トップ > Sonny Rollins > Bridge: 橋 (180グラム重量盤レコード)

Sonny Rollins

LPレコード Bridge: 橋 (180グラム重量盤レコード)

Bridge: 橋 (180グラム重量盤レコード)

商品ユーザレビュー

  • ★★★★★ 
    (5 件)
  • ★★★★☆ 
    (2 件)
  • ★★★☆☆ 
    (0 件)
  • ★★☆☆☆ 
    (0 件)
  • ★☆☆☆☆ 
    (0 件)

レビューを書いてみませんか?

レビューを書く

検索結果:7件中1件から7件まで表示

  • ★★★★★ 

    nancy  |  茨城  |  不明  |  2007年07月28日

    すばらしいです。ロリンズではこれがベストです。ジム・ホールの採用が成功しています。ここでのジム・ホールの演奏は神がかっています。 ”God Bless the Child”は何度きいても、泣けます。

    1人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに 共感する

  • ★★★★☆ 

    星影のステラー・リージョンズ  |  宮城県  |  不明  |  2008年12月29日

    この盤の音質、リマスターCDと、当時のアナログ盤LPとで、1度聴き比べをしたいと思うほど、言葉で伝えにくい、心地良さを感じます。 ( 今はリマスターCDしか聴けてませんが )、かなり好いてます。 ( アナログLP欲しい以前に壊れたレコード・プレイヤーを何とかしろ ! 。 というツッコミが入る、昨今の、俺の音楽趣味ですが..。) 次に、楽曲についてですが、面白い音が色々と並んでますが、俺も、人気曲の「ジョン・S」のフレーズにK・Oです。あんだけシンプルそうで、奇抜な音は、平凡な音楽家では、創れないと断言したい位です ! 。(っていうか、俺、様々なジャンルや、楽曲に、そんなに強くは無いんですけど..(笑)。)

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに 共感する

  • ★★★★★ 

    バード大好き  |  三重県  |  不明  |  2006年03月03日

    ロリンズの復帰作として名高いアルバム。バラードプレイが最高に泣ける。最後の曲、ユードゥーサムシングトゥミーでのロリンズのプレイには圧巻。

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに 共感する

  • ★★★★★ 

    時計仕掛けの林檎  |  札幌FarEastBridge  |  不明  |  2005年06月28日

    ジャズを聴き出したばかりの十三年ほど前、S.J.に載った伝記を読み、探し回って買ったアナログを聴いた時の感動は忘れられない。中村さんの言うように、彼は確実に深くなっていた…。B.N.とPrestigeのRollinsしか知らないと言う人には、先ず聴いて欲しい一枚です。今の様なアナログの価格高騰以前に、せっかく安く手に入れたその盤も、数年前に手放してしまいました。(金が無くなると、見境無しにレコを売ってしまう、悪い癖なんです^^;)今は、いつかCDで買いなおすぞ!とRevenge計画中です。いつも思うが、彼に下手なPianoのBackingは、不要い!

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに 共感する

  • ★★★★★ 

    Yoshihiro (20)  |  Yokohama  |  不明  |  2005年04月26日

    1曲目の”Without a Song”からヤバイいいです☆★☆★ギター・ドラムス・ベースのトリオがバックをつとめてて、ピアノがいないけどロリンズの男っぽさ全開のテナーの場合いないほうがいいのかも…◇◆◇”John S”の出だし聴いただけで心がウキウキしてくるこのアルバムはまさしく名盤の名に恥じない『超名盤』でしょう◇◆◇◆皆さん是非とも聴いてみて下さい〆

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに 共感する

  • ★★★★★ 

    吉原の男  |  不明  |  2003年09月01日

    四の五のいわず黙って「ジョン・S」を聴け!

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに 共感する

  • ★★★★☆ 

    中村一斉  |  不明  |  2003年08月31日

    名盤の誉れ高い『サキソフォン・コロッサス』発表後もロリンズは常に自身の自己批評に厳しく、理想と現実の演奏の落差に耐えられず、とうとうジャズの演奏を中止し、一人黙々とイースト・リバーの上でサックスの練習に励むようになる。それは長期間に及ぶ引退であったが、ついにカムバックを果たした記念すべき記録がこれ。以前のプレイより更に深化を増した壮絶でスリリングな演奏で、ロリンズがアーティストとして自己のスタンスを確立しつつあるのは明白。一つの音階のみを使ってスイングを聴かせる『ジョン・s』など、自身に満ちたロリンズがここに

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに 共感する

検索結果:7件中1件から7件まで表示