トップ > 音楽CD・DVD > クラシック > シュテルツェル(1690-1749) > 受難オラトリオ『子羊が往く、咎を背負って』 ヘルマン・マックス&ダス・クライネ・コンツェルト、ライニッシェ・カントライ

シュテルツェル(1690-1749)

CD 受難オラトリオ『子羊が往く、咎を背負って』 ヘルマン・マックス&ダス・クライネ・コンツェルト、ライニッシェ・カントライ

受難オラトリオ『子羊が往く、咎を背負って』 ヘルマン・マックス&ダス・クライネ・コンツェルト、ライニッシェ・カントライ

商品ユーザレビュー

星5つのユーザレビュー > すべてのユーザーレビューを見る
  • ★★★★★ 
    (1 件)
  • ★★★★☆ 
    (0 件)
  • ★★★☆☆ 
    (0 件)
  • ★★☆☆☆ 
    (0 件)
  • ★☆☆☆☆ 
    (0 件)

レビューを書いてみませんか?

レビューを書く

検索結果:1件中1件から1件まで表示

  • ★★★★★ 

    フォアグラ  |  愛知県  |  不明  |  2021年11月05日

    バッハの同時代人シュテルツェルは無名ではないもののメジャーとは程遠い。大半の作品が散逸したのも要因らしいが、やはり同時代人のグラウプナーの再評価が進む中、シュテルツェルにも日が当たってほしい。「子羊が往く、咎を背負って」はライプツィヒでバッハも指揮した作品で、代表作と思われる(私も大した情報がないのでわからないのだが)。作風はバッハに近い。コラールはバッハの曲かと思うくらい。構成もバッハの受難曲と同じだが、音楽が劇的にならず、聴く者を心理的に追い詰めることもない。アリアも3分程度で淡々と進んでしまうため深い感動まで至らない。それでも個々のナンバーは美しい曲が多く一聴の価値は十分あると思う。演奏も優秀。ソプラノのヴィンターの美声が心地よい。

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに 共感する

検索結果:1件中1件から1件まで表示