンス&レニングラード・フィル(1986年東京ライヴ)(2CD)

商品ユーザレビュー

  • ★★★★★ 
    (2 件)
  • ★★★★☆ 
    (1 件)
  • ★★★☆☆ 
    (0 件)
  • ★★☆☆☆ 
    (0 件)
  • ★☆☆☆☆ 
    (0 件)

レビューを書いてみませんか?

レビューを書く

検索結果:3件中1件から3件まで表示

  • ★★★★☆ 

    ALFA147  |  静岡県  |  不明  |  2021年04月27日

    懐かしい!大学の頃FMでやったものをエアチェックして、カセットテープで持っています。ヤンソンス若いなあ。確かムラヴィンスキーの代役で降った来日公演だったと思います。今では失われてしまったレニングラードの音、稀少な記録です。

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに 共感する

  • ★★★★★ 

    Schonefeld  |  奈良県  |  不明  |  2021年03月13日

    いずれの演奏も凄いの一言 これが同一日の演奏か!と 凄過ぎるパワー! 若いころはこんなにパワーがあったんだと確認できました もちろん晩年も十分パワーはありましたがね 

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに 共感する

  • ★★★★★ 

    grooove mania  |  不明  |  不明  |  2020年12月31日

    これほどまで心が高揚し胸が熱くなる演奏が音源化されていなかったのが信じられないほど、今回のリリースはまさに奇跡といえる。 彼のタクトの緩急には、人間的な感情の振れ幅を超越したものを感じる。 特筆すべきは録音の素晴らしさ。楽器の響きはもちろん、トールトーンの美しさに酩酊する。 可能であればSACD化を切望する。 なお、輸入盤とあるが、製造は日本のもので帯もついていて、国内盤といってもよいクオリティーなのがうれしかった。

    2人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに 共感する

検索結果:3件中1件から3件まで表示