トップ > 音楽CD・DVD > クラシック > ワーグナー(1813-1883) > 『神々の黄昏』全曲 パトリス・シェロー演出、ピエール・ブーレーズ&バイロイト、グィネス・ジョーンズ、M.ユング、他(1980 ステレオ 日本語字幕付)(2DVD)

ワーグナー(1813-1883)

DVD 『神々の黄昏』全曲 パトリス・シェロー演出、ピエール・ブーレーズ&バイロイト、グィネス・ジョーンズ、M.ユング、他(1980 ステレオ 日本語字幕付)(2DVD)

『神々の黄昏』全曲 パトリス・シェロー演出、ピエール・ブーレーズ&バイロイト、グィネス・ジョーンズ、M.ユング、他(1980 ステレオ 日本語字幕付)(2DVD)

商品ユーザレビュー

  • ★★★★★ 
    (6 件)
  • ★★★★☆ 
    (1 件)
  • ★★★☆☆ 
    (0 件)
  • ★★☆☆☆ 
    (0 件)
  • ★☆☆☆☆ 
    (0 件)

レビューを書いてみませんか?

レビューを書く

検索結果:7件中1件から7件まで表示

  • ★★★★★ 

    トロ  |  不明  |  不明  |  2021年07月18日

    現在の演出からみれば古いと感じる方もいられるようだが、余りにも時代とかけ離れた珍妙な衣装や演出が、最近の歌劇では多すぎるのではないだろうか?映像が古くなってしまったとはいえ、映像で楽しむ指輪としては傑作だと思う。ブリュンヒルデのギネス・ジョーンズを筆頭に歌唱と容姿の違和感がないことも、この映像作品の売り。 折角廉価再発してくれるのだから全曲セットで、この指輪製作時のドキュメント映像をも収録して商品化されなかったことは残念。特典映像付きでブルーレイディスクでの国内再発が企画されないだろうか…

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに 共感する

  • ★★★★★ 

    テリーヌ  |  大阪府  |  不明  |  2016年03月13日

    もともとオペラや楽劇は好きではなかった私が魅せられた映像です。時代設定が現代風で背広姿が目立ち、嬉しい違和感に感激しました。演奏も優秀。これを視聴すると、自分自身の若き日々が蘇ってきます。

    1人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに 共感する

  • ★★★★☆ 

    蟹缶  |  東京都  |  不明  |  2011年12月20日

    シェロー演出は「ラインの黄金」が最もよく、次いでこの「神々のたそがれ」が出来がいいと思う。ブルジョワ社会のギービヒ家の退廃的な雰囲気はヴィスコンティ風。そこに神話の世界から鎧を着けたジークフリートが乱入する異物感は鮮やか。2幕の群集の扱いも上手い。ただ幕切れの部分は炎がしょぼいので民衆がのんびりキャンプファイアーを眺めている雰囲気。全くカタストロフィも感じさせず拍子抜け。 ユングは相変わらず冴えない声だが「たそがれ」ではかなり健闘している。2幕で家臣たちに詰め寄られ「誰か武器を持ってきて一緒に誓え!」と憤然と言い放つ処などは他のテノールより上手いとさえ感じる。他キャストは全体的に小粒。フランツ・マツーラは声はともかく演出家が強調されるせいもあるがじじむさい。ハーゲンがフリッツ・ヒューブナーの代わりにマッテイ・サルミネンだったらなお良かった。グィネス・ジョーンズが声も素晴らしく見た目も存在感で圧倒してる。長丁場でも一向に息切れしないパワフルな声なので自己犠牲でも安心して聴ける。ブーレーズの音楽作りはワーグナーにしてはあまりに精緻なので録音が良くないと良さが生きない。僕が買ったDVDはフィリップスの旧盤で音質が非常に悪かった。別途発売されているCDはDVDとは全く別次元の良好な音質なのでオケを中心に聴くならCDを買って音だけじっくり聴く方がいいかもしれない。

    3人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに 共感する

  • ★★★★★ 

    カバポチ  |  神奈川県  |  不明  |  2010年09月01日

    ブーレーズはフィリップスの輸入盤で指環全曲持っているが、日本語とドイツ語の字幕が欲しくて、このCDを購入した。しかし、残念なことに何故か「黄昏」しかHMVの取り扱いがない。他の「黄金」「ワル」「ジーク」も揃えたいのだが、取り扱って頂けないのだろうか?日本語の全曲盤は限定盤で入手不能のようだが、バラは「黄昏」だけが入手可能というのもおかしなものだ。演奏も演出も素晴らしいだけに、是非全作揃えたい。最後に、国内盤は輸入盤に比べて高すぎないだろうか?「黄昏」だけで1万円というのは正直言ってきついと思う。それにしても、本盤は素晴らしい!今かけて感動しながら書いています。

    3人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに 共感する

  • ★★★★★ 

     |  広島県  |  不明  |  2009年09月15日

    エンディングは『指輪』全編を締めくくるにふさわしく壮大で実に感動的だ。まずは4時間余りの長丁場を歌いきったジョーンズにブラボー。ここでは白一色のコスチュームだが(ワルキューレの戦士の服よりもジョーンズにはこちらの方が似合う)、それはまさしく彼女が巫女たることを表象しているのだろう。しかも、天上と地上と地下世界のすべての運命と悲劇とを一身に背負って、まさしく供犠として彼女は炎の中に身を投げるのである。音楽、映像ともに満足度は極めて高い。

    1人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに 共感する

  • ★★★★★ 

    音と光  |  東京  |  不明  |  2008年09月23日

    まずグィネス・ジョーンズのブリュンヒルデが最後を劇的に盛り上げてくれている。見た目麗しい割には声に張りがあり力強いです。ブーレーズの指揮も混濁がなく、メロディーが絶え間なく湧き出してくる感じで、楽曲に生命力を与えています。また階級闘争を思い起こさせるシェローの演出についてもずれは感じません。もはや最近の日本を考えると違和感がなくなっているようです。いずれにせよ安価になって、映像としてはファーストチョイスであると思います。

    2人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに 共感する

  • ★★★★★ 

    きるすてん  |  新潟県長岡市  |  不明  |  2008年04月28日

     ワーグナーは昔から好きですが、指環はなんぼなんでも長すぎると思っていたんです。特に黄昏の第1幕なんかが。そんな私が知人に勧められて見たのが、このブーレーズ盤。序幕冒頭の8本のホルンの響きからして今まで聴いたどの演奏とも違う新鮮さがありました。速めのテンポでグイグイやってるからなのか、響きが美しいからなのか長さを全く感じませんでした。私が抵抗なく、一度も休憩をとらずに見通せる(聴きとおせる)唯一の「黄昏」です。同じブーレーズ&シェローの「黄金」「ヴァル」「ジーク」も黄昏を見終わってからすぐに購入しました。

    1人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに 共感する

検索結果:7件中1件から7件まで表示