トップ > 音楽CD・DVD > クラシック > カール・ベーム/デッカ&フィリップス録音全集(38CD+ブルーレイ・オーディオ)

CD カール・ベーム/デッカ&フィリップス録音全集(38CD+ブルーレイ・オーディオ)

カール・ベーム/デッカ&フィリップス録音全集(38CD+ブルーレイ・オーディオ)

商品ユーザレビュー

  • ★★★★★ 
    (4 件)
  • ★★★★☆ 
    (0 件)
  • ★★★☆☆ 
    (0 件)
  • ★★☆☆☆ 
    (0 件)
  • ★☆☆☆☆ 
    (0 件)

レビューを書いてみませんか?

レビューを書く

検索結果:4件中1件から4件まで表示

  • ★★★★★ 

    1stホルン  |  神奈川県  |  不明  |  2021年10月06日

    シェフラーのアリア集以外は全て持っていましたので、指環のBlu-ray目当てで購入しましたが、CDも24bit 96khzでリマスターされたものが使用されていて、個別でCD化されていたものよりずっと聴きやすくなり、望外の嬉しさです。50年代のモノラル録音が中心ですが若きベームの覇気がしっかり聴き取れる優れもので買い直してよかったと思っています。特に「影のない女」をはじめとするオペラは大変素晴らしく、改めて鑑賞し直しました。それにしても、Blu-ray一枚に指環全曲が入っているのはすごいなぁ。23枚組で化粧箱に入ってずっしり重いLPに比べ、なんと小さくなったことか…。安価、手軽さに負けて聴き方も雑にならぬようにせねばなどと不似合いなことを考えつつ、レコード棚にどっしり収まっているLPに敬意と感謝。こらからもこのBOXの名演たちは我が家でずっと愛聴盤であり続けるでしょう。買い直しの方にも、初めてベーム に触れる方にもおすすめのセットであると信じます。

    4人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに 共感する

  • ★★★★★ 

    最後の一閃  |  兵庫県  |  不明  |  2021年08月19日

    ベーム指揮のモーツァルト交響曲第40番については、世評の高いベルリンPOのものと晩年のウイーンPOとの録音もがあるが、それらで私が感動する事はなかった。しかしこのボックスに収録されているロイヤルコンセルトヘボウ管弦楽団との録音は、ベーム最盛期の録音であり納得の逸品でした。これは長らくカタログに残っていたから世評も高かったのでしょう。ベームはウイーンPOとのコンビで、ドイツグラモフォンに沢山の録音を残しましたが「時すでに遅し」的なものが多く、肝心のモーツァルトの歌劇ではセッション録音を残せなかった。(あるのはライブ録音と映像作品)。その点このボックスでは最盛期でのウイーンPOとの歌劇録音の数々、そして絶品の「リング」これらはDG歌劇全集に収録されなかったのが残念と書きました・・・そして数こそ少ないがウイーン交響楽団との名盤(このコンビの最高傑作はモーツァルトのレクイエム・映像作品でした)・・・これは最高のボックスです。しかしベームのボックスはどうして小出しに発売されるのでしょうか?一発ドカーンと出してほしいな。その時はバイロイトのライブやザルツブルグのライブ、そして映像作品も含めて。

    9人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに 共感する

  • ★★★★★ 

    せごびあ  |  愛知県  |  不明  |  2021年08月01日

    DGのオペラ全集でストップしたままで、こちらの商品が出るのには違和感があるので、近いうちにきっとDG追加があることでしょう。

    7人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに 共感する

  • ★★★★★ 

    ミーメ  |  北海道  |  不明  |  2021年07月28日

    フルトヴェングラーやトスカニーニが素晴らしいことは言うまでもありませんが、モノラルで録音状態も良いものばかりとは限らないため、作品を鑑賞するためのスタンダードとして位置付けるには無理がある。ステレオ録音で巨匠としての演奏を残した指揮者としては、クレンペラー、ワルター、そしてベームに尽きるのではないかと思う(チェリも?)。 ベームと言えば、DGの印象が強いが、ブルックナーの第3番、第4番、そしてブラームスのピアノ協奏曲第2番ならばデッカのベームだった。 そして、リング。評判も人気も高いショルティは、力押しの演奏とわざとらしい効果音(特にヴァルハラ城崩壊)が個人的には好きにはなれなかった。CDの時代になり、LPの頃には考えられないほど数多くの全曲盤が発売され、それぞれに魅力的ではあったが、最後にはバイロイトのベームに還ってきてしまうのは、懐かしさのせいだけではない(と思う)。 これで、後はDG管弦楽のオリジナルジャケットBOXが出れば、言うことは無いのですが。

    14人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに 共感する

検索結果:4件中1件から4件まで表示