トップ > Scritti Politti > Cupid & Psyche 85

Scritti Politti

CD Cupid & Psyche 85

Cupid & Psyche 85

商品ユーザレビュー

レビューを書いてみませんか?

レビューを書く

検索結果:19件中1件から15件まで表示

  • ★★★★★ 

    nonkipapa  |  神奈川県  |  不明  |  2011年05月05日

    このアルバムは、今やかもしれませんが当時アナログ盤でこの音ということでものごっつう話題(といっても一部のかも)になりました。楽曲もけっこういいと思いますよ。あとジャケットのデザインも良いと思いますが 如何? どなたも買って損はないアルバムと思いますよ。

    3人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに 共感する

  • ★★★★☆ 

    bonovox  |  福岡県  |  不明  |  2009年05月31日

    1stアルバムの存在を全く知らず、「パーフェクト・ウェイ」での中性的な声に“誰だ?”と反応してアルバムを買いました。 クレジットを見たら、マーカス・ミラー(Ba)、スティーヴ・フェローン(Dr)、ウィル・リー(Ba)、ポール・ジャクソンJr(G)って、おいおい凄いレコーディング・メンバーじゃないか!! ドPOPなメロディに、グリーンの決して濁る事の無いクリーンな声、そしてラウドなドラムという公式がほぼ全うされており、似たり寄ったり感は否めませんが、このPOP感覚は新鮮でした。

    1人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに 共感する

  • ☆☆☆☆☆ 

    かめ  |  大阪府  |  不明  |  2009年05月15日

    これいいですよ。今の時代には少し音が「痛い」けど。 分離と一音の存在感の両立を目指してます。 歌詞とヴォーカルは屈折したロンドン小僧のフォークソングだけど リズムアレンジや音色の選択は洗練されていて独自の価値観を 持って作られてます。例えるならキューブリックの映画みたい。マイルスがカバーしたパーフェクトウェイより 個人的にはウッドビーズがいいかな。これは歌詞もいいです。

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに 共感する

  • ★★★★☆ 

    icu  |  北海道  |  不明  |  2008年01月14日

    80年代中盤・・・このアルバムを聴いてそのセンスと楽曲に衝撃を受けた。今聴くと、それほど斬新ではないように思うかも知れないけど、音の散らし方(Pan設定)や音色の選び方はもはや職人の域かと思う。グリーンの声は軟弱だがこれがスクリッティなのだから。iPodに入れといて不意に聴くとgood・・・。

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに 共感する

  • ★★★★★ 

    ロックマニア  |  不明  |  2007年02月19日

    洗練の極みの様な音楽とは真にこう言う作品のこと!清涼感に満ち溢れた何処を取っても一分の隙もなく計算されつくした無駄のないアレンジとグリーンの透明感のある美ボーカル!! 80年代を代表する白人ソウルALBUMでありポップALBUMの一つの金字塔であると思う☆ ただあまりにも上品にまとめ過ぎている嫌いがあるのも分かるしいかにも80年代的な若干時代を感じさせる音作りなのも否定は出来ない・・しかしそんな事はこの圧倒的な完成度の前では些細な傷でしかない いやむしろこの音作りだからこそこのALBUMは永遠の輝きを得る事が出来たのだろうとさえ思う

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに 共感する

  • ★★★★★ 

    dreamポリバケツ  |  北海道  |  不明  |  2006年10月24日

    20年前の作品とは思えない。グリーン然り、去アリフマーディン然り、とんでもない。才能とideaの結晶。

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに 共感する

  • ★★★★★ 

    ぴーと  |  東京都  |  不明  |  2006年07月16日

    これが出た85年はいわゆるエイティーズ全盛期。セールスとメディアの評価は比例しない時代だったんだけど、このアルバムは評論家筋からの評価が高かったにもかかわらず、売れに売れた(変な表現だな)。僕は当時中学生で、洋楽を聴きはじめたばかりだったので、普通にヒットポップスとして楽しんでいました。

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに 共感する

  • ★★★★★ 

    SIGUE SPU  |  東京都  |  不明  |  2006年02月12日

    '85年発表。テクノは毎日進歩してるけど、そこからニュータイプの音楽が生まれる場面は4〜5年に一度ぐらいだと思う。本作は、ポスト・ニューウェイヴという時期に生まれたニュータイプだった。音を耳にしてすぐ気づくのは、たくさんの音を細かく配列して、それで一つの空気を作っている点描のようなアレンジ。

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに 共感する

  • ★☆☆☆☆ 

    スパゲッティ・ナポリッティ  |  X  |  不明  |  2005年12月21日

    当時から思っていたが、甘ったるくて変な作り声だなァ。開き直ったようなポップ度満開の曲ばかり。Eは復活後のマイルス・デイヴィスがC・ローパーの『タイム・アフター・タイム』とともに取り上げた曲、さすがに個性的なリズムの取り方だけれども、ここまでポップなサウンドならば毛色は違うがアバのほうがまだしもいいや。

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに 共感する

  • ★★★★★ 

    K-B  |  東京都  |  不明  |  2005年08月04日

    卸カズなギター(nao、ルンメイ)とシンセ(僕)、キーボードのE・Pf(love)音が包みこみます。これぞ最高傑作!!naoさんありがとう!!

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに 共感する

  • ★★★★★ 

    K-B  |  東京都  |  不明  |  2005年08月04日

    この中でも最高に爽やかで美しいコードやコーラスで展開される「アプソルート」にしました。ボーカル(nao)コーラス(ルンメイ、bubu)の美しく澄んだハーモニーとこの曲の心臓部で高低差のあるベース(mad)、バスドラの重量感とエフェクトのきいたスネア(AKI)が重要です。

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに 共感する

  • ★★★★★ 

    K-B  |  東京都  |  不明  |  2005年08月04日

    グリーンの透明感ある澄んだVo.にソウルへのリスペクトから生まれるリズム。真夏の日差しが眩しく海岸の砂浜で楽しんでいるトキに流してもらいたい本作。曲は「スモーク〜」「パーフェクト〜」など爽やかで気持ち良い曲ばかりで迷ったのだが

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに 共感する

  • ★★★★★ 

    nananao  |  神奈川県  |  不明  |  2005年05月31日

    飽きない1枚。時々引っ張り出しては聴く。他のアルバムも悪くないが、グリーンはこれ1枚である意味終わった感じ。

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに 共感する

  • ★★★★★ 

    るっち  |  千葉県  |  不明  |  2005年05月26日

    中学生の時に初めて聴いてガツンときました。他のアルバムも持っていますが、青春時代と重なって本作が一番良い気が・・・あ、でもこの後に出た「プロビジョン」もイイ・・・嗚呼優柔不断・・・。このバンドをまったく知らない人が今聴いても違和感無いと思います。

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに 共感する

  • ★★★★★ 

    BELL  |  岡山県  |  不明  |  2005年05月21日

    そう言えばこのalbum後の某社シーケンサー(QY10)にまで"high-tech_soul"と称して瓜二つの楽曲がプリセットされてたね。12inchシングルもありました。案外FLASH&BLOODが好きだったりして…。

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに 共感する

検索結果:19件中1件から15件まで表示