CD 筒美京平SONG BOOK

筒美京平SONG BOOK

商品ユーザレビュー

星5つのユーザレビュー > すべてのユーザーレビューを見る
  • ★★★★★ 
    (1 件)
  • ★★★★☆ 
    (1 件)
  • ★★★☆☆ 
    (0 件)
  • ★★☆☆☆ 
    (0 件)
  • ★☆☆☆☆ 
    (0 件)

レビューを書いてみませんか?

レビューを書く

検索結果:1件中1件から1件まで表示

  • ★★★★★ 

    大湖  |  東京都  |  不明  |  2021年04月29日

    @筒美京平の名曲を現在活躍中のシンガーが熱唱する。アーティストと選曲が大変ユニークである。トリビュートアルバムの成否はそこにある。 A斉藤由貴の「卒業」を乃木坂46の生田絵梨花が熱唱する。さすが音大卒だけあって、正確で丁寧な歌唱である。しかも、斉藤由貴の少し抜いた歌声の味わいまで再現している。欲を言えば、サビはもう少し力強く歌っても良かったのではないか。メリハリの効いた歌唱になったはずだ。 B少しがっかりしたのは、太田裕美の「木綿のハンカチーフ」を歌う橋本愛である。ピアノの弾き語りで語りかけるように歌うが、アップテンポで伸びやかに歌う方が良い。 C大健闘はジュディ・オングの「魅せられて」を歌うリトル・グリー・モンスターの芹奈・かれんの歌唱である。曲の誘惑的な雰囲気を美事に醸し出している。 D堺正章の「さらば恋人」を歌う前田亘輝の歌唱は堺正章そのものに成りきっている。 E稲垣潤一の「ドラマティック・レイン」を歌うJUJUの歌唱も素晴らしい。女性が歌うのもよく似合う曲であることがわかった。 Fラストはシブがき隊の「君だけに」を歌う西川貴教の歌唱である。曲の素晴らしさもさることながら、西川の歌唱は声量たっぷりで、力強く愛を歌い上げる。思わず感動して涙が出た。 Gアルバムジャケットのイラストが面白い。筒美京平、ピアノ、レコードがたのしく描かれ、昭和歌謡・ポップスを現代に甦らせている。 面白さ抜群の必聴アルバムである。

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに 共感する

検索結果:1件中1件から1件まで表示